箕面の自然と野鳥と俳句

箕面の自然を中心に、山、スキーを楽しんでいます
俳句は一日一句  FUJIFILM  X-T2 

きょうの野鳥は、アオバト。きょうの一句「春深し」。

2016-03-30 21:07:12 | 野鳥
今日はとあるところにとある鳥を撮りに出かけました、撮影中に友人からの電話、「今アオバトが10羽以上、川の対岸に降りてドングリをたべています」と入電、目指す鳥も撮れましたので、急遽移動、お昼前に到着、しかし今、上にあがったばかりとのことで、見ると枝に数羽止ていますが、葉が被りどうにもなりません。
とりあえず昼食をして待つことにしました。
13時過ぎに動きが、一羽が対岸の斜面に降りると、次々降りてきました。
10羽以上です、これだけの群れを見たのは初めてです。

アオバト(緑鳩)ハト科アオバト属  留鳥
本州、四国、九州などでで繁殖し、夏は北海道でも見られる。
生息地は森林ですが夏から秋にかけて塩分やミネラル補給のため、海岸や磯にやってくる。

アオバト メスが2羽一緒に

アオバト オス(左)とメスです。

アオバト オス

アオバト メス

アオバト オスあドングリをついばんでいます。








アオバトについて詳しくは
こちら→ 「アオバト」 をクリックしてください。

撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

きょうの一句「春深し」     
 心地よき旅路の風も春深し
コメント (8)

箕面ビジターセンターのカタクリ。きょうの一句「かたくり」

2016-03-29 10:13:39 | 野の草や花
カタクリの花がまだほんの数輪ですが、咲き始めました。
気温が低いので、花色もやや薄いようですが、きょうあたりから気温も上がり咲く花も多くなりそうで、今週末から来週にかけてが見ごろでしょう。
箕面ビジターセンターは数年前の橋下府政時に予算カット、センターの管理が民間委託となり、見本園も管理が不十分と言うか、山野草などの育て方が素人で、的確な管理ができず、ユキワリソウ(ミスミソウ)も花色も少なくなり株数も減って、寂しくなってしまいました。またカヤランなどは枯れはて、貴重な山野草も姿を消した種類もあり、荒れて作落ちし、残念です。
きょうの一句「かたくり」

カタクリ(片栗) ユリ科カタクリ属の多年草
成長は遅く、種から開花まで7~8年ほどかかります。片栗粉の原料ですが、最近はジャガイモやサツマイモのでんぷんなどが代用されています。
また園芸店などでカタクリの球根が売られていますが、そのほとんどは山で不法に採集されたものと思われます(種から開花株まで年数がかかりすぎるため、栽培では採算があわない)。

3月25日撮影分 撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW


3月29日撮影分 撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  smc PENTAX-D FA MACRO 50mmF2.8


カタクリについて詳しくは
こちら→  「カタクリ」 をクリックしてください。

きょうの一句「かたくり」      
 かたくりの咲きて集まり花一つ
コメント (10)

キセキレイは婚姻色できれいです。

2016-03-28 09:17:12 | 野鳥
渓流の石の上を渡り歩くキセキレイ。
この時期は婚姻色で胸も真っ黒で、黄色の色がひときわ目立ちます。
きょうの一句「花辛夷」
キセキレイ(黄鶺鴒) セキレイ科 (3月25日撮影分)



虫をとらえたキセキレイ






セキレイについて詳しくは
こちら→ 「セキレイ」 をクリックしてください。

撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

きょうの一句「花辛夷」     
 眠き朝覚めてまぶし花辛夷
コメント (4)

カケスの群れ。きょうの一句「桜」

2016-03-27 08:56:17 | 野鳥
カケスが10羽ほど群れていました、どうやらカケスは移動を始めているのかもしれません。枝を渡りながら遠くへと行ってしました。
高い木の上部でしたので、良い写真にはなりません。
きょうの一句「桜」
カケス(橿鳥、懸巣、鵥) カラス科カケス属 (3月25日撮影分)大トリミングです。



カケスについて詳しくは
こちら「カケス」 をクリックしてください。




おまけ、川床にやってきたシロハラ  (3月25日撮影分)
撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

きょうの一句「桜」    
 後から声の聴こゆる桜径
コメント (2)

ルリビタキが虫を捕食に来る。きょうの一句

2016-03-26 09:47:20 | 野鳥
ルリビタキが例年この時期になると、川床の石の上にやってくるのをよく見られる。
昨日も何度も川床近くの枝から石に飛び移り、小さな虫を捕食していました。
きょうの一句「春夕日」
ルリビタキ(瑠璃鶲) ヒタキ科












ルリビタキについて詳しくは
こちら→ 「ルリビタキ」 をクリックしてください。

撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

きょうの一句「春夕日」   
 春夕日うすくれなゐに黄昏り
コメント (6)

カワガラス。きょうの一句「草餅」。

2016-03-25 09:16:54 | 野鳥
カワガラスが盛んに餌を運んでいます。岩に水と水がぶつかりあう、落差のある激流に潜り込んで、サワガニや水中昆虫などを咥えて、巣穴に運んでいました。(3月22日 撮影分)
きょうの一句「草餅」

カワガラス(河烏、川鴉) カワガラス科カワガラス属











激流に潜るところですが、潜ってしまえばよくわかりません。

体はにははじかれた水玉がのっていますが、羽は濡れていません。

サワガニを咥えています。

暗い谷間で撮りにくい条件で、きれいには撮れませんでしたが、激流の中に潜ています。これほどの激流でも難なく潜り、採餌しています。
カワガラスの羽毛には特殊な油脂に覆われ、羽毛に空気の層もでき、水に潜っても濡れることもなく、長く川底を歩くこともできます。

カワガラスについて詳しくは
こちら→ 「カワガラス」 をクリックしてください。

撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

きょうの一句「草餅」  
 草餅に憩ふひととき午後三時
コメント (4)

トサミズキとヒュウガミズキの花。きょうの一句「山笑ふ」

2016-03-24 09:14:53 | 庭の草花や木の花
トサミズキとヒュウガミズキの花が見ごろになっています。よく似た花同士です、トサミズキは樹高も高く、枝も太くい。ヒュウガミズキは樹高は2m内外で、枝も繊細です。
きょうの一句「山笑ふ」
トサミズキ(土佐水木)マンサク科トサミズキ属の落葉低木、樹高は5m内外で、花房は太く、長い、 蕊が紅色です。






ヒュウガミズキ(日向水木)別名 イヨミズキ(伊予水木)、ヒメミズキ(姫水木)
マンサク科トサミズキ属の落葉低木、樹高2m内外で枝は細く花を多くつけ、花房が短く、蕊が黄色です。
トサミズキが頑強な枝で、男性的に対して、ヒュウガミズキは細くて、しなやかな枝が、女性的な感じがします。


「ミズキ」と呼ばれる木はかなり差異があります、「ミズキ」について詳しくは
こちら → 「ミズキ」 をクリックしてください。

撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

きょうの一句「山笑ふ」 
 山笑ふ大糸線の人となり
コメント (2)

トラツグミが近くに降りた。きょうの一句「鶯」。

2016-03-23 10:12:58 | 野鳥
昨日は探鳥に出かけました、特に目的はありませんでしたが、久しぶりに箕面の山をぶらぶら、道沿いでいきなり近くにトラツグミが降りてきてくれました。
飛ばれないように動きをじっと見ていると、ますます近くにやってきますが、障害物で撮れず、少し横に移動して待ちました。
トラツグミも人の気配を感じていたのでしょう、動きをやめて背後を気にしている様子した。
きょうの一句「鶯」
トラツグミ(虎鶫) ツグミ科









暗くてブレていますが、公園内の電話線に止まって、下の様子を見ているトラツグミ。トラツグミについて詳しくは
こちら→ 「トラツグミ」 をクリックしてください。

撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

きょうの一句「鶯」 
 鶯の軽き声あり窓の外
コメント (2)

雪中のコガラ。きょうの一句「山笑ふ」。

2016-03-22 08:55:42 | 野鳥
妙高で雪の降る中やってきたコガラ、暖冬で積雪量もすくなく、すべての鳥が少なかった。
きょうの一句「山笑ふ」
コガラ(小雀 ) シジュウカラ科コガラ属 在庫から





コガラついて詳しくは
こちら→ 「コガラ」 をクリックしてください。

撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  smc PENTAX DA★ 300mm F 4 ED[IF]SDM
きょうの一句「山笑ふ」 
 アルプスの峰々みんな山笑ふ -->
コメント (8)

オオジュリンは夏羽に換羽中でした。きょうの一句。

2016-03-21 10:35:40 | 野鳥
オオジュリン、ただいま夏羽に換羽中で、黒頭巾にはまだなっていませんでしたが、背羽はくっきりときれいな色に変わっていました。かなりの数が入っていますが、なかなか良いところには出てくれません。
きょうの一句は「春深く」
オオジュリン(大寿林) ホオジロ科ホオジロ属 (3月18日撮影)





葦の種をついばむ

夏羽に換羽中











美しい縞模様の夏羽色になった尾羽
オオジュリンについて詳しくは
こちら→ 「オオジュリン」 をクリックしてください。

撮影機材
カメラ  PENTAX K-3 
レンズ  D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

きょうの一句
 地図の旅思いは遠く春深く
コメント (6)