Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

メンカームのお宅拝見!  ウドンタニへ地上の楽園を見た

2014年04月29日 22時34分23秒 | タイでの生活
今回は新シリーズ『メンカームのお宅拝見!』初回はウドンタニのP様邸。ウドンタニ郊外の集落にお住まいで、敷地面積は5ライ(8千平米)以上。(@@) 奥様が植樹された林の中にあるアイデアが詰まった個性的な家を紹介しよう。
伺う前に詳細な地図を頂いたのだが、それを見てナビしたのが息子なので、ソイ(路地)の入り口を通り過ぎてしまったのだが、木立の中で目立ったのが薄緑色の傾斜が強い屋根。この屋根を目印にお宅まで辿り着いた。タイ風の高床式で外観も涼しげだが、室内もリビングが屋根裏まで吹きぬけになっていて吃驚。屋根の上部の切り妻にある通風孔から室内の熱い空気が抜けて行き、日差しが強い日だったがエアコンなしで快適に過ごせた。12月1月の乾季は少し寒いとPさんは言われていたが、テーブルはタイの高級木材を使って職人に作らせた特製の家具調こたつ。内部にしっかりヒーターもセットされていた。

お庭には大きな溜池が2つあり、食用や薬用になる植物が多く植えられている。無施肥・無農薬だそうで、こちらで収穫された果物を何度か頂いたのだが、香りと味が良く絶品。鶏も放し飼いにされており、やろうと思えば主食以外はいつでも自給自足できそう。自宅で採れる安全で美味しい食べ物で生活できるとは正に地上の楽園である。私もそんな生活に憧れてタイへ移住したのだが、想像以上に子供の教育にお金が掛かり、家庭菜園と果樹園だった敷地は、蘭とシダの栽培場になってしまった。だからPさんの楽園生活が本当に羨ましい。

地上の楽園を散策し、キノコや食べられる野草を収穫させて頂き、同行した子供達も大喜び。妻の実家へ行くと同様に食べ物を採集できるのだが、こちらの楽園は奥様が厳選された植物を植えておられるので、次々と興味深いものがあり、楽しさが濃縮されている。天国のような楽園を楽しんでいると、突然左の写真の鬼の金棒のような木が!日ごろの行いが悪いと、下を潜り抜けるときに木が落ちてくるぞ!と娘をからかう私。そっと通り抜けた娘の後ろから、頭を低くしてもっと慎重に通り抜けた私だった。お庭の散策の後に娘がお風呂まで頂いて、ちょっとだけのつもりだったのに、午後を親子3人でたっぷり楽しんで帰った。Pさんありがとうございました。


貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。
コメント (10)    この記事についてブログを書く
« 困ったぞっとw | トップ | プレゼント付きクイズ お前ら... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいですねー。 (HIDE IN NK)
2014-04-30 09:19:22
広い敷地に豪邸、すばらしいですねー。

エアコン無しで過ごすのか、一番
いいですからねー。

Pさんは、タイ人ですか?なにをしている人?

豪邸の建設費、いくらぐらいでしょうかねー。
お宅○ オタク× (muga)
2014-04-30 09:55:58
このシリーズ面白そう!
初回からモノスゲー豪邸ですが、次回からは大丈夫なんでしょうか(*_*)
天井が吹き抜けで熱がこもらない作り方なんですか?
チェンマイは昨夕の大嵐でして、町中倒れた樹木で通行止めです。後掃除が大変ですが、5ライの掃除も大変そうですですね。
涼しい家良いなー (ナリカー)
2014-04-30 11:59:03
P様邸、素晴らしいですねー
屋根裏まで吹きぬけ&家のデザインもタイ人の方が考えたのでしょうかね?

涼しそうな家で羨ましい限りです。

庭でキノコが取れるもの凄い。
ウドン郊外○ うどん公害× (朝太郎)
2014-04-30 12:56:26
日本で 超田舎なら 住宅地、農地、山林・原野と続けば これくらいの植樹等々あり得なくも無いですが、ウドン郊外なら相当のお金持じゃないと無理でしょうね。
私が最初にドリアン? と間違えたカヌンもありますし。
ここ うちを探索するだけで楽しめますね。
楽園 (サコンナコン)
2014-04-30 13:30:40
楽園らしくするにはいろんな植物や花が必要ですね。それだと農場とはちょっと違った趣がありますね。
奥様が植樹担当なのはうちと同じです。

子どもの養育にかなりの資金を食われて我が農場もしばし延期です。いっそ楽園路線に変更したほうがいいかもしれません。
すばらしい家ですね。 (カラシン)
2014-04-30 13:37:40
施工業者の設計でしょうか。設計料を払い、材料、備品、調度品も建物に見合った物を使ってる、すごい贅沢な家だと思います。
エアコンいらずの吹き抜け、体にはもとても良いし、空間的な広さも感じられます。コタツ、規格外品なのでちょっと、安全面が気に成ります。
ファランではないので、プールは無しですね。

普通に建てたタイの家、日本人にとっては、暑さを溜め込む我慢大会の家みたいですが、生活費に追われて、そこまで手が回りません。
セレブ、どこにでも居るんですね。

タイに居るのに、一瞬、宝くじが当たったらと思ってしまった、ノン・セレブの普通の日本人でした。
後は… (jabba)
2014-04-30 15:27:37
良き友人が居たら言う事なしですね
Unknown (カメザコ)
2014-04-30 18:22:05
我が家2階が有りますが
歳を取ると上がりたくない
最近は平屋の家 歳とると要らないよなと思う
5ライは大きいですね
余り集落離れると 泥棒怖い
広い庭 (ハシビロコウ)
2014-04-30 23:17:15
果物、野菜、キノコ~~良いですね。
蛇、その他も居そうですが。
コメントありがとうございます (メンカーム)
2014-04-30 23:32:00
HIDE IN NKさん
広い敷地にお洒落なお家で素晴らしいでしょ。
Pさんはタイで年金生活をされている日本人です。
甥子さんが建設会社へお勤めだそうで
傘下の職人を使って作られたそうです。
建設費は5年前に150万バーツだったそうですが
普通に業者へ頼むと倍以上は言われそうです。

mugaさん
面白そうでしょ。
次回の当ては全く無いですし
ブログへ載せると言うと嫌がられるかも。
また素晴らしい家がありましたらお願いしてみましょう。(笑)
吹き抜けのリビングですが
暑い日にも関わらず本当に涼しかったです。
Pさんに伺うと外気温より4~10度低いそうですよ。
敷地の掃除ですが、
手を入れられるのは母屋周辺だけで
後は自然に任されているそうです。
落ち葉は杜の肥料だそうです。

ナリカーさん
デザインはPさんがされたそうで
日本まんが昔話に出てくる
田舎のじい様とばあ様が住む
入母屋作りの百姓の家をイメージし、
更にタイ風に床を1m嵩上げしたデザインだそうです。
とても個性的な外観で素晴らしいですよ。
お庭を一周すると美味しい食べ物がいっぱいです。
本当に羨ましかったです。

朝太郎さん
私が推測するにPさんが土地を買われたのは
地価が高騰する直前のラストチャンスだったと思います。
今これだけ買おうと思うと、
日本人でも普通のサラリーマンでは
厳しいかも知れません。
お庭を散策して私や子供が植物を指差しては
あれは?これは?と、質問の連発。
楽しかったですよ。

サコンナコンさん
写真を掲載してませんが
敷地のポイントポイントには
さりげなく可憐な花が植えられており
心を奪われました。
タイで子供の教育にお金が掛かるのは
私も想定外でした。
あと20年近くは頑張り続けなければ・・
自宅周辺に趣味の植物の置き場を作って
小さな楽園にしたいと思ってます。

カラシンさん
設計はPさん御自身によるものです。
大変合理的に作ってあり
詳細にレポートしたかったのですが
生活の場ですからあまり覘き根性を発揮してもと思い
自粛しました。
コタツの櫓はメーカーの資料を基に図面を描かれ、
地元の家具職人に発注されたそうで、
ヒーターは日本の物。
大容量の変圧器を設置し
100Vの電源ラインがあるそうで
日本の家電製品がいくつかありました。
これから薪で焚くお風呂を作られるそうです。
楽園は更に発展を続けますね。
普通に建てたタイの家は
屋根裏の熱の逃げ場がありませんから
夜になって外気が涼しくても屋内は暑いですね。
エアコン無しだと快適に暮らせません。
私も借家の時は苦しみました。

jabbaさん
郊外ではありますが
お友達は多いようです。
優しそうな奥様ですし、これまた羨ましい。

カメザコさん
私は子供の頃から平屋暮らしでしたから
2階建ての家に憧れてましたが
結局平屋の地面にべたっとした家にしました。
今の時期は蟻が多くて
せめて高床にしてくれればと
妻から文句を言われてます。
Pさんのお宅ですが郊外でも周囲は家があり
お隣は警察官。
しかも日本から持ち込まれた防犯システム付き。
そして夜は警備兵(犬)が巡回しているようです。
我家も郊外ですが、犬5匹で警備してます。
数匹の犬で夜は家を囲うように繋ぎ
家から遠く離れない小型犬を放し飼いしたら
敷地への深夜の侵入者が無くなりました。

ハシビロコウさん
そうなんです。
体に良い美味しい食べ物がいっぱいですし、
静かで空気も綺麗。
そして屋根まで吹き抜けのリビング。
どこかのリゾートへ遊びに行ったような気分でした。
蛇は大変少ないそうで
私の妻の実家周辺も同様。
昔からの集落なので
近くに住む蛇は大昔に全部食べたのでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タイでの生活」カテゴリの最新記事