memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

貨物船Hilmi-Kが座礁   トルコ

2015-12-12 00:05:24 | 海事

Iskenderunから来た貨物船"Hilmi K"が11月24日0745 a.m. Izmir-Yenikale 海域で座礁した(11月24日SNT)

その2時間後本船は自力で離礁することができたが、検査のため座礁現場に投錨。6 p.m.イズミールに入港した。

コメント

奴隷労働と強制を漁民に対して行ったNestlé

2015-12-12 00:04:52 | 海事

タイの移住労働者らが騙されて売られ、漁労や加工でNestlé food の製品に関与していたことが判明した(11月24日Metro.UK)

これはネスレが2014年12月に行った供給もについての国際監査で判明したものである。

報告書によれば、近隣国のカンボジャ、ミヤンマーなどからタイに到着した労働者らは仕事を得るためにブローカーに金を払い、そののち漁船労働、港での作業、水産養殖場などにとらわれた。これらの移住者らはその後ブローカに金を返すために働かされ、稼ぐ望みは全くないとCBCは報じている。

今年は今のところタイの漁業界から2,000人以上の労働者らが救出された。ビルマの労働者がVeritéに語ったところでは、, 監査に着手したNGOによれば「時折網が重すぎることがあり労働者が海に引き込まれ消えてしまうことがあると。「誰かが死ぬと、海に投げ入れられる」 「自分はこの漁船で10年間働いたが、貯金は全くない。ただ辛くも生きているだけだ。ここで生き延びることはむつかしい」

Nestle社はこのことを受けて労働者保護に取り組むとしている。Nestle社の操業担当副社長のMagdi Batatoは「我々が常に言っているように我々の供給網には強制労働や人権侵害はない」と。



コメント

シアン化合物使用の4人を収監  マレーシア

2015-12-12 00:03:57 | 亜細亜海道

KOTA KINABALU: 漁民4人が釣りで人気のあるMengalum 島でシアン化合物を使用したかどで懲役2年となった。(11月17日asiaone)

判事Ainul Shahrin Mohamadは 彼らに対して最大の懲役刑を命じた。8月18日Mengalum の沖合でモーターボートに乗っていた彼らが当局に拘束された際にシアン化ナトリウムを所持していたことによるもの。この4人とは Rosalyne Dumio, 37歳, Mois Abd Mois, 39歳, Masli Abd Mois, 30歳と Sapaat Sulbani, 54歳である。

判決を言い渡す際にAinul判事はシアン化ナトリウムの危険性を認識していたにもかかわらずそれを漁獲に利用したと言明。「これは重大な犯罪に対する懲罰であるがそれでも十分ではない」と。

この事件の事実に関して漁業局を, 起訴担当のWilliam Apin はRosalyneが艇長でありほかの3人は乗り組みでコタキナバル警察チームの行った特別活動で逮捕されたと語った。当局はシアン化ナトリウムの入った白いプラスチック瓶を発見、この物質は海洋生物や人体にとって有害である。

コメント

マグロ資源の乱獲は続いている    ISSF

2015-12-12 00:03:15 | 水産・海洋

国際水産物維持基金ISSFが資源状況を報告した(11月23日TFSND)

報告書は地区漁業管理機構による主要なマグロ魚種の資源状況を一つにまとめたものである。資源状況報告は色識別で示され資源と環境の健全度への影響を示している。最終版は年初に発表されたが、顕著な事項について先ころ改定がなされたものである:

東部太平洋メバチ・・・バイオマスの変化が認められ、評価はオレンジからグリーンとなった。

大西洋メバチマグロ・・・バイオマス状況が悪化し、グリーンからオレンジになった。また漁獲による死亡については黄色がオレンジになった。

ISSF科学助言委員会によれば漁具別の評価では”イルカ混獲”にからみ巻き網がグリーンから黄色となった。東部太平洋におけるイルカの調査は2006年行われたものだけである。このためイルカの状態が新たな超アが行われていないために不明になっているという。

様々な漁業での改善取り組みが行われてはいるものの、太平洋クロマグロ、大西洋メバチマグロ、中西部太平洋メバチマグロにあっては乱獲されているという。

コメント

北海での衝突事故   オランダ

2015-12-12 00:02:38 | 海事

Helena Elizabeth(TX29)が火曜日ノルウエーのケミカルタンカーStavfjordと衝突した(11月24日SNT)

この事故は北海の通航路で発生、その際漁船TX29は操業中であった。 通航路上での操業は特定の場合にのみ許可されると沿岸警備隊の報道担当は言う。両船は十分な距離があると推定したのではないか。「しかしなにかが起こり事故となった」どちらの側に責任があるかはまだ断定できないという。

Den Helderの水上警察が現場状況を調査している。TX29は漁具を破損し修理のためにDen Helderに入港した。 Stavfjord はそのままノルウエーに向かっている。本船には積み荷はないという。

 

コメント