Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

クアタッカテン(炒りバッタ)

2005年10月16日 17時57分52秒 | 日本での生活~2006年末まで
時々テレビで面白おかしく取り上げられたりするがタイでは昆虫を食べる習慣が有り、首都バンコクの露店でも揚げたり炒ったりして売っている。時々貴重な蛋白源なんていう人が居るが、タイは日本より食料は豊富だ。日本でナマコやウニを食べるような感覚に近いと思う。今日は河川公園で子供とバッタを追って1時間ほど走り回り、買い物用のビニール袋にたっぷり入れて持ち帰った。タイの露店ではそのままの形で調理されている事が多いが、我家では尻の先を切り取ってから頭を内臓ごと引き抜いて捨て、ギザギザで硬い後ろ足の真中から先を取除いてから少し塩を加えて中華鍋で炒った。身が少ないのであまり食べるところは無いが、黄色い卵らしきものがあり美味しかった。味は同じ系統のエビに近い。私はコオロギの方がもっと小エビに似て美味しいので、今度はコオロギを捕りに行こうと思っている。
コメント    この記事についてブログを書く
« トムトゥアリソン(ゆでピー... | トップ | 再開します。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本での生活~2006年末まで」カテゴリの最新記事