memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

節約令は魚やお茶からも税を取り立てる   中国

2013-04-14 12:20:51 | 
中国の首脳部による反浪費キャンペーンは国内で有名な生産者や販売者が感じているが、高価な魚や茶などについてである(3月31日China Daily)

毎年春になるとるもっとも求められる魚が刀魚(Knife fish)である。この魚は近年は珍しくなった淡水魚で揚子江の中流から河口にかけて生息している。然し今年はこの魚の値段が昨年に比べ極端に下落している。この名前は体が滑らかでほっそりしていることに由来する。昨年3月には記録的高値を示し、最上級の刀魚で一尾175grサイズのものが、中国ではキロアタリ1.6万元(2573米ドル)の値がついた。しかし北京の漁業取締局によると、今年はその値段が5割下落したという。

江蘇省靖江市では揚子江刀魚の食が盛んであるが、かつて無い価格下落に見舞われていると地元業者はいう。上海の彤出廠水産品市場は浦東地区最大の市場だが1尾175gr級の刀魚がキロ当たり7,000元以下に下落、一年前は10,000元であった。しかし、商人らは価格が下がったにもかかわらず、需要は伸びないという。「自分の店での需要は今年は毎日50キロ以下。2012年はそれが数百キロもあったのにとこの市場の魚商のJin Zixuanはいう。かれはここで10年以上魚を扱っている。

刀魚を食べることは社会的ステータスの象徴で、毎年高値となり、早春の晩餐に利用された。然しこの魚の人気は急速に下落した。江蘇省の揚子江北岸の漁業者らはこの魚の仕向け先を知っている。2012年には9トンの漁獲しかなかったが1970年代には数千トンあったと江蘇漁業取締局はいう。Jin氏は奢侈禁止令と無駄を省けとお達しが取引に大きく影響hしたという。中央政府は上級官吏らに対し「奢侈、形式主義、官僚主義」を廃する支持した。これは昨年末に汚職との戦いや執務スタイルの改善を求めるための新たな8つの要求事項のなかに盛られている。

中国料理協会によれば今年の春節の高級レストランの売り上げは20%低下、一部の5つ星や4つ星ホテルは廃業に追い込まれた。然しその衝撃は休日のシーズンを過ぎても続いている。然しこうした影響は魚だけではなくお茶にも及んでいる(以下省略)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湾汚染にも地元当局は無関心    ベトナム

2013-04-14 12:20:27 | 亜細亜海道
世界自然遺産にも登録されている風光明媚なハーロン湾の中のBai Tu Longが深刻な汚染に見舞われている。しかし地元当局はこの問題に無関心である(3月30日VNB)

Dan Vietの記者らはQuang Ninh省Cam Pha市の3地区で汚染が拡大していることを見つけた。Cam Dong 区のDuc水域では青い海は見られず、汚染のために黄色に変色している。地元住民のHaiはかつての幸せな日々を思い出している。彼女とその家族はここで水産物とともに生活していた。「食事のための魚やエビが数分で獲れたのに」と彼女はいう。「ところが、汚染で魚もエビも死んだ。海の色が3色に見えるでしょう。ここは黒、赤、黄色という具合に。魚はこんなところでは生きられない」と彼女はこぼす。

Haiは記者らをDong Ha と呼ばれる生簀に案内した。生簀の持ち主のHuongは数年前に数十億ドンを投じた。ここの自然環境に満足していたためである。Huong はこれまでは生簀から十分な利益をを得ていた。ところが、水質が汚染され、魚が死んだ。Huongは莫大な損失をこうむった。それ以降、彼女は生簀をそのままにした。もう駄目だろうからと彼女は魚の養殖を止めることを考えている。

Bai Tu Long湾 は採掘会社によって徐々に死に追いやられている。とくに石炭採掘によるものだ。”黒い金塊”の採掘と輸出で採掘会社には利益がもたらされる。しかし同時に貴重な自然遺産であるBai Tu Long 湾が徐々に殺されつつある。
Bai Tu Long 湾はかつて英国のGecko Travelが東南アジアで5本の指に入る素晴らしい観光地としたところである。地元民は漁業と養殖業で生きている。然し地元当局はこの事態を知らないようである。この状況を改善するための手立てを行っていない。

この地区の採鉱会社が犯人であることは明らかである。しっかし彼らはそのことを否定し、一方地元当局は汚染原因の究明をせず、その責任追及もしない。
Cam Dong, Cam Sonおよび Cam Phu Ha地区の議長らは住民から水質汚染の報告を受けていないという。Thong Nhat石炭会社の環境担当部長のNguyen Van Khueは会社は排水の必要な対策を実行しており,排水は環境にとって安全であると断言した。KhueはVinacomin環境会社に毎年48億ドンを支払い排水処理を行っているという。一方、Deo Nai石炭JSC社のPham The Phiは排水は乾季には環境に流れ出ることは無い。雨季に流れ出すだけだという。Than Coc Sau 石炭会社は排水処理についての質問に回答をよこさなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加