箕面の自然と野鳥と俳句

箕面の自然を中心に、山、スキーを楽しんでいます
俳句は一日一句  FUJIFILM  X-T2 

紅葉。「年金破綻」アベノミックスの失敗のツケで国民にしわ寄せが来る。きょうの一句「夕焼け」

2016-11-14 10:09:14 | 時事と写真
ウォーキングに行く公園の紅葉、楓が色付いてきれいになってきました。
今国会では、さらなる年金減額を可能にする「年金カット(改正)法案」が審議されているが、「年金カット法案」が成立すると、新ルールによって厚生年金を年間14万円も“減額”される悪法だ。その一方で社会保障費、住民税、軽自動車税などは上がり続けている。
つまり、真面目に働き、ちゃんと年金も支払ってきたのに、最低限の生活ができないということです。
こんなことが起こるのも、政府が過大な経済成長(アベノミックス)と、過大な賃金上昇を見込んで制度設計をしているからです。誤った成長見通しは、結局は国民にしわ寄せが来ることになるのです」(今日のマイクロソフトエッジのマイニュース「msnニュース」から)
きょうの一句「野路菊」




いつもの公園付近の紅葉 
箕面公園・滝道の紅葉は23日ごろから見頃になると思われますが、また来週に。
撮影機材
  カメラ Panasonic LUMIX DMC-FZ150

安倍政権が「年金改革の目玉」として実施した公的年金の積立金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」改革は、散々な結果となっている。
GPIFは、政府の意向を受けて14年10月に基本ポートフォリオ(運用比率)を変更。国内債券の比率を60%から35%に引き下げ、相対的にリスクの高い国内株式や外国株式への投資を増やした。その結果、15年度は約5兆3千億円の損失を出し、16年4~6月期も約5兆2千億円の赤字だった。「msnニュース」
詳しくは→ 「「年金破綻」」 をクリックしてください。
きょうの一句「夕焼け」 
  野路菊を一枝握り家路かな

  一波俳句研究会 会誌「野路菊」十月号 競詠

<負担増、控除減になった主な保険や税>「msnニュース」
■国民年金保険
2016年度(16年4月~17年3月)の保険料は1万6260円。06年度と比べて2400円増
■厚生年金保険
2016年度(16年9月~17年8月分)の保険料率は18.182%。06年度は14.642%。17年度以降は18.3%に固定
■国民健康保険
2015年1月、高額療養費制度で、70歳未満の上位所得者の負担額が引き上げられた
■介護保険
2015年8月、一定以上の所得がある人は、自己負担割合が1割から2割に引き上げられた
■所得税
2017年1月から、年収1000万円を超える給与所得の控除の上限を引き下げる
■住民税
2017年6月から、年収1200万円を超える給与所得の控除の上限を引き下げる
■軽自動車税
2015年4月に新規購入の自家用乗用車の税額が7200円から10800円へ上がった。16年4月には、重量税を導入し、13年超の経年車に12900円の課税
■相続税
2015年1月に基礎控除額が縮小。「5000万円+法定相続人×1000万円」だったのが、「3000万円+法定相続人×600万円」に
■復興特別所得税
復興法人税は前倒しで廃止になったが、個人へは2037年まで継続。源泉徴収すべき所得税の額の2.1%相当額
※週刊朝日  2016年11月18日号より抜粋
コメント (2)