MELANCOLICO∠メランコリコ!

ゆめと心理と占いのはなし
Por donde, amor, he de ir?
 Rosalia de Castro

組を抜けられない私

2018-04-09 15:38:02 | PSYCHOLOGY2
なぜか暴力団組員になっている。暴力団事務所らしい雰囲気はないのだけど、狭くて暗い部屋にいて、35歳くらいの普通のサラリーマンのような男性に数万円のお金の取り立てに行くよう命じられる。ぼくは教えられた住所まで行くけど、相手をうまく見つけられずに、「いなかった」と言って手ぶらで戻ってくる。男はどなるでもなく、書類をめくって、また別の借入人のところに行くよう言ってくる。 それを何回か繰り返して、結局何 . . . 本文を読む
コメント

スペインは水浸し

2018-04-06 03:51:35 | PSYCHOLOGY2
スペインのピソを借りているみたいだけど、眠っているとへんなコツコツというかたい音がして目覚めた。部屋は真っ暗だった。電気をつけようと、まずスマホの電源を入れて懐中電灯代わりに足元を照らしてドアのほうへ歩いていくけど、なぜか直径数十センチほどの水たまりが床にいくつもあって、天井を照らすと水滴があちこちで垂れ下がっていた。よくわからないまま、部屋のそとに出ようとするけど、最後のドアが開かない。尿意があ . . . 本文を読む
コメント

競馬場まで到着できない夢

2017-08-26 11:12:54 | PSYCHOLOGY2
ゆめのよくあるタイプは人によって異なるのか。ぼくは到達できないゆめ、乗り物に乗り遅れるゆめが多い。そして見始めると、そのバリエーションが延々と続き、「そうだよね、だからこんなゆめみるんだよね」って何度かその意味を反芻するとそのゆめは見なくなるというか、記憶に残らなくなる。 ジムのAさんがぼくと仲間何人かを自宅近くの競馬場に招待してくれた。前日にどこかに集まってAさんの計画を聞いている。和室だ。そ . . . 本文を読む
コメント

白い人の娘

2017-03-31 13:41:10 | PSYCHOLOGY2
最近、眠りが浅いのか、夢を見ること(覚えていること)が多い。昨夜はちょっとサスペンスタッチの夢を見た。ぼくは旅の途中なのか、自分の身の回りのものが何もないまま、ある金髪の外国人女性の大きな家に滞在している。外観は見えないのだけど彼女は大金持ちで家も豪邸だと認識している。 彼女には娘がいて、その娘がほかの街から久しぶりに帰ってきた。中学生くらいだ。別れた父親の家からの帰宅みたいだったけど、よくはわ . . . 本文を読む
コメント

瞑想する小さな外国人

2017-03-13 13:47:56 | PSYCHOLOGY2
かつて母が住んでいた庭つき一戸建ての家で目覚めた。母の家でないような気もするけど、母は外出しているってわかっていて、キッチンで何かを食べようとしている。 テーブルの横で薄紫色のヨガマットを広げられ、そこに人形のようなものがおいてあった。人形の前には半分水が入ったコップが置いてあって、人形はほぼコップサイズだった。前のめりになって顔を近づけると人形は人だった。白のランニングシャツを着て白い短パンを . . . 本文を読む
コメント