memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

船でサケ養殖を行う   ノルウエー

2015-12-30 00:02:39 | 水産・海洋

船でサケ養殖をすると聞いたことがあるだろうか?まさにその計画がノルウエーのHarstadでNSK Ship Design社によって計画が進行している(12月11日SfS)

この計画はサケとニジマスの世界的な加工業者Nordlaksの海面サケ養殖のためのものである。漁業大臣Elisabeth Aspakerとノルウエー政府があらたな大規模投資を養殖業に行うことを発表したすぐ後に NSK Ship Design の幹部役員が彼らが設計中のHavfarm (“Ocean Farm”)船についてNordlaks 社に伝えた。

「Nordlaks社は彼らの生産活動の持続性創造の解決策を模索していた。彼らにとっては単に生産量増加や海虱問題の解決のみではなく健全なサケとその持続性の解決策を求めていた」とNSKセールスマネジャーのThomas Myhreはいう。

この計画の目的はサケの海虱問題の解消にあり、もしその問題が発生すれば472,000平方の規模で尽力で駆除を行わねばならない。「またこの計画によれば完全に駆除薬物から逃れることができる。海虱の駆除薬物は環境問題になっており、その費用も多大である。この計画はスした問題と格闘している養殖産業の方向性を買えるものである」と Myhreはいう。

NSK社は3隻の船体を計画。長さは 430 m幅 54 mで価格はそれぞれNOK 600million (EUR 63.6 milion) to 700 million (EUR 74 milion)。これが完成すれば海底に投錨し世界最大規模のものとなる。

1隻の Havfarm は10,000 トンのサケ、およそ200万尾を収容できる。この施設は海面下10m下まである。施設は6基の50x50m生簀で構成され養殖いけす網は水深60m深さである。Nordlaks社が通産省からの認可を受ければNSK{は2017年に第1船を建造するという。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 主権侵害をやめるよう台湾に... | トップ | 世界的食料品販売網がエビの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

水産・海洋」カテゴリの最新記事