ピアノの先生の生活

ピアノ講師、ブライダル奏者としての日常と
その都度のはまりものへの情熱を綴るくだらな雑記

aesthetics

2019-01-14 00:00:15 | 日常
お世話になっているバレエ教室の発表会のお手伝いに行って来た。
ずっと受付をやっているので、今回はバイト・リーダーみたいなことになっていた。
受付にいるとほとんど舞台が見られない。
ちょこちょこ覗き見するだけだが、みんな上達しているよなあと感慨深い。
特に子供の成長はすごいな。大人の10倍、いや100倍か。でも大人もすごいよ。

しかし発表会を開催するのは本当に大変なこと。
舞台の予約抽選から装置や衣装の発注、人員の配置、タイムテーブル作り。
もちろん生徒の指導は当たり前だ。振り付け、フォーメーション、ふぁー、大変。
そんなに忙しいのにゲネプロ時に先生は「この子たちの髪飾りの場所は真ん中じゃなくて
右下にして下さい」とか細かいチェック。
そういう美意識のこだわりが必要な分野なんでしょうね~。
私にはとんと向かない分野だと思う。
美意識よりテキパキ事が運ぶのが大事なタイプだから。
いつもこのバレエの発表会後はいろいろ考えちゃう。
だけど今回は本当にクタクタ。年を取ったということなんでしょう。
次回は早くも一年半後。大丈夫かなあ、私。
『ささやき』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« slight stoop | トップ | strained my back »