メルフのものづくり-ダンボール作用点

カッティングプロッターを駆使して作るパッケージやダンボール製品の新商品開発プロセス、日々の記録です。

ダンボ―ル作用点 <箱集めを再開したら、ドンピシャな箱に出くわす!>

2021-01-21 10:39:02 | Weblog

窓際はあたたかです。

 

怒涛のサンプル作製も一息つけそうです。

水面から顔出して呼吸する金魚のようです(笑)。

 

以前作った什器の寸法修正をしたのですが、その時見えてなかったアラが見つかり、せっせと修正しながら新しいサンプルを作りました。

なんでその時分らなかったのか?というところもあったりして、反省です。

このタイプの什器です。正面から見ると普通の什器ですが、実はとてもすごい(本人が感じてるだけかもしれませんが・笑)什器なのですよ!

 

パッケージのサンプルを作ってる時に、細部をどう処理したらええのかな?と営業と悩んでいた時、家に帰るとドンピシャな箱がありました。

その日のおやつが入ってた箱なんですが(笑)。

大きさ的にもドンピシャで、その細部の処理の仕方もよくわかって、偶然とはいえテンションが上がりました。

実は少し前からサンプルになるような箱を再び広く集めだしたところでした。

箱ってよく見かけるんですが、それぞれ個性があって微妙に違ってたり新しいことにであったり、奥が深いです。

出会いを大切に、たくさん集めて勉強していきたいです。

面白い箱があったら教えてくださいませ。

 

でわでわ。

コメント   この記事についてブログを書く
« ダンボール作用点 <先週は... | トップ | ダンボール作用点 <もう1月... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事