箕面の自然と野鳥と俳句

箕面の自然を中心に、山、スキーを楽しんでいます
俳句は一日一句  FUJIFILM  X-T2 

映画「この世界の片隅に」予告編、朝日新聞11月12日朝刊「声」。きょうの一句は「衣かづき」

2017-11-13 09:30:00 | 映画と報道
『この世界の片隅に』ロングラン上映中!
2016年公開のアニメーション映画で、公開開始から1年となり、ミニシアター系映画では異例のロングランです。
日本国外では世界50以上の国と地域で上映される。
「この世界の片隅に」は1944年(昭和19年)に広島市江波から呉に18歳で嫁いだ主人公すずが、戦時下の困難の中を生きる姿を描がかれています。
 
きょうの一句は「衣かづき」 


映画「この世界の片隅に」予告編


朝日新聞11月12日朝刊「声」に下のような投稿がありました。 




きょうの一句「衣かづき」  
  逸品は丸くて小さき衣かづき
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」十月号 投稿句


 下は2016年11月12日の記事です
今朝もカワセミが近くにとまってくれました。
何度か飛び込んで、小魚をとって止まりますが、同じ枝などには止まってくれませんので、魚をくわえているところは撮れませんでした。
また飛び込みも光量不足でブレブレで、ものになりません。
またデジイチを持ってきて、飛び込みをゆっくり狙ってみたいと思います。
きょうの一句「色なき風」







さらに接近して撮影。


餌をとって、場所を移動

カワセミ(翡翠、翡翆、魚狗、川蟬) カワセミ科 カワセミ属 
詳しくは→ 「カワセミ」 をクリックしてください。
今朝の日の出日の出の時は赤い太陽でしたが、昇るにつれて白っぽくなりました。


撮影機材
  カメラ Panasonic LUMIX DMC-FZ150

きょうの一句「色なき風」 
  飛行機雲色なき風の宙(そら)をきる

  一波俳句研究会 会誌「碧」十月号 競詠
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二ホンリス。きょうの一句は... | トップ | 紅葉、真っ赤になって秋も真... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちなな)
2016-11-12 16:14:30
山親父さん。
こんにちは!
1枚目の写真綺麗な色ですね。。。
橋のところですか?ちょこんとしていて可愛いですね!
日の出も凄く綺麗です。
ありがとうございます。
Unknown (ももリン)
2016-11-12 17:21:25
こんばんは~
日が暮れるのが早くなりました。

カワセミよくいてるのですね。
可愛いです。
日の出もいい感じに撮られ素敵です。
ちななさん (山親父)
2016-11-12 19:51:28
こんばんは。

一枚目は少し明るくなったころに撮りましたので、全体に明るくなって色もきれいに出ました。

欄干は池の周りにあり、いつもとまって、ここで小魚を見ています。

このところスモッグのようなもやがあり、クリアーな日の出が見られませんが、ぼやけた赤色がきれいです。

コメント、ありがとうございました。
ももリンさん (山親父)
2016-11-12 19:58:29
こんばんは。

日暮れが早くなりましたね、18時ともなれば真っ暗ですね。

カワセミは早朝には毎日のようにいますよ、このように撮れる時と、撮れないときがあります。
またこの池にバス釣りにきますので、釣りに来る人がいると、怖がって寄り付きません。
釣りは禁止になっていますが、無視しています。
また釣り糸があちこちに放置されて、先日もエナガが足と羽に巻き付いて難儀していましたが、知り合いの方が糸をほどいてやっていました。
少なくともご自分の不要な糸やレジ袋は持ち帰ってほしいです。
マナーは守ってほしいですね。
コメント、ありがとうございました。
Unknown (ポポ)
2017-11-13 19:36:27
こんばんは(^_-)-☆
新聞の記事、私は全く戦争を知りませんが
悲惨だった事は美術館や新聞などの記事で
良く知っている年齢です

今の若い人達が自分たちの就職の為に自民党を
指示したとの事…とても残念ですね

徴兵なる物が本格化した時に喚いても…
折角大学まで行っても…巻き込まれたら無意味…

一人の人が長く政治を続けると独裁的になるので
ここらで変わるかと思っていましたが…情けないですね
若い議員さんにバトンタッチしてほしいと
願っている私です
ポポさん (山親父)
2017-11-13 20:47:51
こんばんは。

戦争体験者はかなりのご高齢になっておられれますね、小生も41年生れですので、戦争は親から聞いた程度で、詳しくなわかりません。

もう数年先には戦争を語り伝える方がおられなくなってしまいます。

中国や朝鮮半島などアジア各国の多大な迷惑をかけてきたのも事実ですが、日本軍が行ってきた残虐行為を否定の声が大きくなってきました。

また長期政権によって独裁が進んでいます。
選挙終了時には首相はことより各大臣の「謙虚」はどこ吹く風のように、横暴が首をもたげてきました。
なんとしてでも九条は守らなければ、子どもたちに申し訳が立ちません。
危機をあおり武器を新たに購入することに利用した政権、若者達はこのことをよく考えてほしいですね。

偽善者の「平和のために、国民の安心・安全のために」は常套手段です。




本音と建前 (Mopb)
2017-11-13 22:43:46
こんばんは。
本音が大切だから建前を使うものなのに、本音がマズイ、悪いから建前を使うのか。
それならそんな建前は、「建前にすぎない」って部類の建前だよね、と今回の選挙で嫌というほど感じました。

戦争で親の人生はかなり違ったものになったと思って育ちましたし、戦争がなければこの世に生まれなくて済んだのではと思うと戦争は恨めしいです。

Mopbさん (山親父)
2017-11-14 10:19:47
おはようございます。

そうですね、どうも逆のように思いますね。
しかし選挙は自分(地域)のためにではなく、世の中の動向を左右するものですので、自分の信念を通すべきかと思います。
政治家は我田引水というか、利己的になっています。

憲法を無理に捻じ曲げ、拡大解釈で違憲ギリギリというより、明らかに違憲を押し通す。
憲法の重さというか、どれほど大事なことかということを、国民が監視しなければいけないのですが、日本国民は憲法に無関心な方が多く、憲法というとむつかしいと思われているようですね。

コメント、ありがとうございました。
Unknown (tannpopo)
2017-11-14 18:56:05
戦争については、経験者が、少なくなりましたね!
私も生まれた時は、戦争中で全く覚えて、居りません。
母から色々聞いて、戦争は人殺しだと、思います。
その後本で知りましたが、今は、余り若い方は、関心が無いようですね!
こうして教えて頂き、改めて考え方を、考えないと思いました。

「カワセミ」奇麗に、撮れていますね!
私も前に近くの、延命時に、カワセミがいる事を知り、早朝に写しに行った事を、思い出しました。
この様に綺麗には、撮れませんでしたが、綺麗な鳥で、好きになり、懐かしくなりました。
有難う御座いました。
tannpopoさん (山親父)
2017-11-14 21:08:35
こんばんは。

戦争経験者が少なくなって、語り継がれることが必要ですね。
戦争の悲劇は二度と起こさないように、私たちもしっかり監視していかなといけません。

戦争はただ破壊のみで、誰もよいことはありません。
若い方々の戦争に対する関心度が低いのは残念ですね。

昨年はよくカワセミが来てくれました、また近くでも逃げなかったのですが、あるかたの行為がカワセミに警戒心を持たせてしまったようで、今年になってからは、人を見るとすぐに飛び去ってしまいます。

お元気な時にブログにも記事を書かれておられましたね。
覚えておりますよ。

またお元気になられ、カワセミに出会えればよいですね。

コメント、ありがとうございました。

コメントを投稿

映画と報道」カテゴリの最新記事