ピアノの先生の生活

ピアノ講師、ブライダル奏者としての日常と
その都度のはまりものへの情熱を綴るくだらな雑記

working music

2017-11-16 00:15:26 | 日常
二年振りにまたスタバでクリスマスコンサートをやらせていただくことになったので、本日合わせをやって来た。
今回は一人減った三人編成でフルート一本とキーボードとちょびっと歌。
結構練習して行ったのだが、まだまだだ~。ひい。
でも一回目の合わせでそこそこ合うんだから、それなりに自分達もプロだなあと思った次第だ。

二年振りにベットの下から電子ピアノも引っ張り出した。
黒い保護袋が白くなるほど積もったホコリを掃除機で吸って、重いのを引きずって階下まで降ろした。
本体に足を捩じ込み、接続機器を取り付けながら「なんか私、ずっとこんなことしてるなー」と思った。
高校生の時のバンド活動の時やら、ブライダル奏者になってキーボードの式場に行った時とか。
あまり感じたことはなかったが、音楽関係の仕事についてるんだなーと今更しみじみ思ったり。
演奏することよりそういうセッティングなんかで思い知ります。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« take care | トップ | food culture »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お世話になります (ピルカ)
2017-11-20 00:02:41
>maricoっぺ
お世話になります。
今回は一人足りないので「TRES AMIGAS」になります。
一生懸命練習しています。
頑張ります。
スタバ関係者より (marico)
2017-11-18 06:06:37
その節は宜しくお願いします。トリオのお名前はどうします?