JUSTQUEST -BLOG-

QUEST & KASHIWAX & STUPID

Global Heat: Britain sees longest heatwave in 42 years, deadly heat in Japan and Arctic forest fires

2018-08-12 | LIFE
Global Heat: Britain sees longest heatwave in 42 years, deadly heat in Japan and Arctic forest fires

genetically modified organism

2018-08-11 | LIFE
遺伝子組換技術は厳しくなる地球環境において人類の生命線とも言える

農作物の生産性に大きく影響を及ぼす。

そこにどのようなリスクが生じるのか?という不安が付いて回りますが

少なくとも「これはゲノム編集してあります」という情報は必須。

それが「一部切り取り」という編集に関しては「組換えではない」という

発表を環境省が行った。完全にアメリカの足並みに合わせた流れ。

いわゆるバイオセーフティが問題視されはじめて、カルタヘナ法が

2004年に施行されましたが、一番怖いのは「対象外」という逃げ道。

次回の検討会は8月20日 http://www.env.go.jp/press/105793.html

「無駄に不安を煽る」とか言われてソォ~っと進められそうですが

情報が溢れる時代だからこそ、自分でアンテナを調整して大切なことを

「知りませんでした」とならないように注意したい。




いよいよ始まった 第100回全国高校野球選手権記念大会

2018-08-05 | LIFE
3校のダンス部が共演(同志社香里高校、大阪府立今宮高校、大阪府立登美丘高校) 第100回全国高校野球選手権記念大会CM&メイキング映像

クロスバカの独り言

2018-07-26 | QUEST
世界で見ればザビエとか日本で思い出せば千村格くんだとか

フィジカルが強い選手の滑りは観ていて爽快だった。

そういう強さを活かせるコース設計で、誰が見ても「速い人は速い」と

明確に強さを感じて「すげぇ!」と素直に感動できた。

そこからスピード競技には必ずついてまわるアルアル問題に突入。

ライダーと道具とコース。この3つのバランスで

ライダー > コース > 道具 ・・・初期

ライダー > 道具 > コース ・・・繁栄期

道具 > ライダー > コース ・・・混迷期

コース > 道具 > ライダー ・・・衰退期

いままさに衰退期。

じゃぁどうする?を書くと現在運営している人たちを否定するような

話しになりかねないので、飛雄馬のお姉さんのように木陰から見ています。

面白いレースが見たいねぇ・・・。





二兎を追う時代

2018-07-24 | LIFE
世界で一番価格が高い市販車はロールスロイスのスウェプテイルで

14億5000万円だそうです。「市販」の括りが曖昧ですが。

2017年に日本で一番売れた車はホンダのN-BOXで 21万8,478台。

モデルによって価格差がありますが、だいたい1台150万円くらいとして

ザックリですが、スウェップテイル 1台 = N-BOX 1000台くらい。

どっちが正しいとかでなく、現実として「どっちもニーズがある」わけです。

私の周りには残念ながらスウェップテイルを買った人や購入予定の友人は

いませんが、このくらいの価格のものを買う人は価格交渉なんてしないでしょう。

下手をすれば価格さえまともに聞かずに「ビル一棟くらいですよ」「あ、そう」

でサインみたいな世界な気がします。

逆に150万くらいの価格では「あのオプションを付けて」「で、いくらマケル?」

といった交渉の末に「端数を切って!違うもう1ケタ上!」なんて戦いを繰り広げる。

そして最後は母ちゃんのゴー・サインが決定打となります。

まぁ、これが凡人の幸せな日々です。私もコッチ側の人間です。




車を例に出すと極端過ぎる話に感じますが、スマホのイヤフォンは100均のものもあれば

10万円近いものまであります。車の話と同じ約1000倍の価格差です。

こうなると話がグッと現実的になりますね。「いくらまでなら払う?」

いろいろ使ってきた経験がある人は「3万超えると別世界」という壁があるかも知れませんし

100均は不安だから1000円くらいのものを買ってみようという感覚もあるかも知れない。

ただしイヤフォンの販売数は価格差の1000倍よりも実売数の差のほうが大きいでしょう。




いまの世の中、こういう「極端な差」が顕著に見られるようになってきました。

これからの時代は同じようなモノでもカテゴリーの詳細分けが進むと思います。

それが単純に「価格」なのか、そこにプラスアルファの補足が加えられるのかは

それぞれの分野によって異なるでしょう。

「売り方」が変わってくる。ポイントでお得感なんて時代はあと数年かな?














山は見上げるもの

2018-07-16 | LIFE
山頂からの眺めよりも、山頂を見上げて崇拝するほうが好きです。

って言ってるのに・・・。

日光白根山。キツかったぁ・・・。

















ポカリスエットCM|「ポカリガチダンスFES」篇 60秒

2018-07-13 | LIFE
ポカリスエットCM|「ポカリガチダンスFES」篇 60秒

大雨

2018-07-08 | LIFE
どんなに「早めの避難を!」と呼びかけても、なかなか危機感を感じない。

山が崩れてくるなんて思いませんし、堤防決壊なんて「まぁ大丈夫でしょ」

って楽観視したくなりますし、車を乗り捨てて逃げるなんて映画の世界。

それが人の世だ、というところまで達観して良いものかどうかは

私ごときでは判断しかねますが、少なくとも身内や友人は無事でいて欲しいと願う。

京都市内に居る娘に「大丈夫か?」と連絡したら「バイト中」と普段のまま。

京都の北に居る義母に連絡したら「うちの上の川が氾濫しててなぁ、避難所は

その向こうだから、よぉ行かんわぁ」とノンビリ口調。

九州北部から四国、中国地方と広範囲での被害が出ており、友人各位に

「大丈夫?」と聞いて「ダメ」と言われても救助に行く術がないので

心の中で無事を祈っております。

ここ小山は車で5分走れば茨城県、30分走れば埼玉県という場所ですが

数年前の水害の際に、車に取り残されて水没した方が国道4号線の側道から

119に電話したら小山の管轄に繋がって「全員出払っていて救助に時間がかかる」

と言われたので、結城(茨城)の消防の電話番号を調べて電話したら、すぐに

救助に来てくれたということがありました。なかなか冷静な判断でした。

災害の経験は次の機会の人助けになります。情報を大切に。

人工「クモの糸」

2018-07-07 | LIFE
山形県鶴岡市に拠点を置く慶應義塾大学先端生命科学研究所発のベンチャー企業

スパイバー社が人工「クモの糸」の生産に成功し注目を集めている。

2015年には複数企業との協業により量産化を開始。

タンパク質から作られ、高剛性、耐熱、伸縮性と無限の可能性を秘めた夢の繊維。

人工クモ糸は「不可能」と言われ続けて来たもので、理科の先生の

「生き物ってスゴイだろ?」のアルアル話しの代表格でした。

人工タンパク質から生成というのが肝で、これこそが21世紀の新技術。

ドラエもん級の価値があるわけですが、どう守っていくか?も大切なところ。

間違いなく世界の軍事産業が欲しがりますからスゴ過ぎるが故に危うさも感じる。

アメリカのボルトスレッズ社の動向には注視が必要。

人工クモ糸は30年後には誰もが知る素材になっているでしょうね。










KWX-ZERO

2018-07-05 | Kashiwax
こだわりの作業を行いたい方にマニアックなアイテムを発売します。

QUEST TUNEでは数年前から使用していた「サンディング・リキッド」。

商品名:KWX-ZERO

販売価格:2600円(税別)

オフシーズンにご自身でオーバーホールされる方に、今までとは

一味違うレベルの仕上がりにするためのアイテムです。


使用方法:①滑走面全体に塗り伸ばします。

液体なので滑走面に少量を垂らして、ティッシュなどで伸ばし

量が足らなかったら少しずつ垂らして滑走面全体に伸ばします。


②コンディショニングペーパー(アラメ)で研磨します。

数回擦ってペーパーを見ればわかりますが、ほぼ目詰まりしません。

最初は透明だったZEROが滑走面の色になってきます。研磨した粉が混じる。

専用パッドを使用することで研磨作業による歪みなどがほぼ発生しません。

続けて(ナカメ)で作業を行います。


③滑走面の表面のZEROをキレイに拭き取ります。

ZEROの成分でヌルヌル光っていた感じが、乾いた状態に見えるまで

キッチンペーパーで拭き取ります。さらにリムーバーを使用して

カサカサのドライな状態になるまで拭き取ります。

★ZEROは密度をKWX-123とケンカしないように作ってありますが、

ZEROが滑走面に残ったまま作業をするとKWX-123が柔かくなってしまうので

できるだけキレイに拭き取ってください。


④通常のワクシング作業を開始。

推奨:KWX-1 →ホソメ(ドライ)→ KWX-2 → 仕上げ(ドライ)→ KWX-3

コンディションの部分差が安定しない場合はKWX-4を単体で使用してください。






優れた滑走性能を生むためには「新しい滑走面を出す」というのが大切ですが、

研磨する際に発生する研磨カスが滑走面にも目詰まりを起こし、それがワックス

の浸透の邪魔になります。

このカスを滑走面に残さない役割をするのがZEROです。

滑走面は目視ではわかりづらいのですが素材の「部分差」があります。

良くも悪くもZEROを使用すると、その差がよ~くわかるようになります。

今までは見えないから「気づかない」だけでしたが、見えるようになると

ちょっと不安になるかも知れませんので、部分差が見えるようになっても慌てずに

ゼロからベースメイクを行って、育ててあげましょう。


ZEROを使用したペーパーはZEROが染み込みますので専用にされることをオススメしますが

ドライでも使用したい場合は薄めた中性洗剤に浸して乾かせば元に戻ります。



KWX-ZERO 通販はコチラ

合わせて「ペーパー」「専用パッド」も是非。