自転車にまつわる四方山話(よもやまばなし)

自転車に関する気ままなブログです。

2018 ハンドメイドバイシクル展 (その1)

2018年01月20日 20時43分49秒 | イベント
冬のこの時期のイベント言えば「ハンドメイドバイシクル展」
今回も見に行ってきました。

初日の11時半頃。
駐輪場には既に多くの自転車が。



私も自転車で出かけたのでラックに駐輪。
係の方が誘導を行っていました。
係の方がいるだけで盗難の抑止力なり有り難い対応です。
この時間でこの数、ちょっと想定外でした。





駐輪場の自転車の数は。そのまま来場者の数。
やはり多くの方が入場されています。



それでは、展示の一部をご紹介。

入口すぐ脇の展示は、エム マキノサイクルファクトリー



ディスクブレーキのロードを展示。


あぶくま自転車工房



トラックレーサー



「スポルティーフ」と表示されていましたが、ミニベロです。



これは興味があります。

ディレーラーのワイヤー処理。



ヘッドチューブから内蔵



ダウンチューブで取り出してBB下を回しています。

フロントディレーラーの直付け



私のミニベロと同じ方法。
ディレーラーも同じカンパのレコードでした。
ミニベロでありながらラグ付きでメッキ仕上げ。
綺麗な仕上げです。
「ミニベロ」では無く「スポルティーフ」と謳っていることにこだわりを感じます。


細山製作所
ミニベロではお世話になりました。



得意のシングルギヤ



一度、試して見たい自転車です。


ライトサイクル
数少ないチタンフレームやパーツのオーダーできるショップ



フレンチパーツを多く使ったロード。



ぱっと見、チタンとは気付かないフレームですが、フロントフォークが少しズンドウで、曲がりもちょっと不自然な感じ。惜しい。
チタンのフロントフォークは難しいのだと思います。
チタンフレームには、大抵、カーボンフォークが装着されています。
それを考えるとチャレンジングな取り組みです。
是非頑張ってもらいたいものです。

ライトサイクルに展示されていた BATTAGLIN(バッタリン)



1987年、ツール、ジロ、世界選手権の3冠を達成したステファン・ロッシュ から30年を記念したモデルだそうです。(懐かしい)
ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GORIX (ゴリックス) レザー ... | トップ | 2018 ハンドメイドバイシクル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事