MELANCOLICO∠メランコリコ!

ゆめと心理と占いのはなし
Por donde, amor, he de ir?
 Rosalia de Castro

SNSを使う人と絶対使わない人との間にあるものってなに?

2013-07-22 16:54:30 | 日記

ここ数年であっという間にmixiを凌駕してしまったfacebook。IT世界のスピードの速さを実感したmixiユーザーは多いと思う。ただ、機能に違いがあることや、アドレス帳をサーバーに抜き取って、「この人あなたの友達では?」ってうざく聞いてくるfacebookのやり方が生理的に受け入れられないという人も少なくなく、今も、少なくなってしまった友達とシコシコとつぶやき合っているmixiユーザーは少なくない。

mixiやfacebookの持つ独特の機能はそれなりに一長一短である。facebookの名前や学歴、出身、会社などをしつこく公開させようとする機能は、ときとして会いたかったけど久しく会えなかった友人の名前をモニタに登場させてくれたり、mixiの「大きなお世話」であるあしあと機能は、ときとしてささやかなメッセージ機能となることもある。facebookのイイネは第三者にまでイイネが飛んで行ってしまう怖さがある。

先日、「facebookやる人の気がしれない」と言い続けていた男が、突然、友達申請してきた。以前、「使い方で情報収集にもなるし、メール替わりにもなるよ」って勧めたとき、「・・・」と無視した男だったが、海外旅行に行くことになった新しい彼女が「旅先で毎日書きこむから読んでくれる?」って言ったらしく、突然やり始めたようだ。あれからしばらくたつけど、彼の書き込みはゼロで、彼のページに行っても、個人の必須データ以外はほとんど空白のfacebookだった。たぶん、彼女と別れたらもう開くことはないんだろうなって感じた。

もちろん、IT関連に限らず、物事をやるやらないは本人の勝手であって、ぼくが強制するつもりはまったくないけど、世の中にこれだけのユーザーが増殖したら、好奇心がうまれないのだろうか。そして、少なからず生活や仕事や友人関係で役に立つものであれば、自分なりの役立て方を見つけて行くものではないか。旅立った女の書き込みをチェックするだけの役割しかfacebookに見つけられない人の精神構造が不思議に感じられてしまった。

大きなお世話だし、批判するつもりもないけど、ファクス、携帯emailあたりで止まってしまっている人たちと話しているとときどき次の言葉が見つからなくなることがある。彼らは今の生活に大満足なので新しいことなんて不必要なのか、新しいツールが単に苦手なのか・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 凝集化とデセントラリゼーション | トップ | Shall we dance? or shall we... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2015-05-25 06:51:16
私からすればSNSをビジネス目的以外でやる人の神経を疑いますけどね。
SNSの真の目的は一般大衆の個人情報を取得して金儲けすることだって知ってます?
犯罪に利用されるリスクもあるのに、なにが楽しくて自分のプライベートをさらけださなきゃならないんですか。
Unknown (nankuru)
2015-05-25 13:20:20
こんにちは。コメントありがとうございます。
SNSのサーバー機能を思うと実に怖いものがありますね。その辺はまったく同感です。でも、いろいろなSNSでいろいろなメディアや企業、団体、公共機関などを登録しておくと、自分の都合のいい時間に、見逃しがちなニュースを閲覧できるのは魅力です。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事