言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

移民のもたらす経済的利点

2011-05-02 | 日記
アーサー・B・ラッファー、ステファン・ムーア、ピーター・タナウス 『増税が国を滅ぼす』 ( p.359 )

 どうやら左派は、独占が悪いことだとは考えていないらしい。だが制限的な移民政策が実施されてアメリカ人の独占になったら、アメリカ経済は伸び悩むことになるだろう。移民はアメリカの大きな比較優位の一つである。
 移民を制限するのはまちがっている(*28)。経済的観点から見ただけでも、多くの理由から、移民は活力源になっているからだ。第一に移民の就業率はきわめて高く、重要なニーズに応えてアメリカ経済の効率化に大きく貢献している。過去二五年間、移民がアメリカ生まれの労働者を押しのけたり、平均賃金を押し下げたという事例はほとんどない。移民人口の比率が高い州は、そうでない州よりも失業率が低いのである。
 第二に、移民の多くは勤勉で生産的であり、成功の階段を着々と上がっていく。国勢調査局人口現況調査の最新データ(二〇〇五年)をみると、移民世帯(外国生まれでアメリカの市民権を取得した世帯)の平均所得は六万五三〇九ドルで、アメリカ生まれの世帯(六万一二六四ドル)よりも高いことがわかる。連邦税の納税額も、前者が六九二三ドル、後者が六二〇二ドルで、移民世帯の方がわずかとは言え多い(*29)。
 第三に、移民はハイテクの爆発的発展に欠かせない存在である。その端的な例がシリコンバレーで、同地で働く科学者と技術者の約三分の一は移民だと言われる。著者の一人であるムーアがカトー研究所のために行った調査によると、インテルなど著名なハイテク企業一〇社は、移民が創業者であることがわかった。この一〇社の売上高は二〇〇五年に八八〇億ドルに達し、二三万人以上のアメリカ人を雇用している(*30)。
 そして何よりも重要なのは、移民が他国からやって来た「無料」の人的資本だということだ。彼らの頭脳や才能や勇気は、他国からアメリカへの贈り物なのである。移民の多くは、働き盛りの年齢でアメリカへやって来る。移民の七〇%以上は、初めてアメリカに来たときの年齢が一八歳以上だ。つまり今日のアメリカには、出身国で教育を受けた、言い換えれば出身国の国民が教育費を負担した移民が、二六〇〇万人いることになる。この教育費は、ざっと計算しただけでも二兆八〇〇〇億ドルに達する。アメリカの納税者の懐を痛めずにこれだけの人的資本が得られるとは、アメリカにとってはまさに天からの授かりものと言えよう。移民は、他国からアメリカへの何兆ドルもの富の移転と考えることができる(*31)。
 移民への門戸を閉じ、アメリカへの入国を厳しく制限すれば、経済が伸び悩むことは確実である。「移民問題」はむしろ「移民利得」と言うべきであり、最善の移民政策は、アメリカに来たい人にどしどしグリーンカード(永住権)を発行し、合法的にアメリカで働けるようにすることである。けっしてフェンスを張り巡らし、雇用を制限することではない。
 だがどうしても移民を締め出したいという政治家には、一つ妙案がある。増税をはじめ本書で指摘したさまざまな誤った政策を総動員して、経済を崩壊させることだ。これは、効果絶大である。大恐慌のときは、アメリカに来る移民より出て行く移民の方が多かったのだから。


 アメリカの「移民問題」は、じつはアメリカの「移民利得」である。なぜなら移民は経済の活力源であり、勤勉で生産的であるうえ、ハイテクの発展をもたらすからである。そしてなにより、移民は他国からやってきた「無料」の人的資本だからである、と書かれています。



 アメリカは欧州からの移民によって建国された国だからでしょうか、もともと移民に寛容な国ですが、

 日本の場合、移民に対して閉鎖的ともいえる現状があります。



 日本が移民に閉鎖的なのは、日本にやってくる移民とは中国人であったり、韓国人であったりする場合が多いところ、彼らが日本で「好ましくない行為」をするケースが多い、という現実に根ざしているのではないかと思います (「労働力不足の解決策」参照 ) 。

 しかし在日中国・朝鮮人のすべてが問題を起こすか、といえばそうではなく、なかには日本人よりも勤勉で、熱心に働く人々もいるわけです (「中国人研修・実習生の賃金例」参照 ) 。

 したがって日本としては、移民の「好ましくない面」に着目して移民を排除する道と、移民の「好ましい面」に着目して移民を歓迎する道とがあり、そのどちらを選択するかは、(日本) 国民の選択にかかっているわけです。

 日本では得てして、移民推進派の人々は経済的利得の面を強調し、移民反対派の人々は在日中国・朝鮮人の問題行動を強調する傾向にあると思います。それぞれが自分の主張ばかりをしているのでは、話はいつまでたっても平行線のままです。

 私としては、どちらを選んでもよいと思いますが、どちらを選ぶにしろ、その結果は必然的についてきます。どちらを選ぶのか、結果のプラス面・マイナス面双方を比較した、冷静な議論が必要なのではないかと思います。



 というわけで、移民を受け容れる場合の「利点」をまとめた記述として、上記部分を引用しています。移民問題を考えるうえで、有益な資料になるのではないかと思います。このブログでも今後、(機会があれば) 移民の是非について考えたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公平な税制とは | トップ | 日本の公共事業費は先進国並... »

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
移民の意味 (海外)
2011-05-09 09:26:39
Hi guys.
移民の国アメリカ、よく勘違いをするのはアメリカに行けさえすれば全ての人を自由に受け入れてくれると。国があればそこには法律がありますから、パスポートを持たない人が不法で入国すれば罰しられて当たり前、私の場合は今は亡くなってしまいましたけど、ハズバンドがアメリカ人だったので、自動的に永住権と市民権は取れましたが、合法滞在者立場を獲得するには高い弁護士費用を払い、永住権を取得する方法が一番効果的、また特殊技能があれば永住権はとりやすいです・大学教授、映画監督、医者、技術者などはアメリカ国に貢献すればそれだけアメリカの実になるということで一般人よりは永住権取得が可能なのです。

我が州California州はご存知の通り陸続きでメキシコとつながっていますでしょ、国境を渡るとそこはもう外国ですから、私もパスポートが必要ですから、それが無ければ不法入国者になりますしね。メキシコへ入国するのは割りに簡単ですがいざアメリカへ戻ろうとする時はアメリカ合法滞在者どうか厳重に調べられます。つまりアメリカ市民を示すパスポート、または永住権保持者かどうかと、メキシコ人はとくに厳重にしらべられ、仕事関係の渡米者の場合は雇い主署名入りのワーキングビザ証明書は絶対ですしね。

それ以外何の証明のないものは回れ右かその場で逮捕です。つまり密入国未遂罪というわけです。国境を越えるということはそのこに法律が着いてまわるということ。なぜそこまでするのか? 運よく不法滞在がばれずずーとそのままアメリカに居座っているとアメリカ生活費が必勝になりますよね。女性なら子供を生むことによってアメリカ生活費が自動的に受けられるのです。それは?不法滞在者の子供でもアメリカで生まれれば子は市民権が自動的に取れます。、となればそれを元に子供を何人も設ければ? 各種福祉援助が得られ親が不法滞在者であっても子供経由で生活費が得られるという仕組み。つまり不法滞在者は表立ってはたれケマ線から、生活費を得るためには、子供をうめさえすれば親の生活も可能となりますからね。

しかし約10年位前に、生活保護を受けるこういう種類がのうのとアメリカ生活をエンジョイし、一般のアメリカ人が税金を払い、各種保険を自己負担し、不公平だと市民の意見で生活保護法が変わり今では2年間の期限付きに変更されましたの。つまり生活保護を受け2年間のうちに仕事を見つけて自立を図ることを宣誓させられ署名し、期限が過ぎればどんな理由があろうとも3年目の生活保護は受けれないという仕組みなのです。普通に考えてみれば健康体がのうのうと働きもしないで税金も払わず、医療費も無料、公立校も無料となればあせくせ働いている市民にとっては怒り爆発ですよね。私は以前在米日本人女性の生活保護申請のための通訳をかって出て始めて知りえたアメリカの生活保護法なのですが、。 彼女は3年目になる前に仕事を得られ今は税金を払い、正しい移民者としての生活をしています。

ただし身体障害者用の生活保護は期限は無いです。アメリカの生活保護受給者は日本のようなぜいたく品は持っていてはいけないというものではなく、車や家をもっててもOkなのです。家を持った後の申請なので過去に保持しているものに対しては規制はないないのです。ですからマーケットにて支払いの際はフードスタンプカードだった人が駐車場で見かけるとベンツに乗っていたんだ、、なんて(^^:))よくあります。

約10年くらい前まではフードスタンプといっておもちゃのようなお金だったのが今では生活保護専用車のクレジットカードスタイルに変わりましたの、それは何故か? 長くなるので次回に、、そこには詐欺と言う犯罪者が登場し絡んでくるのですが、、アメリカも詐欺者を野放しにしないために色々と考えながら、、。


移民者にどしどし永住権をって(><) (海外)
2011-05-10 00:41:29
Hi guys.

●アメリカに移住をしたい人にどしどし永住権をって、、やはりアメリカという国をまったく知らない外部の方は簡単にそういいますよね。人口が増えればそれだけ福祉や教育面、社会的問題に発展していきますので、早々誰にでもあがられるものではありませんのよ。移民者は勤勉だというのも100%事実ではありません。中には移住先でまじめに働きたいという人も居るのは確か、昨日も申したように合法で滞在する人は公に働けますから勤勉を目的とした方が多いのも事実、しかし非合法で滞在した方とは公には働くことは法律にふれますから、密告されないかとびくびくし、そのストレスから麻薬に走り、その麻薬を買うために生活保護を受け、移住したわいいけど、堕落する人も後を絶ちませんしね。

またアメリカも失業者が年々増え、合法で移住した人も職になかなか得られず、アメリカに来たい人全ての人に永住権を与えていたら? 失業者は確実に増えます。ですから永住権取得のための規制も年々と厳しくなり。以前は愛しても居ないカップルが永住権ほしさに結婚をし、しかし移民局もそれを阻止するために、同じ家に住む実際の結婚生活をしているかどうかと、張り込みをしたり、偽造結婚と証明できればもちろん永住権は剥奪されたケースもありますしね。昨日の続きの生活保護者が受けられていたフードスタンプからクレジットカード式に換わったのは? フードスタンプとは食料や生活用品を購入するための生活保護者専用のお金なのですが、それは銀行でもマーケットでも現金化できませんので、薬におぼれた人はそれを1/2位で買い取る悪質業者がいて、そこなら現金に換えられ食料より欲しい薬を。そしてその業者は、生活保護を受けていない人にそれを売りという仕組み。日本と同じで麻薬組織ガ加担しています。マーケットで生活用品を買い支払いをする際は生活保護者証明書などは不要ですから、誰でもフースタンプは使用できたのですが、これでもいたちごっこなのでクレジットカード式し、それというのも毎月の生活保護金額がそのカードに入金され生活用品や家賃を支払う専用カードでそれには個人情報がカードの中にありますから、たとえ麻薬組織でもそれを買い取っても本人ではない以上は不正とすぐまれますしね。 一般のアメリカ人でも失業者が増え続けているのに、アメリカに来たい人全ての人に永住権を与えていたらアメリカの発展よりも失業者のための福祉にさらにお金がかかり、全米の州予算にも影響してきてしまいますでしょ・


カナダからアメリカへ (海外)
2011-05-10 14:45:49
Hi guys.

こちらの管理人さんはアメリカに関する情報が多いですよね。でもそれはアメリカを外からみた方の情報ですから、それはちょっと違うといいたくなります(^^:)))、私が日本国に対して物を申すのと同じだとおもいますよ、なんだ日本国籍人じゃないのに、、というように。でもアメリカに関する情報の多さには感謝致します。

さてアメリカへ入国する際カナダからだと実に簡単にいったり来たりできるのです。同じ先進国ですから、アメリカで夢を実現しなくてもカナダ本国でも十分に暮らせますでしょ、アメリカとカナダでは生活水準がほぼ同じようなものですから。カナダ国籍からの密入国者などは居ないという前提なわけですけど。しかしメキシコからのアメリカ入国となると生活水準にかなりの差がありますから、アメリカにさえ行きさえすれば豊かになれると、、、ちなみにメキシコでは一家10人だとしてもアメリカドル$80(70円くらい)で1ヶ月楽に暮らせるそうです。、

私が2年前メキシコへ旅行に行った時、レストランでチップ$5を差し出したら,店主が飛んできてすぐさまもっていきました。メキシコ式に考えれば$0.25位で十分なのです。 また非合法でアメリカに入国する人のほとんどが教育面には縁の無い人が多いですから、それらの人が非合法で働くとなると、肉体労働系の仕事が優先されますでしょ。教育を受けられた人は母国メキシコでも就職には有利である以上、そうでない立場がアメリカに行きさえすればと壁を乗り越え川を下りそこまでしてアメリカに入国したいと法を破り、運よく見つからないで仕事にありつけたとしても、同じメキシコ人6人くらいでアパートの1室に住み、食費を切り詰め母国に送金し、と決して夢を持って不法滞在をしてもそうそう楽ではないのですが、、自由の国アメリカ、巨大な国家アメリカを外から見る人は、そこが光り輝いて見えるのでしょうが、実際に生活をしてみて、メキシコのような生活水準の低い生活からは逃れても、すぐ豊かな生活が得られるわけではありませんしね。夢と現実は違うということはそこに住んでみて始めて理解するもの。
Unknown (memo26)
2011-05-10 18:21:33
 有益な情報、ありがとうございます。とても参考になります。


> 愛しても居ないカップルが永住権ほしさに結婚をし、

 これは日本でもありますよ。たとえば日本人と中国人との結婚に、このような例がみられるようです。


> こちらの管理人さんはアメリカに関する情報が多いですよね。でもそれはアメリカを外からみた方の情報ですから、それはちょっと違うといいたくなります(^^:)))、私が日本国に対して物を申すのと同じだとおもいますよ、なんだ日本国籍人じゃないのに、、というように。でもアメリカに関する情報の多さには感謝致します。

 それはちょっと違うというときには、ぜひ教えてください。

 ただ、たとえばこの記事で私が「引用している文章」は、アメリカにいるアメリカ人経済学者が書いた文章 (の日本語訳) です。したがって私は、アメリカを中からみている人の意見を読み、「それに基づいて」自分の意見を書いているわけです。その点はご理解ください。


> 自由の国アメリカ、巨大な国家アメリカを外から見る人は、そこが光り輝いて見えるのでしょうが、実際に生活をしてみて、メキシコのような生活水準の低い生活からは逃れても、すぐ豊かな生活が得られるわけではありませんしね。夢と現実は違うということはそこに住んでみて始めて理解するもの。

 豊かな生活が得られないとしても、生活水準が上昇するなら、「メキシコのような生活水準の低い生活からは逃れ」られるなら、彼らは「アメリカに来てよかった」と思っているのではないでしょうか? それが重要なのではありませんか?
Unknown (海外)
2011-05-13 14:23:43
Hi there

Mexican (正しい発音はメクスィカン)ですが、メキシコは貧富の差が激しく、貧しい人はアメリカの国境地帯で幼い子が土産売りをして生活費を得たり、それこそ児童買春婦に徹するか家族の収入源はないのが現状ですから、若いうちにアメリカ入国が出来た家族はラッキーなのです。私の知合いが10年くらい前にレストランを経営したいたのですが彼らが不法滞在者とわかっていたけど皿洗いに雇ってあげ、16歳の少年は2年間送金し続けたお陰で、その子の実家では大きな家が建てられとのことでした。その少年の時給は当時$5弱、朝9時に入り夜中の12時まで働き、まあ若いから出来たことでしょうが、その少年はいまや27歳とかで故郷でレストランを開業しているそうです。

メキシコのすさまじい貧しさに耐えられたら、アメリカでの苦労などは苦労のうちには貼らないのは事実でしょうね。運よくアメリカで雇い主が見つかれば、確実に酷い貧しさからは抜け出せますから。皆がんばっているわけですけど、ちなみの其のお友達のレストランは不法滞在者を雇っていたことがばれないうちに閉店しましたが、見つかれば営業停止または罰金という厳しいもの。


Unknown (memo26)
2011-05-15 13:50:07
 物価が違うということですね。帰国すれば確実に貧しさから抜け出せるなら、数年間でよいなら、たいていのことには耐えられるのではないかと思います。

 とすればアメリカにいるアメリカ人のほうが厳しい立場? ということになるかもしれませんが。
アメリカには無い国民保険制度 (海外)
2011-05-16 08:16:57
Hi guys.

所得を得て税金を払い正しいアメリカ生活をしている人は自分ですべての保険を支払いますから、本当に大変なのですよ。私も生命保険、車、住宅、歯を含めて医療保険などはすべて自己負担ですから、日本のように国民保険などは無いですから健康体でありながら生活保護を受けている人はすべて無料でしょ、どっちが本当に生活難か分からなくなります。

例えば銀行の窓口係り、日本の行員のように数名で1人のお客様に対応するのではなく1人と行員のみで対応するスタイルなのでその時給も低くたとえ大手銀行員の初任給が$1000前後(8万円くらいですかね)、それから各種の保険を払い、食費、諸雑費などを払っていたらマイナスは確実ですから、独身者であればルームメイトを持たないととてもじゃないと毎月赤字ですからね。

給料の支払いは1週間後か、1日と15日払いの月2回スタイルが主ですから、アメリカは月給製というのがあまりなく、時給制なのです。私の知合いのoffice workerは入社8年目でやっと時給が$24になり週5日40時間働いて週給$768それから税金、各種保険などを引かれたら、日本も同じとおもいますが高給取りになればなるほど差し引きかれる額は多くなるように、手元に入るのは$500前後というように。

これでは何のために働いているのかわからなくなりますよね。生きていくためにはお金は必勝ですが、一般のアメリカ人とは貯金などは出来ないくらいなのです。ですから生活を楽しむためのお金を得るために働くという考えですから、残業を上司から言われても、それ以上働きたくないと思えば「No」といえるのです
自分の生活をエンジョイするために働くという考えなのです。ですから日本にありがちな残業も日曜日出勤もアメリカでは、常識範囲ではなく、反対にそこまで会社に忠誠心はあるか~なんていわれちゃいます。(/^^:))
Unknown (memo26)
2011-05-18 18:07:20
コメントありがとうございます。あなたのコメントはとても参考になるのですが、

> 生きていくためにはお金は必勝ですが、一般のアメリカ人とは貯金などは出来ないくらいなのです。ですから生活を楽しむためのお金を得るために働くという考えですから、残業を上司から言われても、それ以上働きたくないと思えば「No」といえるのです
> 自分の生活をエンジョイするために働くという考えなのです。ですから日本にありがちな残業も日曜日出勤もアメリカでは、常識範囲ではなく、反対にそこまで会社に忠誠心はあるか~なんていわれちゃいます。(/^^:))

 この部分、矛盾しているのではないかと思います。「貯金などは出来ないくらい」であれば、「自分の生活をエンジョイするために働く」どころではなく、「残業」は大歓迎、ということになるのではないでしょうか?
アメリカ人と日本人の発想の違いですわね。 (海外)
2011-05-19 18:20:13
Hi guys.

アメリカ人とは一般的に見て、会社や他の職種で働くということは、貯金をするためにお金を稼ぐという発想ではないのです。自分達に見合う生活に必要な金額を得るだけのために働く、例えば1ヶ月に$2000の収入があったとすると、それに見合う生活スタイルを優先しますから、それ以上のお金を得るために残業までしたくないナンセンスだという考えなのです。

ですから、それ以上の収入を得たらまた今の生活スタイルを換えなくてはならないと考える人が多いのです。日本ですと男性諸君は自分達の生活をする上でも会社が優先順位じゃないですか、アメリカ人とは会社は自分達の生活圏の一部でしかないのです。 ですから残業をしてまでも余分なお金を得たいとは考えずそれよりの自分達のエンジョイできる楽しみのほうへ其の時間を費やすという考え。

日本人がよくいう「今日は家庭サービスだ」と、アメリカ人の前でこんなことをいえば、ブーイングでしょうね。アメリカ人とは自分と家庭が生きるための最優先順位ですから、サービスとは一時だけtake careをする意味ですよね。
家族は生涯お互いにtake careする間柄ですから、サービスではないということです。 私も日本人の男性諸君がそうい言うのを聞くと、「何のために生きているの?」と聞きたくなります。

独仏と同じ轍を踏むな (四葉のクローバー)
2011-05-20 10:31:50
欧州、とりわけ、ドイツとフランスの移民問題は深刻化している。
日本は同じ失敗を繰り返さないよう注意して欲しい。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事