ぱんだnaネーサン 在るがまま

毎日とはいかないけれど、日々思ったこと、あったことetc…を記しています。
投稿はかなり気まぐれです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

江ノ島ヲデート(保護者で)

2005-11-20 23:00:06 | 徒然
晴れ

天気もよく、気温もかなり低い、今日、江ノ島へ行きました。

なぜ…それは、私の友達tnとタマちゃんを会わせる為のヲデート。
保護者、として参加です。


タマちゃんとは先に待ち合わせ、江ノ島駅でtnと待ち合わせ。

タマちゃん、この日のために、お買い物へ行き、履かない、というスカート(膝丈)とブーツを購入してきたのです。

あらあら、かわいいねぇ~。

行く前に、一人でスカートは恥ずかしいから、メメチンさんも・・・といわれていましたが、寒くなかったらね、と答えていました。
案の定、すっごい寒かったので、迷わずコーデュロイパンツで行きました(笑)

待ち合わせ場所に現れたタマちゃんは・・・ブーツにヒラヒラのスカート、胸の大きく開いたシャツに、パーカーでした。

・・・そのカッコで、寒くない?と聞いたら、「ハイ、ちょっと寒いです」だって。
でしょうねぇ・・・
後から分かったことですが、彼女、パーカーの下はタンクトップでした
若いってすばらしいわ・・・


そして、tnと落ち合い、お互いを紹介して、江ノ島水族館へ。
久々の水族館、家族連れとカップルで混んでました。

適当に、時々様子を見ながら、ほぼほったらかし状態で、私は携帯で写真撮り捲り。
うん、私がほっといたら、いくらシャイで口下手の2人でもお話しするでしょう。
などと勝手に思いながら、巨大水槽で動画をとることにした。

で、動画を撮っていたら、ふと隣に誰かいることに気付く。
tnだった・・・。

ヲイー!!!
お前がここにいてどうするっ!
タマ子はどうした?!

と、ややあせって、キョロキョロすると、tnの隣に中途半端な距離あけていました

その後も時々tnに威嚇しながら他も見る。


深海魚のコーナーで、オウムガイを見ていた私。
そこへ、タマちゃんとtnも加わる。
オウムガイを見ている私にタマちゃんはニコニコと

タマ 「何見てるんですかぁ?」
タマ 「あ!これっ!!…」
メメ 「うん、オ(ウムガイよ)」と、ここで私の言葉にかぶせるようにこうのたまった。
タマ 「アンモニア!

tnと私、びっくり。その後爆笑。
いや、言いたかったことはわかるけどね・・・アンモナイトって言いたかったんだよね?うんうん、分かってるよ・・・デモね、それも間違ってるから、残念っ!

あぁ、面白い…タマ子語録に追加しなくちゃ。


そんなこんなで、色々見ました。
イルカショーも見ました。
見てる間に、ネーサン冷え冷えですわ・・・

で、すっごい寒くて、冷えていたのに、タマ子が江ノ島展望台に行って見たい、というので、行きましたよ。えぇ、行きましたとも。

水族館から展望台って、ちょっと距離あるんですよね。
寒いとなおさら遠く感じる・・・。

しかも、展望台って、夜の展望台って、カップルしかいないのよねぇ~。

で、江ノ島まで来て、エスカーの前でたたずむ。

「エスカレーターでいくか、階段上るか・・・どうする?」

と、エスカーに乗りたいオーラを出しつつ二人に聞いて見る。

tn 「せっかくだから、階段上ろうか」
タマ 「ハイ」

えぇ・・・上るのぉ~?と露骨にいやな顔をして、ブーたれる私。

寒いし暗いし・・・と思ったけど、二人が階段を上るというので、一瞬私だけエスカーで行こうかとももいましたが、先について、寒い中二人を待つのもイヤなので、結局階段上ることにしました。

もう、半分も行かないうちに息切れですわ

そんなこんなで、展望台へ行くために入らなくてはならない「サムエルコッキング苑」へ入場料を払ってはいる。

いざ展望台へ!
案の定、カポーだらけ
外の展望台へも行きましたが、こちらも激サブ。カポー以外には用のないとこにすら思えました。




早々に後にして、何を血迷ったか屋外螺旋階段で地上へ・・・寒いし、眼は回るし・・・ギャーギャー言いっぱなしで降りました。

そして、すっかり冷え切った3人は、夕飯へ向かって歩き出していました。


道すがら、今日一日今まで過ごして、だいぶ慣れたであろう2人が会話するのを聞きたくて、ある程度盛り上がったところで、ちょっと黙ってみました。

ザーン…ザザァ~ン…ブゥーン…テクテクテクテクテク

「えぇ!無言?」思わずそう言ってました。
えぇ、2人とも、私が黙るとだんまりなんです・・・。
私がほったらかしにしている間、何しゃべってたのかしら?

適当に話題ふって会話を続けて10数分、目的に到着。
が、いっぱいで待たされるとな…。

待つ間、外に置いてあるいすに座る。
私が座り、ひとつ開けて左側にtnが座る。
私の目の前にタマ子が立つ・・・
「座らないの?」とtnと私の間の席をあごでしゃくりながら聞くと、
「はい、座ります」と言って、私の右隣へ座る。

メメ 「いや、そっちじゃなくて・・・」
タマ 「え!いや、だって、そこ、わざと開けてあるのかと思って・・・」
tn&メメ 「いや、わざとだから・・・あなたのためだから…」
タマ 「あ・・・」

といって、tnと私の間に座りなおす。

その後呼ばれ、食事をし、帰路へ。

もう少しどこかへ行くか?との提案もありましたが、寒いし、タマちゃんが遠いので日曜ですし、解散することに。


後半から、けっこうチョロチョロと、携帯を教えあうように、そっち方向に話を持っていったのですが、結局最後までそんな話は出ず・・・。

私は駅で彼らを見送り帰宅しました。


翌日、2人から報告を受け、あの後、帰りの電車の中で交換したと・・・へぇ、やれやれ。

私は、会わせるだけ会わせましたので、あとは2人で勝手にやってくんさい。
ということで、後日談、乞うご期待
どうなることやら・・・
コメント   この記事についてブログを書く
« お久しぶりね、健康診断。そ... | トップ | Hello Kitty + Dr.Copa の最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然」カテゴリの最新記事