スポーツメンタルトレーナーの小噺

スポーツ心理学、メンタルトレーニングの質問は
mentaltrainer@mouse.livedoor.comへ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シンクロ・チームも銀!&レスリング・田南部、準決勝進出!&ドーピング問題

2004年08月28日 | アテネオリンピック
 シンクロナイズドスイミング・チームフリールーティーンは、2大会連続の銀メダルを獲得しました。またもやロシアの後塵を拝した形になりましたが、ロシアチームは競技開始直後、音楽が止まるというアクシデントを乗り越えての金メダル獲得でもあったし、内容も日本を上回っていたんではないでしょうか。とにかく35個目のメダル獲得バンザーイ!井村コーチ以下、選手の皆さんお疲れ様でした。
 それから、レスリング・フリースタイルでは田南部力が必殺技アンクルホールド「田南部スペシャル」を駆使して見事準決勝進出!準々決勝ではテクニカルフォールの圧倒的強さを見せての勝利だけに期待が高まります。明日の準決勝、決勝が楽しみです。
 陸上でも4×100mリレーで辛くも決勝進出!そして4×400mリレーでも決勝進出です!頑張ったー。明日の決勝は両方とも日本新記録を目指して、精一杯の力を出してもらいたいです。
 今大会は日本選手団の活躍の陰に隠れてあまり報道されていませんでしたが、室伏広治選手の金メダルに関わってくるということでドーピング問題が大きく取り上げられてきています。ハンマー投げで金メダルを獲得したハンガリーのアヌシュ選手が国際オリンピック委員会から求められていたドーピング(薬物使用)再検査を、期限までに受けなかったことで室伏選手の金メダルが濃厚になってきました。金メダル剥奪の可能性があるのを理解している上で検査を拒否しているわけなので限りなくクロに近いと言わざるを得ないでしょう。勿論、ドーピングは非難されるべきだと僕も考えますが、室伏選手は素直に喜べるんでしょうか。アヌシュ選手はいつも一緒に戦ってきた仲間でもあるわけですから複雑な心境だと思います。もしドーピングのサンプルを操作して自分以外の力で金メダルを取ったとしたら、その選手は心の底から喜べるんでしょうか。スポーツの価値はそんなところにあるのではありません。確かに金メダルを取れば経済的な保証が得られるのはわかっていますが、そのような人物はスポーツマンではありません。室伏広治選手のコーチであり父でもある重信氏は「順位が繰り上がるのは当然」とコメントしています。それよりも現在の曖昧なドーピング検査に対して、検査のすり抜けの可能性のある尿検査ではなく血液検査の導入を支持しています。僕もその意見に賛成です。すり抜けの可能性が非常に低い血液検査が取り入れられれば、ドーピングをする選手も少なくなると思います。でも、今までもイタチゴッコだったからなあ。選手には自分がスポーツマンであるという誇りを持って、競技に取り組むよう願っています。
コメント (7)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 男子レスリング・笹本睦、無... | トップ | 田南部力、男子レスリング13... »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tets)
2004-08-28 16:16:15
TBありがとうございます。

ドーピングは年々禁止薬物リストが増えて今やいたちごっこの世界!

特に1984年ロスオリンピック以降、このドーピング問題はスポーツ界のみならず、社会問題としてクローズアップされてきたように感じます。

今朝のニュースでハンガリー市民へのインタビューのシーンが出ておりました。シロなら検査に応じるべきとの声・・・私も彼はクロだと思います。

室伏選手が金メダルとしても、何かすきっとしませんね!

TBありがとうございます (よもだ)
2004-08-28 17:16:25
>音楽が止まるというアクシデントを乗り越えての金メダル獲得でもあったし、内容も日本を上回っていたんではないでしょうか。



今回はロシアの完勝でしたね。アクシデントでも動じないのは王者としての風格でしょうか。



>それよりも現在の曖昧なドーピング検査に対して、検査のすり抜けの可能性のある尿検査ではなく血液検査の導入を支持しています。



そうですね。私も賛成です。なんだか今の尿検査は釈然としません。元バドミントンの陣内貴美子さんが言ってたのですが、尿検査でトイレに行くと必ず1人は監視が付いているそうです。そこまでして尿検査にこだわる理由はなんなんでしょうね。
シンクロは凄かった (jwacky)
2004-08-28 18:55:25
水中で、あの人数が完璧に息のあった状態で演技をするなんて、

ダイバーな自分でもすごいな~と感心しちゃいます。

日本女子による”武士道”見事だったと思いますっ!!



ドーピング。

そこまで駆り立てるものってなんなのでしょうね。

そこまでしなければならない現状にちょっと寂しさを感じます。

五輪の商業化も一因にあるのでしょう。

観客は凄い人たちによる凄いプレーを見たいだけなのに・・・。

TBありがとうございました (ピーナッツ)
2004-08-28 19:49:52
今ニュースで、シンクロの井村コーチが引退されると知りました。これからが本当に大変なのかもしれません。

ところで、メンタルトレーニングにも資格があるんですね。知りませんでした。とても興味があります、また来ますのでよろしくお願いします。
どうもです! (うさうさ)
2004-08-28 21:02:05
こんばんわ!

TBありがとうございました。

そろそろアテネオリンピックも終わりですね。

何だか寂しいような気がします。

感動をありがとう!って感じです。
TBどうも。 (apple)
2004-08-29 00:33:37
とても読みやすいブログですね。

ドーピングと誤審はオリンピックにつきものですね。

スポーツにずるさは必要だけど、ルールは守らないとね。
ありがとう! (mental-trainer)
2004-08-29 01:17:16
みなさん、コメントありがとうございます。appleさんの言うとおりドーピングと誤審はオリンピックにつきものかもしれませんが、やっぱりなるべく無くす努力をしないと。jwackyさんの言うように僕らは限界に挑戦している人間の美しい姿が見たいだけなのに・・・。でもそのような状況を作ってしまうような国家体制であったり経済的貧困を無視するわけにもいきません。根が深い問題ですね。



>ピーナッツさん

そうなんです。スポーツメンタルトレーニング指導士という資格があるんです。スポーツ心理学会認定の。まだ出来たばかりなんですが、今年度僕も取れるように頑張ります。



>appleさん

読みやすい・・・。ありがとうございます。調子に乗っちゃいますよー。

コメントを投稿

アテネオリンピック」カテゴリの最新記事