バリ大好き

常夏の楽園。サンゴの海。多神を祭る。芸術芸能の宝庫。人が親切。物価がやすい。だからバリ大好き

記事のタイトルを入力してください(必須)

2015年12月30日 | 
バリ島にしばらく行ってませんがまた行きたいものです。
最近エキスペディアを使うようになりホテルや航空券の予約
が簡単になりました。工程は自動で作成され
航空機の席も確保 それらの支払いをカードですまし
その内容を見せるだけで航空券がいたたけホテルもチェックイン
できるというもの。

11月にハワイワイキキに行きました。
http://menamomi.net/nk2015/1113_hawai.html

さてバリのホテルもエキスペディアで最近色々みています。
10年前と比較すると倍ぐらいになってます。
ハワイの空港など日本の3倍ぐらいの物価。
にほんがいいなと思うことが多いのであまり外国にいきたくない
という風潮が最近増えているように思います。

それでもバリはバリ。
来年はバリに行きたいものです。
それでは良いお年をお迎えください。

コメント

旅と日常 屋根の小さなつらら

2015年03月11日 | 風景



旅は非日常であるがゆえに楽しい。
では日常とは...人生において1度しかない時間、だとすればこれも旅ではないか。
ただ場所が同じ所が多いので行動が同じことが多いので
つい新鮮味がなくなってしまう。
日々新しい事を考え行動すれば
生き生きと暮らすことができるかもしれない。





バリ、神々の島 愛に恋い (DVDBOOK)
クリエーター情報なし
ロングセラーズ
コメント

バリに滞在した時泊まった友達のビラ

2011年11月02日 | Weblog
バリに滞在した時泊まった友達のビラは快適
でした。

その後プールもできたようなのでまた
行ってみたいですね。

バリ島 写真 マス村のビィラ

コメント

記事のタイトルを入力してください(必須)

2011年09月19日 | 風景
私の作っている
バリの写真
サイトです。
コメント

フリー写真のメナモミネット

2008年04月23日 | Weblog
フリー写真 写真集 - メナモミ ネット - gooブックマーク
コメント

チャンディ・ダサの浜辺

2006年07月21日 | Weblog
チャンディダサは1970年代までただの小さな漁村だった。その後浜辺にロスメンという簡易な宿がたちレストランができ建築ブームになる。建設に必要なセメント用石灰をとるため沖合いの珊瑚が採取され1980年代の終わりには浜辺がなくなった。その後砂防堤がつくられこのようなビーチが作られていった。今は珊瑚が回復しているが一面に続く砂浜はない。左上は日600円ぐらいで泊まれるロスメン。
コメント (2)

チャンディダサが詳しいおすすめバリのサイト

2006年05月30日 | リンク
バリのチャンディダサや先住民の村トゥガナンの旅行記があるサイト見っけました。とんでもとらべるというサイトで奈良のOLまままさんの旅行記が沢山あるサイトです。的確な写真に素直な感想基本的情報も詳しく載っています。国内の京都なんかもあまり有名ではないが面白い所の紹介があります。バリではアリラ・マンギスに泊まられたようです。チャンディダサで27章書いてあっておすすめです。インドネシア バリ島&ジャワ島ボロブドゥール遺跡  2002年、2004年
コメント

バリには沢山良いホテルがあります。

2005年07月08日 | 
この本を読んでいると本当にバリには
素敵なホテルがあるのが分かります。
私はふちがないように作ってあるウブド
のピタハマやアマンダリ、ザチェディ。
チャンディダサのアマンキラなどのプール
サイドでたそがれてみたい。

バリ島の心地よいホテル

平凡社

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)

バリ島 ウブト近郊マス村 宿泊 ピラ バユ

2005年05月30日 | 宿
ここ夜来外の景色も知らなかった。朝カーテンを開けると睡蓮の花が咲き椰子の葉陰から朝日が登っていて感動した。それらの景色
コメント (4)

バリ島 ウブト近郊マス村 宿泊 ピラ バユ

2005年05月29日 | 宿
プリラサの入り口から道を100メートルぐらい入る。椰子の茂る田んぼの中に私達の宿泊のビラは建っていた。実はここのオーナー家族と一緒にやってきたのだった。
コメント