memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

鯨のJuneが結局カルフォルニア沿岸で絡まった

2012-05-19 15:57:40 | 水産・海洋
先月San Onofreの沖合でコククジラが釣り縄に絡まった。オレンジカントリーの海岸でナイロンの釣り縄に絡まったコククジラが今日解放された、とラグナビーチの太平洋海洋哺乳類センターPMMCが報じた(5月4日newportbeachpatch)

このクジラのあだ名はJuneで漁業者により120フィート長さのロープから来たカルフォルニアの沿岸で解放されたものとPMMCのMelissa Sciaccaが語った。PMMCからの救助作業者らはクジラの胸鰭と口に絡んでいた縄を外すことができた。しかし暗くなったため追尾はあきらめていた。40フィートのクジラに救助者らは2個の浮を取り付けたので後からの発見が容易。本日クジラを発見した漁民はその浮を発見し取り外したが同じ鯨と判明したとSciacca はいう。「救出がうまくゆくかどうかスリルであったが、喜ばしい結果に終わった」「救助チームにおめでとうといいたい解放のためのすばらしい仕事でJuneは普通に泳ぐことができるようになった」 .

コメント

外国漁船の許可を取り消し セネガル

2012-05-19 15:57:01 | 水産・海洋
政府は29隻の漁船に対し西アフリカ諸国の水域を離れる前に漁獲物は陸揚げすることを要求した(5月4日Guardian)

セネガルの新政権は29隻の外国漁船の許可を抹消し、水揚げを陸揚げするように要求した。乱獲と前政権の許可システムの不正疑惑に対する激憤の増大が漁業大臣Pape Dioufの劇的な転換をもたらした。セネガルの小規模沿岸漁業者の怒りの鎮圧のために外国船の船主に対し直接の行動をとらざるを得なくなったもの。

2006年セネガルは多額の助成金を受けていたEU漁船の漁業許可協定を外国漁船から漁業産業を守るために破棄した。ところが何十隻もの1万トンはあろうかという加工漁船がロシア、リトアニア、モロッコ、ウクライナ、モーリシャス、サオビセンテ・グレナデス、中国、ベリーズ船籍の1万トンはあろうかという加工漁船をも含め新たに許可kを取得。人工衛星の利用などにより彼らは一晩に数百トンの魚かっくも可能であった。
長さ30フィート(9m)のピローグと呼ばれるカヌーでの地元漁師のものとは著しいコントラストであった。彼らの漁獲は”年間で“わずか数トンである。その理由は漁獲可能な魚の減衰の拡大である。このため彼らはより遠出を余儀なくされるようになった。

セネガルとサハラ諸国では飢餓が進行、しかし外国漁船による漁獲はカナリア諸島のラスパルマスなどを経由して英国やEUに送られる。セネガル、カポベルデ、モーリタニアなどの漁業の幹部らは乱獲のために過去10年間で沿岸漁業の漁獲が間引かれてしまったと口をそろえる。さらに多くの海賊漁船が西アフリカ水域で違法操業をし、さらに間引く結果となった。

「セネガルには海の資源しかない」とJoal漁業者協会の会長で西アフリカ海洋資源保護委員会のAbdou Karim Sallはいう。「何らかの手を打たなければ、生活は破たん、雇用も、食料もおぼつかなくなる」セネガルの漁業許可取り消しけっては重要である。 EUは現在開発途上国の水域で活動する漁船への補助金に対する圧力を受けているからだ。木曜日時点でのセネガルの外国船許可個の取り消しがいつまで続くものかは不明である。この動きはさらなる禁止にはつながらないであろうとみられている。しかし政府が漁業政策を見直していることは確かだ。
コメント