雪わり草の咲くころ 

好きな空間 劇場の開幕ベルの鳴る時


     
  
   

神経痛その後@@@

2012-12-25 13:35:56 | ke&yeのざわめきDiary
12月に入ってから神経痛はほとんど消えてくれた。
整形外科のリハビリも必要なさそうなので予約もキャンセル。
自分でできる範囲のことをしているが、ぶり返さないので安心の正月を迎えられそうだ。
歩きも結構スムーズにできる。
少々前の人を追い越せるようになった。でも若い人たちにはかなわないわね。

クリスマス 我が家は関係なさそうだけれど、
Keちゃん ケーキを食べるの巻 だね今日ときのうは。
夕べはついでにローストチキンも食べちゃった。二人で。なし。もう一人のひとは魚介類で

(ちょっと軟らかい ソン・スンホン 何年前かな
コメント

「白い影」 ~1942・4・14~

2012-12-07 11:15:39 | 映画 ドラマ 本 詩のことなど
~尹 東柱~
ほんとうに久しぶりに詩集を読み返している。

腰椎からくる脚の神経痛はほぼ改善してきた。
は自分では普通と感じているが、
路の自分のシャドウは、まだ少し横に揺れている。
歩きは少し進歩ちゅう
重い物を持ち上げたりしないことが今のところ鉄則だ

ということで詩などにも目が映せるよう、少し気持ちにゆとりが出てきたのかもしれない。

  黄昏が濃くなる街角で

  終日 萎えた耳をすませば

  夕闇がうつりゆく足音、


  足音を聴けるほど
  わたしは聡明だったのか。

  音もなく消える白い影、

    中略

  信念ぶかい 芯のつよい羊のように
  ひがな一日 うれいなく草でも摘もう。

          「空と風と星と詩」尹東柱全詩集 伊吹郷訳 白い影 より

 (フォト ソン・スンホン ドラマ 映画でラスト悲劇的死で終わるのが印象にあるけれど こういう異国で祖国のために死んでいく文芸的な作品にもトライして欲しいものだ。年齢的にはちょっと過ぎたけれど、充分耐えられると思う
コメント