メンタルヘルスONLINE - Blog「守破離(しゅはり)」

メンタルヘルスONLINE スタッフの徒然日記 - goo blog版

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

決断 その勢いと鈍さ - 不安障害・神経症

2018-09-23 23:38:00 | 不安障害・パニック障害


 「 病気を診ずして病人を診よ 」

この言葉が広く使われていることは周知の通り。
今回も不安障害、神経症についてお話を少々。

昭和初期当時、 慈恵医大精神神経科初代教授, 森田博士は診察について次のように話されています。

   「自分は(森田博士)大学を出たばかりの若い時代には患者を診ても診断がよく的中した。時によっては、先生や先輩よりもよく的中することもあるので、自分も医師としてまんざらでもないぞ、とひそかに得意の時代もあった。しかし、年をとるに従って、昔のようにテキパキと診断がきまらず迷うことが多くなった。それは、病人を診て病気は確かにこれだと思っても、その病人の妻や主人、或は子供の嘆き、万一のことがあったら後はどうなるかを思うと、なかなか決断がつかない。病気は確かにこれだが、しかしこれに反対する学説もある。これを否定するこうしたデータもある等と考えて、若い時のように簡単に結論がいえなくなった。」

どの業種もそうですが、年を重ねる事に心配りが多方面に向くようになります。
自分が心を痛めた経験があるからこそ、慎重に用心深くもなる。
決断が鈍るというより、決断を下すことによってあらゆる方面に影響がでるのではないか、といった温かい慈しみの心でありましょう。

本来、このような局面では、バッサリ言われて凹み、後を引くことも多いですね。


神経質だからこそ可能な心配り。
慎重に慎重に、心を配りつつ物事を運ぼうとするその用心深さは決して無くしてはならない。
むしろこれらを誇りに思い、鋭敏な神経質を武器として生かし、日常生活、仕事に役立てていただきたいと願うばかりです。

当時、大学病院の医師は言行録の中に「神経を太くすること」と題して、なかなか面白いことが記されていますのでご紹介したい。

  『 私がかつてそうでしたが、神経質な人がよく陥る間違いはデリケートな感受性が、そのまま自分の弱さに通じるもののように早合点しやすいことです。私が森田博士の指導を受けていました時、「 針一本落ちていてもこれを感じ取れるような神経をもっていなければならない、神経質が足らない。 」と教えられた。』


森田博士は、「 神経質は天与の賜物であり、これを邪魔にしないでこれと仲良くなれ 」と諭されています。

ごちゃごちゃ考えては取り越し苦労をして不安になる。
だけども、それが自分。
かけがえのない自分自身なのであります。




※先日、読者の方から、「同じような症状をもった不安障害(神経症)・パニック障害の人たちと触れ合うことのできるコミュニティがあればうれしい。」と感想を戴きました。ありがとうございました。
皆さまからの貴重なご感想、体験談を含めメッセージをお待ちしております。



不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S89614443/

コメント

不安症状を客観視する - 不安障害・パニック障害

2018-09-10 22:59:00 | 不安障害・パニック障害


「閑坐聴松風」(かんざしてしょうふうをきく) 倉内松堂老師 書

この言葉は一般的に、
こころ静かに座して耳をすませば、日頃は耳にしなかった自然の音や、眼にしなかったいろんなものが見えてくるのだ、という茶席でよく見る禅語。
角度を変えてみれば、次々と入ってくる情報をあえて取り入れないことも大切、と気付かせてくれる言葉でもあります。


さて、不安障害(パニックを含む)症状の解決で大切なひとつに、

不安症状の真っ只中のとき、主人公になるのではなく、いかに客観視できるのか、が挙げられると思います。これは、不安症状を発症して間もない人には何を言っているのかわからないかもしれません。


不安障害やパニック障害の人たちは、常に症状がアイドリング状態であり、それはもうギリギリのところで悪戦苦闘をされている。
心臓が躍るとか、呼吸困難感、倒れてしまうのではないか、精神が狂ってしまうのではないか、と心休まる暇もない人が多い。


又、皆それぞれが、自分なりの不安症状の「頂点」を体験をされています。
この不安症状の頂点をなんども体験していると、やがて自分に不安の経験則が身に付いてくる。

たとえば、不安が来る。
不安が襲ってくるのだけれども、

「不安(パニック)発作がやってきても、ぜいぜいあそこまでか。」という自分の経験則が力を発揮するようになる。

不安症状に襲われながら、不安の真っ最中であっても、「またこの不安か、この程度の不安は以前も経験した。」と客観視が可能になってくる。

ただ、このような心の態度は、悪戦苦闘をやり尽くし、どうにもならない所を通って客観視が展開されてくる。客観視が可能になると、自然と不安と戦わない、不安から逃げようとしなくなる。

不安から逃げようとしないところを通って、「不安があったことさえ意識にとどまらない」心の態度が期待されてくる。ここまでくると、不安が有った、無かったが問題とならなくなっていくのです。

不安症状にとらわれている人は、はじめは「不安は自分のあってはならないもの」と思っている。だから不安を消し去ろうとするところから始まる。
しかし、上述のような体験を通じて至り得た後は、不安を消し去ろうとする必要は無かった。不安そのものを持っているのが自分自身であることに気付くことになるのです。

この不安から逃げない段階までになると、むしろ不安は病気という型ではなく、自分にとって最も良いタイミングで不安が出てきており、役立つ不安に型も変化していることが多い。


ただ、この段階であっても、「なんとない漠然とした不安症状が有る」とうったえる人も少なくない。この多くは、不安症状の燃えかすのようなものが残っており、実際には不安は無い。
でもそこは、敏感で徹底的な性格。
かつての不安体験を思い出しては、不安を感じた錯覚に陥る副次的なものと考えます。


さて、昔の書物にも以下のような言葉がでてくる。(現代文で表記しています)

  「この雑念不安やおどろき、これがそのままの自分自身のあらわれである。それをみずからの意志で、やりくりするところに、生きる態度に誤りのあることをいっているのである。
雑念をとりのぞこうとし、おどろきのない人間になろうとする。このわれとわが心の流れに拮抗するところに、雑念として、おどろきとしての意識がのこる。現在をそのままに受け入れる態度のとき、それらは流れて意識にとどまらない。」


これらを消し去ろう、感じなくしようでは、不安は去らない。
不安や恐怖を感じやすいのが自分として、受け入れるこころがあってはじめて見えてくるものがある。

まさに今日の、閑坐聴松風(かんざしてしょうふうをきく)であります。



不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S89614443/




コメント

「あるから良い」 VS 「あっては困る」 ー 不安障害(神経症)

2018-08-25 23:47:00 | 不安障害・パニック障害
エキナセアの花



不安障害(不安神経症・不安症)の人たちの、
劣等感・迷い、そして努力について、お話を少々。



神経質傾向の不安障害の人たちは、生存欲と完全欲があいまって、
あれこれ迷ってごちゃごちゃと考える傾向があります。

ごちゃごちゃと考えることに対し、
「迷う自分がダメだ」と劣等感を持っている人も多い。
でも、ここで少し考えてみたい。


<不安障害の劣等感と迷い>

逆説的に考えれば、あーしよう、こーしようと迷うから、
心配り、目配りが出来て、その場に応じた動きも可能になる。

迷いがあるから、人に失礼な態度をしないよう心掛けができる。
これは不安症や神経症の人たちには失ってほしくない、素質であります。
いつも述べてる、欠点と思っていたのが長所です。

そして、

<不安障害・神経症 努力とは>

元来、不安障害の人たちは真面目で謙虚だから、
いろんな場面でマイナスに考えてしまう傾向があります。
だから、人よりも努力しなければという気持ちを持っている人も多い。

そこで考えたいのが、
劣等感に自分が責められ、引き込まれてしまって努力するのと、
「劣等感はあってもいい」と理解し、努力するのでは、
今後の景色がまるで異なってくる。

いつもいうように、不安障害の不安症状、パニックはその人の生存欲の現れです。
つまり、意志が極めて強く、向上心が旺盛の現れでもありましょう。

言葉を選ばず申せば、
意志が弱ければ、向上心どころか、冒頭の心配りもできなくなるかもしれない。

自分は弱い、意志も弱いと思っている人の心根は強いのです。
なぜなら、弱いと思っているのは、常に自分の完全欲から、
自分を観測している態度が備わっているからです。
これは、簡単なようでなかなか出来ないものです。
ここに気付けないのは、不安の陰に隠れていたから、
まさに、とらわれていたから。

さて、ここで劣等感や迷い、不安があってもいい、と何度も申しています。

ここで、われわれが不安が「あるから良い」ということと、
みなさんの不安は「あっては困る」との間には大きな溝なり温度差がある。

どうすれば、この大きく横たわった溝を飛び越えれるか。
ここも不安解決の要諦となるところ。


悪戦苦闘の末、ここがぴたりと分かったとき、
不安症状と名付けていた一切のものが破壊されて、
不安は不安なりの本来の役割を成して流動し初める。

同時に、不安の陰に隠れていた、あらゆるものが現れ初め、
ますます前進していくと考えます。


どうぞ良い週末をお過ごしください。




不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S89614443/



コメント

雲にただ、今宵の月をまかせ - 不安障害(神経症)

2018-08-22 00:27:00 | 不安障害・パニック障害

ラベンダーの丘。(ファーム富田 富良野)



不安症状の治った状態、あるいは、
不安の無い状態というのはどのようなものか、
不安障害(神経症・不安症)の「不安が無くなる」についてご質問がありましたのでお話を少々。


一般的に想像される不安感のない状態とは、たとえば

●心臓の違和感であれば胸のざわつきが無くなった、ゆっくり静かに脈を打つ状態。

●漠然とした不安感もなく、パニック発作も無いすがすがしい心の状態。

●病気が心配にならない、物事に動じない、緊張や恐怖の無い堂々とした心の状態。

いかがでしょう。


不安障害のたとえ話に、地下鉄の騒音があります。

なぜ、不安感はとらわれるのに、あの騒音にとらわれないのか。騒音の中で本を読んだり、スマホを見たり、或いは寝ている人さえいます。

私たちは、地下鉄の騒音をどうにかしようとか、気にしないでおこうとか、心のやりくりがありません。

これは、どうにもならないから、そのままであって自然に受け入れている状態。
そこには、まったく反対する心が存在しない。
したがって、とらわれる隙間がないので、不安感も顔を出す出番さえない。

この地下鉄の例で申せば、
不安が治った状態というのは、不安が無くなった、消滅した状態になるのではありません。

自分の不快、不安を受け入れた時、
これまで不安症状と呼んでいたものが、不安があってもまるで問題にならない。
不安感そのものに反対がないので、不安があった事さえ気付かない状態に前進する。

このとき、ただ不安、ただ不快でそれだけ。
その後が続かない。

不安症状は、自分は不安や恐怖を感じてはいけないと否定し、不安と戦うことで不安が強くなるのが特徴。
これはいつも申し上げている通りです。

まずは、
不安、不快を感じやすいのが自分。
緊張しやすいのが自分と、知り分けることから不安解決がはじまります。

そしてもうひとつ。

不安症状はどうにもならぬところを通るので、どこかで自暴自棄になるかもしれない。

しかし、ここでも羽目を外すことなく、独り悪戦苦闘するのが自分であり、良い意味であなたらしさでもある。

神経質で嫌な自分ではなく、むしろ慎重で用心深い、こだわり強い性格だからこそこれらが役立っている。

前回申し上げた、欠点が長所になっている自分を見つけるです。


かつて神経症で苦悩された倉田百三氏が晩年に、
  「雲にただ、今宵の月をまかせ、いとうとしても晴れぬものゆえ」と読まれている。


どうにもならなぬところを通って、
そのままに徹したときに心は展開してくるのだ、と。

心に響く一句です。



不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S89614443/


コメント

欠点が長所 -  不安障害(不安神経症)

2018-07-29 20:05:00 | 不安障害・パニック障害

鷹でしょうか、大空高く舞っています。



今日は、不安障害(不安症・不安神経症)について。

不安症状が軽快された人に、どうやって良くなったのかを聞いたところ、最も多かった回答が「 忙しくなったから 」でありました。
その中には、もちろんお薬を飲んで、生活の質が改善されたことも含まれていると考えられます。

この「 忙しくなったから 」を具体的に考えると、忙しくなってくれば、今度は仕事も心配になってきます。もちろん身体は重いまま、つらいなと感じながらです。

しかし、思っていたほど辛くなかった、というところに心が抜けて、これが勝ち癖になっていく。

やがて、「 不安症状 」と「 仕事の心配 」に調和が生まれ、この調和がシーソーのように仕事へ多く傾けば、「 病気をしている暇がない 」と前進していく。

この頃には、不安症状を忘れる時間も増えてきて、不安との間に一定の距離感がでてきます。ここで述べる距離感とは、不安が離れていく、無くなっていく事ではありません。一定の距離感はあるものの、共存しているという意味であります。

そして、軽快に進んでいく道中で、「 不安症状を放置してもよい 」といった状態も期待できるようになる。
実際、小生もこの声を多く聞いてまいりました。

よく我々が使う言葉で、「 不安は欠点ではなく、長所である 」があります。これは、不安があるから、その状態に備えることが可能となる所以です。
ずぼらになれば、神経質の武器である、細かな心配り、空気を読む、などの鋭さはなくなってしまう。

不安症状を今も抱える人達の多くは、人から評価されたい、認められたい気持ちが極めて強い。だからこそ、不安症状も強くなる。

決して、もう死にたいとか、どうでもいいとか、私なんか、、ではない。その真逆である。
雲ひとつない青空の如く、生きたいのである。

そんな時、どうでもよくない自分にとって、突然心理的に違和感を覚え、それを排除しようと心を操作した結果、不安症状が発現した。誰もが、それは簡単に操作できると思ったけれども、不安は想像以上に手ごわく、相手にすればするほど、不安はますます大きく複雑になっていくことに気付く。

不安症状をかかえる人は、人に負けたくない、仕事を成功させる、守るべきものは守る、など強い願望に満ちた本心が必ずあります。これらを見失うことなく、今この一瞬一瞬を丁寧に生きていくほかない。

ここでよく求める心に、「不動心」があります。
不安症において、何にも動じない心、これが平常心ではありません。
屈強な精神を体得云々ではなく、心に起こってくる雑念、不安や恐怖。これそのものが「 かけがえのない自分 」であり、何ら反発の無いそのままの心を平常心と考えます。

安心を求めても得られないから、仕方がないから不安心のまま、不快不満のまま「困ったな...」と必要ごとに手を出していく。
これを何度も体験し、ご自分の経験則を積み上げていく。ここから不安心、不快不満は後回しになり、徐々に心が流れ出す。


今は、不安症状からの、とらわれの身。
欠点と思っていた自分の神経質(強い完全欲、意識性や小心など)は、強い生存欲の反映であった。今後はこれらを長所として、武器として生かしていくことです。

苦しいときは苦しいまま、楽しいときは楽しいままに。そして、不安とともに前進していく。問題としないところに、とらわれは存在しないですから。



不安障害(不安神経症), パニック障害・各種神経症の症状と心構え, メンタルヘルスONLINE
http://www.mental-online.co.jp/care.html


◆以下URLにて、皆さまのご感想・ご意見・ご要望などをお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S89614443/

コメント