メルフのものづくり-ダンボール作用点

カッティングプロッターを駆使して作るパッケージやダンボール製品の新商品開発プロセス、日々の記録(工作、娘の話題)です。

ダンボール作用点 <「しかく展」のダンボール製フレーム>

2011-01-12 10:52:16 | Weblog
しかく展」で使っていただいているダンボール製フレームをご紹介しておきます。


梱包状態です。結構厳重に、でものり止めなしの梱包です。白い帯をはめることでフタが開くのを防いでいます。だから何度でも出し入れが出来ます。


ふたを開けても、本体はまだでてきません。パットを入れて、破損防止しています。この梱包を見て、フレームのみならず梱包も含めて作品作りをしてくださった方もいらっしゃいました。


ようやくダンボール製フレームの姿が見えました。


寸法的には、外寸:300×300×20mmH 額縁の巾:25mm のサイズです。材質はE段です。


実は2枚のダンボールから出来ています。2枚で作ることで、しっかりはまり丈夫になります。


のりを使っていないので、分解して再度組み立てることも出来ます。(若干はまりが悪くなってしまいますが)


ダンボール製なのでとても軽く、また色を塗ったり穴を開けたりなどの加工が簡単に出来ます。

というようなフレームです。他のダンボール製フレームにありがちな安っぽさや弱さをなくしたフレームです。また切り口も極力見せないようにしています。ダンボール素材のやわらかさで、やさしいフレームです。寸法変更等自由です。

ダンボール製フレームについてもお気軽にお問い合わせくださいね。

----------------------------------------
 「パッケージや緩衝材の形状提案をして欲しい」
 「ぴったりサイズのパッケージや緩衝材が欲しい」
 「パッケージや緩衝材などの図面データが欲しい」
   などお聞かせ下さい。迅速丁寧に対応いたします。

 「こんなものを作ってみたい」
 「こんな形にしてみたい」
   という望みにもチャレンジします。
   パッケージ・緩衝材・POPだけでなく、
   雑貨や文具・収納用品・アイデア商品他
   なんでもお声をおかけ下さい。
--------------------------------------------
 芳川紙業株式会社 企画開発 須川栄司

 BMB参加中
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ダンボール作用点 <「しか... | トップ | ダンボール作用点 <大学生... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事