メルフのものづくり-ダンボール作用点

カッティングプロッターを駆使して作るパッケージやダンボール製品の新商品開発プロセス、日々の記録です。

ダンボール作用点 <目が血走るほど集中する案件やりまっせ!>

2020-11-20 16:06:07 | Weblog

今日も湿度が高くて、暑い。

11月半ばを過ぎて、冷房をかけたくなります。

前回のブログ以降、忙しかった!

サンプルが大詰めになってきて、微調整の嵐。

「ここをこっちでこうしてほしい」ってそんな簡単にできるかよ!という案件です(笑)。

他人の設計いじるの大変だし。

営業ともどもくたくたになりながら進めました。

 

その間に、カラーコピー機の調子が悪くなって点検修理をお願いしたら、まさかの2Days!

もう14年目だったかな?老体に鞭打ってるので、仕方ないですが。

さらに今日は、CADソフトが立ち上がらなくなって、焦る。焦る。

ライセンスがおかしくなってたようで、リモートで直してもらいました。あっという間でした。

便利になったものです。

 

忙しくても、時間には間に合わせます。

今回の案件は、東京送りで時間がシビアだったりしたのですが、遅れることなくお送りできました。

修正でも、簡単なものから超難しいものまでいろいろあります。

それにかかる時間を読み違えてしまうと、大変なことになってしまいます。

頭をフルに働かせて、大胆にかつ慎重に修正していきます。

目の前にある修正はもちろんですが、そのまわりで追随して影響を受ける箇所やを見抜いて、そこから必要な修正の判断もしていきます。

時間をかけりゃいいということではなくて、短時間でやってしまう方が取りこぼしがないように思います。

なので、集中してる時は目が血走ってるかも(笑)。

集中してるときは、声かけんな!(笑)です。

さぁ、あなたもそんな集中させてしまうような依頼をしてみませんか?

でわでわ。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダンボール作用点 <部屋が... | トップ | ダンボール作用点 <カッテ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事