Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

停電のお陰で…

2021年04月17日 15時01分00秒 | タイで子育て
金曜の夜は7時頃から風が吹き、雷鳴も聞こえ始めたので、停電になる前にと慌てて入浴。
8時を過ぎた頃から雨が降り、風も強くなってきたところで停電。
我家より奥の集落はカバーの無い裸電線で、強い風が吹くと周囲の木の枝が当たってショートし、柱上のヒューズが跳んでしまうのだ。
今回は高圧部分の片線が切れたらしく、LEDの照明は使えるが、電圧が下がって水ポンプや扇風機や換気扇が使えない。

私がベッドの上で動画を楽しんでいると娘が来て…
娘「今日は、パパと一緒に寝ても良い?」
私「何で?」
娘「だってパパのベッドは窓際で涼しいし…」
娘「それに、私はもう少しすると高校の寮へ入るでしょ。」
娘「行く前に、小さい時の様に一緒に寝たいな〜って思って…w」
私がマリオカートで遊び始めると、横で見ていた娘がやりたそうなので、スマホを娘へ渡す。
マリオカートで遊びながら…
娘「幼稚園の頃にDSでこうやって遊んだよね」
私「そうだな。負けると泣いてたなぁ」
娘「だってパパは、私に全然勝たせなかったでしょ?」
私「え?ワザと負けて欲しかったの?」
娘「そうじゃないけど…」
私「パパより強くなって嬉しかったでしょ?」
私「ワザと負けてたのでは強くならないよな」
そんな話をしていると娘が眠そうになってきたので、パパ型扇風機が登場。
団扇でパタパタ扇いでやり、もう手が痛くて限界な頃にスヤスヤ寝息をたて始めた。
私と変わらないほど成長した娘に、小さい時の娘が重なって懐かしい。
幼稚園へ入るまでは、妻と私の間に寝ており、私の腹の上へ片足を載せて寝るのが習慣だった。
今この大根足を載せられると苦しいだろうなとビビっていたところで電気が来て、娘を起こして自分のベッドへ行かせた。
ほんの3時間ほどだったが、久しぶりに娘と遊んだり昔の話が出来て良かった。
コメント (4)    この記事についてブログを書く
« 少し遅めの「サクラサク」 | トップ | タイの高校入試(前編) »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幸せの形~~♪ (ハシビロコウ)
2021-04-18 09:50:24
言う事なしwww


都市伝説で、成人した娘がパパと入浴、ってのが有るようですが、
バカな親は、真に受けるww

昔は日本も停電がそれなりに有って、こんな事も有ったでしょうが、今は昔。


将来のお相手は、父と似て居たり、違って居たり、それは多様でしょうが、生物としては、多様性の~好ましからざる遺伝子を揃えない様に、自然は慈悲に満ちていてww
成長と共に、親離れ・子離れプログラムが自然に起動するが…感謝の気持ちも湧くし理解し始める~~♪
Unknown (menkarm)
2021-04-18 15:03:35
ハシビロコウさん
小さい時はくっついて離れなかった娘も、成長と共に私と距離を取るようになって来ましたが、偶には甘えたい時もある様で、停電で勉強にならないのでくっついて来た様子です。
あと十年もすれば働き始め、パートナーを見つけるでしょうが、早いですね。
パパは格好悪いなんて言いますから、悪いがお前はそっくりなんだけど、自分はどうするの?なんて誂ったりwww。
どんな彼を連れて来るか、今から楽しみにしてます。
Unknown (muga)
2021-04-18 17:18:55
お嬢ちゃんは親離れの兆しを感じているのでしょうかねぇ、うちの娘ともたまに思い出話しますよ
私が以前のように赤ちゃん言葉やタイ語を混ぜて話すもんで「恥ずかしいからやめて!」と嫌がります。
そういえば一時帰国に時、娘が小6の夏ごろですよ、一緒に風呂に入ると言って、パンツ一丁で磨りガラスの向こうに立って待っているのが見えて、「ゴルァァ!」と追い払ったのは
今考えると背中を洗ってもらうチャンスだった
メンカームさんはチャンスを逃さずに洗ってもらってくださいw
Unknown (menkarm)
2021-04-18 20:21:25
ムガさん
娘は高校へ行きたがってますが、親元を離れるのは少し寂しいのかも知れません。
日本語の読み書きを忘れた娘とのラインのやり取りが英語なのが面倒で、ひらがなから教え直しているのですが、娘が「かきくけこ」なんて読みながら書いているのを見ていると、幼稚園の頃を思い出して胸がキューン!となります。
娘との風呂は、小2くらいまでずっと私と入ってましたが、シャボン玉を作ったりして毎日楽しかったですね。
中学校へ上がる前に、何で最近は私と風呂へ入らないかと追求されまして、親子だから良いだろうと頑張られた事があります。
その時は、私の背中を洗いたかったそうで、浴室のドアの所で外から洗って貰いました。
小さい頃を思い出して、もう一回と思うのかも知れませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タイで子育て」カテゴリの最新記事