箕面の自然と野鳥と俳句

箕面の自然を中心に、山、スキーを楽しんでいます
俳句は一日一句  FUJIFILM  X-T2 

シソバタツナミソウ。きょうの一句は「山法師」

2018-06-28 10:33:23 | 山野草・高山植物
シソバタツナミソウが山道の林縁で、ひっそりと咲いていました。
同じようなところに数本咲いていましたが、どれもなじような花姿でした。
  
きょうの一句は「山法師」 


撮影機材
  カメラ   FUJIFILM X-T2
  レンズ   フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR
        フジノン テレコンバーター XF1.4X TC WR 装着

シソバタツナミソウ(紫蘇葉立浪草) シソ科、タツナミソウ属の多年草 
詳しくは→ 「シソバタツナミソウ」 をクリックしてください。

きょうの一句「山法師」  
  露天湯の仰ぎて蒼空山法師
 

合歓の花が咲きました。きょうの一句「山法師」
いつもの公園の合歓の花が咲きました。繊細な糸のような淡黄色の花糸が美しい。夜には葉を閉じる。きょうの一句は「山法師」 撮影機材 カメラ  PENTAX K-1 ......

コメント (6)

アギスミレ。きょうの一句は「更衣」

2018-05-13 10:12:17 | 山野草・高山植物
アギスミレもひっそりと咲いていました。
特徴のあるブーメラン型の葉っぱと屋や湿気たところを好み生育する。花の咲くころからと、花が終わると葉は変形する。
ニョイスミレ(ツボスミレ)の変種と言われ、花はニョイスミレとよく似ている。
葉はニョイスミレより大きくなり、花期の頃は心形の葉があり、花後により一層ブーメラン形の特徴が出るようです。
 
きょうの一句は「更衣」 


撮影機材
  カメラ   FUJIFILM X-T2
      レンズ   フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
   FUJIFILM マクロエクステンションチューブ MCXE-11 MCEX-11 を装着







アギスミレ(顎菫) スミレ科スミレ属 4月27日撮影分
詳しくは→ 「アギスミレ」 をクリックしてください。

きょうの一句「更衣」  
  古希にして好みも変わる更衣


サルトリイバラ(猿捕茨)の花とナワシログミの実。きょうの一句「えごの花」
秋に真っ赤な実を付け、リースの材料にもなるサルトリイバラの花が咲いていました。サルトリイバラの若葉で餡餅(あんもち)を包み、端午の節句の柏餅のカシワの葉の代わりに用いられる。花......
コメント (8)

コミヤマスミレ。きょうの一句は「山笑ふ」

2018-05-11 10:38:13 | 山野草・高山植物
コミヤマスミレが咲いていました。
ごく小さな花で、歩いていると見逃してしまいそうです。
小さな群落を形成していました。踏まれずにどんどん増えていけばと思います。
  
きょうの一句は「山笑ふ」 


撮影機材
  カメラ   FUJIFILM X-T2
  レンズ   フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRに
             FUJIFILM エクステンションチューブ MCXE-11 MCEX-11 を装着









コミヤマスミレ(小深山菫) スミレ科スミレ属 4月27日・5月1日撮影分
詳しくは→ 「コミヤマスミレ」 をクリックしてください。

きょうの一句「山笑ふ」  
  ダム湖にも映す山影山笑ふ


カラアカハラ。今朝は黄砂も一掃。きょうの一句「新緑」
カラアカハラと出会いました、しかしその後全く見かけなくなりました。散策中、聞きなれない綺麗な声が聞こえ、少しずつ声が移動していました。そのうち声も聴こえなくなり、探しますが見つ......

コメント (4)

バイモユリ、シロバナトキワイカリソウ、トキワイカリソウ、コブシ。きょうの一句は「春分」

2018-04-07 08:09:42 | 山野草・高山植物
     昨年は4月5日にルリビタキがいました。↓
色のきれいなルリビタキ、夏羽に換羽中のキセキレイ、赤いリボンのコゲラ。きょうの一句は「雨水」
昨日はちょっと歩けば汗ばんできました。暖かくなって桜も咲き進んでいます、ヤマザクラも咲いきました。野鳥も夏鳥がやってくる季節で、お城では神社裏でオオルリが入ったようです、山はま......


バイモユリやトキワイカリソウが見ごろになってきました、コブシも満開でした。
桜もきょうの雨でみんな散ってしまうでしょうね、これからは新緑の美しい季節です。
  4月4日撮影分
きょうの一句は「春分」 


撮影機材
  カメラ   FUJIFILM X-T2
    レンズ   フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
バイモユリ(貝母百合)は球根の姿が二枚貝の殻の形に似ているところからで、別名のアミガサユリ別(編笠百合)は網目模様である所からです、同じ仲間に クロユリがあります。


  
バイモユリ(貝母百合) ユリ科バイモ属(フリチラリア属)の半蔓性の多年草 
詳しくは→ 「バイモユリ」 をクリックしてください。

トキワイカリソウ







 
コブシ

きょうの一句「春分」  
  春分や掛け声弾む朝稽古

      一波俳句研究会 会誌「碧」四月号 投稿句

「れんげ畑」さんのぶろぐで、あの「小沢一郎氏」のことを次のように書かれておられます。
記事のリンクは 「小沢一郎氏」 をどうぞ


コメント (9)

早くもツルリンドウの赤い実が、ヤマジノギクや変なキノコ。きょうの一句は「夏惜しむ」

2017-10-06 10:29:57 | 山野草・高山植物
探鳥の時に山道でみたツルリンドウ、もう早くも赤い実ができている、9月25日はまだかわいい花が咲い(ツルリンドウの投稿)ていました。
ヤマジノギクもきれいです。山の道端で変なキノコが出ていました。 
 撮影日 10月4日 
きょうの一句は「夏惜しむ」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
       
ツルリンドウ(蔓竜胆)リンドウ科ツルリンドウ属の多年草のつる植物 
詳しくは→ 「ツルリンドウ」 をクリックしてください。


ヤマジノギク(山路野菊)キク科 シオン属
詳しくは→  「ヤマジノギク」  をクリックしてください。


変わったキノコ

きょうの一句「夏惜しむ」  
  二の腕を二色に分けて夏惜しむ
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」八・九月合併号 投稿句

              下は2016年10月5日の記事です。
今朝の朝焼け。 きょうの一句「露」
台風が接近中ですが、今朝の朝焼けは色の変化も早かった。日の出は雲が低くメリハリがないので、日の出後がきれいでした。きょうの一句「露」朝焼け日の出直前日の出後撮......

コメント (2)

ツルリンドウやゲンノショウコ、ミズヒキ、ヒヨドリバナの花。きょうの一句は「秋暑し」

2017-09-28 10:11:00 | 山野草・高山植物
里山などでは冬に真っ赤な実がきれいなツルリンドウの花やゲンノショウコ、ミズヒキ、ヒヨドリバナが咲いています。  
きょうの一句は「秋暑し」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

ツルリンドウ(蔓竜胆)リンドウ科ツルリンドウ属の多年草のつる植物
ツルリンドウは淡い紫色で2~3cmの花を付け、つる性で、暗い林の中に育ち、普段はあまり目にする機会が少ないように思います。秋になると赤茶けた実をつけ、冬には真っ赤なきれいな色になる。
 詳しくは→ 「ツルリンドウ」 をクリックしてください。


ゲンノショウコ(現の証拠)フウロソウ科フウロソウ属の多年草
ゲンノショウコの花は紅色と白色があり、紅色は西日本に多く、白色は東日本に多い。


ミズヒキ(水引)タデ科イヌタデ属
ミズヒキは薄暗い林の中を好み、お祝いの水引にたとえられています。




ヒヨドリバナ(鵯花 )キク科ヒヨドリバナ属の多年草
ヒヨドリバナは秋の七草のフジバカマ(藤袴)と同自仲間でそっくりです。ヒヨドリバナは白い花で、フジバカマは白い花からやや紫かかった花まであります。見分け方はヒヨドリバナは葉が相対していますが、フジバカマの葉は下部の葉が3-5枚輪生するフジバカマの自生地は少なくなっています。

きょうの一句「秋暑し」     
  好天気大樹に寄り添ひ秋暑し


下は2016年9月27日の記事です。
今朝の日の出と空。きょうの一句「露草」
今朝は雲もなく快晴でした。日の出のころは雲も少しづつ雲も増え始めました。公園のカワセミがこの3・4日ほど、お留守のようです。池ののり面の草が刈れて、道からはどこからでもよく見......

コメント (2)

まだ咲いているヤマホタルブクロ。きょうの一句「積乱雲」

2017-07-24 08:57:21 | 山野草・高山植物
いつもの公園でヤマホタルブクロがまだ綺麗に咲いてします。
撮影日はそれぞれ数日のずれがありますが、7月10日と、20日に撮影しました。
例年ならすでに枯れてしまっているのがほとんで、咲いていても、葉が傷んで花も咲き残っているというような花です。
今年は早く咲いたものや、このように遅れて咲いている花もあります。 
  
きょうの一句は「積乱雲」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-3
レンズ  HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE
 
7月20日撮影


雨上がりの朝のヤマホタルブクロ 7月10日撮影

ヤマホタルブクロ(山蛍袋) キキョウ科ホタルブクロ属
詳しくは→ 「ヤマホタルブクロ」 をクリックしてください。
きょうの一句「積乱雲」  
  きらきらとまぶしき水面積乱雲

コメント (4)

シロバナヤマホタルブクロとまだ咲いていたササユリ。きょうの一句「えごの花」

2017-07-08 20:34:20 | 山野草・高山植物
シロバナホタルブクロがちょうど見ごろになって、ササユリもまだ咲いていました。
きょうもうだるような暑さでした、朝夕も昼の熱気がなかなか下がらないです。 
  7月3日撮影分
きょうの一句は「えごの花」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-3
レンズ  HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE







シロバナヤマホタルブクロ<白花山蛍袋> キキョウ科 ホタルブクロ属 
詳しくは→ 「シロバナヤマホタルブクロ」 をクリックしてください。

ササユリ




きょうの一句「えごの花」  
  えごの花朝一番の香を放つ
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」六月号 競詠句

下は2016年07月08日の記事です。
アオバズクのお父さんとお母さんが枝にとまっています。きょうの一句「睡蓮」
7月3日に孵化して雛の誕生があったようで、雌雄が巣穴の見える位置で、雛の巣立ちまで日中は枝にとまって見張っています。 7月4日撮影分きょうの一句「睡蓮」 上四枚......

コメント (1)

戸隠の山野草・カタクリやミズバショウ。きょうの一句「花菖蒲」

2017-06-06 09:44:52 | 山野草・高山植物
今年は季節の移行が遅れているようで、駐車場付近は残雪も多く、雪解けが始まったところからはミズバショウやカタクリの芽が伸び始め、花が咲いていました。
季節が遅れているために昨年は、花期が終り見られなかった花も、見頃になっている花も多かった。

きょうの一句は「花菖蒲」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
       smc PENTAX-D FA MACRO 50mm F2.8

カタクリ(片栗) ユリ科カタクリ属






ミズバショウ(水芭蕉) サトイモ科ミズバショウ属



 


残雪
きょうの一句「花菖蒲」  
  風に揺れ雨粒散らす花菖蒲
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」五月号 投句

下は2016年6月5日の記事です。
戸隠から帰ってきました。きょうの句
コムクドリが営巣中で、餌を運んでいました。6月2日より戸隠森林植物園に行ってきました。途中の神社に立ち寄り、コムクドリとカッコウに出合えました、カッコウは近い距離で、長い間止ま......

コメント (2)

コミヤマカタバミ、タチネコノメソウ、イワボタン。きょうの一句「二輪草」

2017-05-22 09:46:16 | 山野草・高山植物
コミヤマカタバミ、タチネコノメソウ、イワボタンが咲いていました。
渓流筋のハイキング道の道端であちこちに、咲いていました。
  5月11日撮影分
きょうの一句は「二輪草」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  smc PENTAX-D FA MACRO 50mm F2.8
D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW





コミヤマカタバミ(小深山片喰) カタバミ科 カタバミ属 
詳しくは→ 「コミヤマカタバミ」 をクリックしてください。




タチネコノメソウ(立猫の目草) ユキノシタ科 ネコノメソウ属


イワボタン(岩牡丹)  ユキノシタ科 ネコノメソウ属 別名 ミヤマネコノメソウ  
詳しくは→ 「ネコノメソウの仲間」 をクリックしてください。
きょうの一句「二輪草」  
  老夫婦仲むつまじき二輪草
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」四月号 競詠句

下は2016年05月21日の記事
ブッポウソウ - 吉備中央町に行ってきました。きょうの一句「山笑ふ」
ブッポウソウの繁殖地、数年ぶりに岡山県・吉備中央町に行ってきまきました。観察・撮影用に立派なシェードをセットされて、椅子まで貸出をしていただけます。駐車場から1分です、観察場入り......

コメント (2)