Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

突然の銃声…

2022年11月30日 09時53分00秒 | タイでの生活

6千バーツで狙われた命 - Menkarm World

噂話を元に書いたので、後日報道を見ると事実とかなり違いがある。記事は今のところ間違いのあるママなので、そのつもりで。今回は身近に起きた事件の話。3月頃から...

goo blog

…の続き。
妻の想像込みの話しか聞いてなかったが、報道によりようやく話が見えて来た。
話の流れを書くと…、
隣の店主がコンビニで買い物を終え、車で返ろうとした所でルークチン(つみれ)売りのサイドカー付きバイクと接触事故。
店主は修理を求めたが、その場で話がまとまらなかったので店主は警察へ事故を届けたが、ルークチン売りの事故相手はスルーして放置。
先週の日曜の朝に店主が開店準備をしていると、事故の相手のルークチン売りが商業施設へ買い物に来ているのを見つけ、店の前で大声で言い合いになり、警察で話す事になる。
事故相手は警察署へ知人を同行して現れ、隣の店主は事故相手の同行者から「どうしても修理を求めるなら、お前が消える」と言われる。(?)
日曜で上官が居なく処理出来ないので平日に出直してくれと言われて帰ると、事故相手の同行者が隣の店主の自宅へ現れる。
店主は息子さんから連絡を受けて、店へ居るので用があるなら来てくれと言うと、商業施設へは来たが、遠くから様子を覗っているだけなのに店主が気付き、警察へ通報すると男は逃げてしまった。
そして警察が引き上げてしばらくしたところで、拳銃を手に店へ凸して店主へ取り押さえられた。

翌週も妻は同じ商業施設へ出店。
隣の店主へ伺うと、あれから一家でバンコクへ行ってテレビへ出演したりと忙しかったそうだ。
車の修理代金を相手から貰うのはとても無理なので、車も自分で修理へ出したらしい。

日曜の営業を終え、もう1週間だねなんて話しながら店の撤収作業をしていると…
突然『パン!』と大きな音。
音の方向を見ても食品配送バイクが2台居るだけ。
拳銃で狙って撃てる距離へ不審者は無い。
隣の店の奥さんが「何?何?」と言いながら駆け出すと、店主も包丁を持ったまま飛び出て来た。
妻が何かを言いながら隣の店へ近寄るので、「危ないから戻れ!」と大声で言う私。
妻は数歩戻って私へ振り向き、「違うって!あれ!あれ!」と道路を指差す。
キョロキョロしながら「どこだ!犯人は?」と尋ねる私へ、「あれ!ビニール袋!」「車が踏んで鳴ったの!」と言う妻。
道路を見ると、隣の店の前の車道へ踏み潰されたビニール袋が落ちている。
「ああ、あれね。驚いたな〜」と笑い出す私。
隣の店主夫婦はまだ原因が判ってない。
妻が近付いて「お店の前に落ちていたビニール袋を、車が踏んで破裂したのです」と説明。
袋を見て笑い出す店主夫婦。
「袋で良かったね」と私も妻も大笑い。

今は笑っているけど、隣の店主のトラブルは何も解決してない。
私もタイへ来たばかりの頃に何度かやったが、タイでトラブルになると本当に面倒。
法や善悪ではなく、力の勝負になる事もしばしば。頭へ血が上れば見境無く命を狙われる事もある。
今回の事件も6千バーツの修理代金を強く請求したのが原因だ。

小さな事を命懸けでやらない様に気を付けたい。

↓広告の下のバナー「タイ情報」の応援クリックをお願いします。
貴方の応援が励みになります。
コメント (4)    この記事についてブログを書く
« 車からチンリー(コオロギ)の鳴き声が聞... | トップ | 通販サイトShopeeとセコさを競う »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幽霊の正体見たり~ (ハシビロコウ)
2022-11-30 14:10:19
緩く解決すると良いですねぇ~~♪

妥協しちゃいけない事も、そりゃ有るでしょうが、
極端は大抵、相手が居る事でも有るし、滑らかな落下点に辿り着く難い事が多いのでしょう。
相手を変わらせるのは、難しい事も有りますが、
自分が、考え方を変わらせれば、一気に問題は氷解って事も有るだろうし。
B6,000に命を賭けるのも、止めはしませんが(笑い)
Unknown (menkarm)
2022-11-30 21:09:07
ハシビロコウさん
毎日何らかの問題がありますが、命まで掛けて解決しなければならない事は滅多にありません。
歯痒く悔しい思いをしても、こちらが譲歩すれば多くの事はスムースに解決する。
タイへ来たばかりの頃に自宅の建築で詐欺師に引っ掛かって、契約書通りに支払えと強気に警察へ行かれて調停して貰った事がありますが、知恵を絞って契約書の無効を主張したのが通って逆に数万バーツの負債を背負わせてやりまして、警○官が債権回収をさせてくれと言うので任せましたが、田舎の警○○長でも取れませんでしたね。
私は取れないのを想定済で、調停が終わって直ぐに「持金出せよ!w」って財布と鞄の金を全部取って(警察署でカツアゲwww)やりましたから、十分満足してましたけど、例え事故の賠償金でも他人から払って貰うのは本当に大変。
個人でそれをやろうなんて、絶対に無理。
絶対に取りたければ、ボッタクリバーがやる様に貸金業者を使って払わせて、回収はプロに任せるしかない。
8月に無免許・無車検・無保険の車に追突された時も、私の示談交渉を代行した損保はそうやって払わせました。
当人同士でそれをやるなら明らかな力の差がないと喧嘩になるのは間違いありませんね。
そんな人達へ直接関わらないのが一番でしょう。
Unknown (muga)
2022-12-02 00:31:38
日本と違って露骨に分かりやすい社会なんですけど、世の中は力こそが正義なんですよね
チェンマイ市内に巡回バスを導入しようという決定がなされた時にシーローデーン(乗合トラック)の運ちゃんたちが県庁を取り囲んで投石してガラスを割りまくったのですけど、それで無理が通って道理が引っ込むっていう、キミたち原始時代かよ!って思いましたが
一事が万事そんな具合でして、うちの従業員たちもあるスタッフが報酬に不満があったりすると すわチャンスとばかりに尻馬に乗って徒党を組んで数の力でゴリ押ししてくるのが通例ですよ
本人たちは本能か習慣でやってるようで、終わった後はケロっとしてるんですよね
マネージャーのLHは完全に労働者の代弁者ですから、労働者社会から嫌われて悪口言われるのを極度に恐れてる感じもします
ケロッとすんなゴルアー!! とキレそうになりますが
その後に野菜をお注分けしてくれたり、妙にサービス良く気を利かせて動いてくれたりして、本人なりに落とし前を付けてるつもりなのでしょうけど
要らねーんだよそんなもん、普段から言われなくとも気を利かせて動けや!とは言えずに「ハイハイありがとさん」と受け取るのがタイ式の大人物の立ち居振る舞い、金持ちとしての余裕ある態度を演じるのがタイ人との関係を円滑にする秘訣かなと思っています
エアーエイジアの美しいスッチーにバイクの修理代を払わせたとき、その母親から金持ち日本人のくせにケチ臭いと罵られましたけど、ちょっと心残りではありますww
Unknown (menkarm)
2022-12-02 02:08:40
法で物事が決まるなんて、日本国内だけ有効なガラパゴスなルールなのでしょうね。
外交でも他国は武力を背景にして強気に行きますが、日本は譲歩を重ねて最後はお金で解決。
なんとも情け無い。
ウドンタニも市内巡回バスがありましたが、1時間に数便でしたから、待ち時間が長すぎて定着せず、コロナで廃止になりました。
工場の職人さん対策は大変ですね。うちはたった一人の従業員ですが、それでも賃上げを求められて出勤しなくなり、妻は近くへ住む姪を仕事に呼んで対抗。
姪の都合が悪くなって、先日約半年振りに元のおばちゃんが復帰しました。賃金は元のままですが、最低賃金を守って周囲より数十バーツ高く払ってます。
タイへ来たばかりの頃は、事情を知らない日本人を鴨にしようと、変な人達が次々と寄って来ましたから、地元の警察を使って何人か後悔して貰いました。
相手が警察官だった時は、話を聞いて相手が悪いと隣のおばさんが近所に住む知人へ頼んで息子さんの県○幹部が登場。
示談交渉前に相手の上司へ話が通っており、示談交渉中にも様子を尋ねる電話が入り、相手の警察官は悔しそうに「怖いから払うのではないからな。」と言いながら賠償金を全額現金で頂きました。www
私は虎の威を借る豚ですが、何の権利も認められない非力な外国人ですから、助けて下さる方は大歓迎。
交通事故の時は、こちらが完全に被害者でも損保会社を呼んで助けて貰ってます。
トラブルや事故を起こさない様に気を付けたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タイでの生活」カテゴリの最新記事