memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

リバテイ船が沿岸の人工漁礁に

2012-05-12 00:37:47 | 我愛船艇
5隻のリバテイ船(liberty ship)、第2次世界大戦の際に大量に生産された“見にくいアヒル子”と呼ばれた船舶がミシシッピー湾に沈んでいる。戦争による沈没ではない(4月28日sunherald)

これらの船はおよそ40年間海底に鎮座し、タイ、ハタ類、シープヘッドやその他の遊漁対象の魚種の天国となっている。これらの船は解体され意図的に1970年代の中盤に沈められた漁礁とされた。この成功が沿岸や沖合の魚礁計画として現在まで続いている。

第二次世界大戦の際に2750隻以上が建造され日本やドイツを粉砕すべく国のために貨物、兵士、爆弾などの輸送にあたった。これらの船舶は建造時間短縮とコスト削減のためにリバテイ船型と呼ばれ当時のフランクリン・ルーズベルト大統領がおぞましい形の物体として“見にくいアヒルの子”と呼んだ。ほかのあだ名はカイザーののろまな棺であり、それは船速が10ノットと遅いことに由来、造船王のHenry J. Kaiserがそのほとんどを建造した。戦後はリバテイ船は世界規模で商船の大黒柱となった。しかしその一部は別の目的に改装された。現在ではおそらく2隻が海で活動しているとみられる。

風雪を経て国防予備船舶としてのリバテイ船は沿岸州に人工漁礁としての利用の対象となったMississippi Gulf Fishing Banks Inc.ミシシッピ湾漁礁会社(MGFB)はその実行に踏み切った。州関係当局の協力のもと,海洋資源局を通じMGFBはミシシッピ湾やその南方の島嶼に魚礁を設ける努力を続けている。1970年代中盤以前でもこの地区で人工漁礁による利益が認められていた。古いタイヤや車による漁礁が2基1960年代に構築されていた。これが魚礁の始まりである。(以下省略)
コメント

ソマリア海賊に囚われの漁民を救助 スリランカ

2012-05-12 00:37:12 | 海事
漁民6人は全員がNegomboのカトリック教徒である。彼らは6か月前に行方不明になっていた。彼らはEUの海賊対策チームの一員のスペイン海軍のInfanta Elenaによって救助された(4月27日Asia News)

Negombo 発:6か月間ソマリア海賊に囚われていた6人のスリランカ漁民が昨日母国に帰還した。彼らは一週間前にスペイン海軍により救出されたもの。彼らは全員カトリック教徒で西部にあるNegombo漁村の住民である。Katunayake国際空港での家族との対面を終えると、生きて帰還できたことの神への感謝を捧げるために家族とともにMankuliyaにあるSt Anthony カトリック教会に直行した。

スペイン海軍の'Infanta Elena'がスリランカのダウ船'Nimesha Duwa'を4月19日に発見、タンザニアの50浬沖合で航行を阻止したところ7人の海賊と疑わしき男たちとそれにトラまれていたスリランカ人漁民6人を発見した。この6人は2011年9月25日に出港、そのひと月後にソマリア海域に違法に侵入した際に海賊に囚われたもの。海賊は彼らの解放に身代金6百万ドルを要求。たびたび家族に電話し、愛する人を殺すぞと脅したが身代金は支払われなかった。

「非常に心配した」と漁師Perumalの妻Santhanam Kamala44歳はいう。「後ろで銃声がするのを聞いた」と彼女はAsiaNewsに語った。「でもどうする術もなかった。我々は貧しい人間だ。そうした大金があれば、漁などはしない」と。Santhanam Kamala はタミル人である。漁師Levan Rodrigoの妻のシンハリ人のWathsala Madhusaniとともに毎日神に祈りをささげたという。「時折信仰を失ったのではと思ったりした」とWathsala, 23歳はいう。「でも、神は必ず何年経っても彼らを連れ戻してくれると思った」

家族らとNimesha Duwa の船主は何度も政府に対応を要請するために出かけ掛け合ったが「誰も助けてはくれなかった」と。今やすべての夫たちが家に戻った「何も考えたくはない。神に感謝し祈りをささげるだけだ。スペイン海軍にも感謝したい」スペイン海軍のInfanta ElenaはEU海賊取り締まり作戦の一員として参加、今年の2月以来このスリランカ漁船を捜索していた。スリランカ漁業省はタンザニアからの空路帰還にRp 651.000 (およそUS$ 5000)を負担した。

コメント