メルフのものづくり-ダンボール作用点

カッティングプロッターを駆使して作るパッケージやダンボール製品の新商品開発プロセス、日々の記録です。

ダンボール作用点 <ダンボールを活かして、掲示のグレードアップを!>

2021-04-05 10:04:09 | Weblog

雨が降ってから、部屋の中は少しさむめ。

エアリズムなんて来てると余計に冷える感じがする(笑)。

 

もう一つのブログで、【事例紹介】しています。

よろしければどうぞ。

 

昨日は病院に行ってきて、その後にショッピングセンターに寄ってきました。

で思ったこと。

「レジはこちら」だの「アルコール消毒よろしく」だのの注意書きがよく貼られていました。

「レジはこちら」なんて必要あるんかいなと思ったりしたのですが、コピー用紙にプリンター出力したものをセロハンテープなどで貼り付けているのが目について、店内のイメージが悪くなり残念な気持になりました。

なんか安っぽい!のです。

一時話題になったセブンイレブンのコーヒーマシンを思い出しました。

お店の雰囲気に合ったものを、もう少し手間暇かけて作って掲示すればいいと思ったのでした。

 

コピー用紙を使っているのが、大きな問題と思っています。

便利だけどね。

じゃ何を使えばいいということですが、ダンボール屋はダンボールをお勧めします(笑)。

ダンボールでも、薄手のダンボールです。特に色のついたものがいいです。

そこに文字やイラストを描いたりできますし、出力したコピー用紙をダンボールに貼ってもきれいにできます。

カッティングプロッタを持ってるところに、切り文字を依頼したら、きれいにカットしてもらえるので、それを使うと立体感もあって一層引き立ちます。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/50/05/a6bd047fb4aa2d527661e6477a181838.jpg?196898

最近はレーサカッターを個人で持ってる人もいるので、カットしてもらうこともできますね。

 

ダンボールで切り文字すると、文字自体使えますし、その周りの部分も使えて有効活用できますよ。

 

上の画像は大掛かりなものですが、もっと簡単に切文字を生かしたり、掲示のグレードアップができます。

お気軽にご相談ください。

 

でわでわ。

コメント   この記事についてブログを書く
« ダンボール作用点 <既知の... | トップ | ダンボール作用点 <少しず... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事