染谷芽依の日々

アンハッピーグラウンド

群馬県高崎市

2018-07-31 08:47:24 | 日記


いまわたしはBGMが嫌がらせなんじゃないかと思うほど大きなネットカフェにいます。ねむい。さむい。昨日ライブが終わって、そのまま伴野あやめちゃんの運転でこの街に連れてきてもらった。あやめちゃんの、ステージに立っているときとはちがうやさしい横顔を眺めながらお話しした車の中の数時間を思い出しながらうとうとして、それからほかにも、いろんなこと思い出して、うとうとして、あっ今日おかあさんの誕生日だと、思い出して、歳を重ねるってどういうことですかね。倫理学の先生教えてください。連絡したら返してくれるかなぁ。今更かい。もう遅いよなぁ。

昨日新松戸FIREBIRDでライブ。ライブは大変だ。ライブはすてきだ。グッナイ小形さんガリガリになっていた。たくやくんは相変わらずガリガリだった。梅星えあさん、とても細くて胸がぺたんこだった。斎藤さんはやはりリスみたいでかわいかった。狩野さんは、昨日もひとつ歳上とは思えないくらい老けていた。びっくりすることがたくさんあった。小野さんがいた。小野さんの名前を出せば小野さんが喜んでくれると教わったのでこれからは、積極的に出していこうと思います。ライブ終わって小野さんが「やっぱり良かったです、予想通り」と言ってくれた。予想を超えていきたかったなぁと言ったら、あぁ、、と曖昧な返事をされた。いい声をしている小野さんであるが、そのトーンには抑揚がなく、目つきも終始フラットで、口元のみがささやかに笑みを浮かべている。そんな彼とたくやくんが話しているのを見て、二人の関係性を考えて、それから、たくやくんが小野さんに出会うまでと、出会ってからのことを考えると、わたしはいつも泣きそうになる。出会えてよかったよなぁと心底思う。羨ましくもあります。

昨日はグッバイ、グッナイ小形という企画で、明日から(たったの)1か月大阪に行く小形さんを見送るイベントだった。小形さんと実はあまりあった回数がなく仲が良くないのはわたしだけやと思ったら、わたしのあとに出番が続いたあやめちゃんも、えあさんも、そんな感じで、やっぱりロットンさんってすこし頭がおかしいんだなぁと思った。小形さんに対する印象は会うたびに、唄を聴くたびによくなっていてうれしい。お互い自分の道の上でなんとかやれれば、いいですよね。また会えるといいな。かなりアウェイ感がある中に新松戸の妖精YOSHIOがいてくれて、わたしはかえってそこに安心感を見出していました。久しぶりに丁寧にいろいろな説明をしながら、ちょっと控えめなトークをしているYOSHIOの演奏を見ることができた。彼やはり本物だよね。すてきだったな。

昨日もライブ中に何度か泣きそうになって、近頃は唄に呑まれそうでいけません。だけどもう少しで超えられる。3月までの自分をなんとかして超えていきたいな。


セットリスト
い、あくむのあとずっとあくむ
ろ、犬を飼っていた
は、マージナルマン
に、漣
ほ、ひとりぼっいのでいだらぼっち
へ、灰になるまで

共演:グッナイ小形/梅星えあ/YOSHIO/伴野あやめ/システム、オール、グリーン/毛皮のさえこ(大阪)/ハリー小池/KUNI




昨日、今日お世話になる高崎GUILDのミノリさんが聴きに来ていて、金髪ヤンキーになっていて感動した。初めて出会った2月からの月日を飛び越えて、あっという間に、今日になったなぁ。だからつまりそう、今日もライブです。しあわせを噛み締めて。おなかすいてきた

コメント

わかることならいくつもある

2018-07-30 10:13:43 | 日記


いつか殺そうと思っているのはたぶん、何処かの誰かみたいな括りにはいる他者ではなく、此処に在る自分自身だということが、よくわかります。わかる。わかっていることのみ、わかるんだよ。わかっているんだよ。なぁ

体調崩すところから始まった7月、もう終末ですか。はぁあ〜
コメント

人生をかけて歌う

2018-07-29 11:26:52 | 日記


現場に向かうために、乗り換えて乗り換えて、川越駅から本川越駅に向かうために歩いていたらそこではお祭りがあるようで、屋台がたくさん出ていました。わたしはこれからなむなむしに行くのに、世間は日曜でお祭り騒ぎか、熱中症の症状を訴えて何人が病院に運ばれて、何人が息をひきとるんだろ、なんだか阿呆らしいなと思って、わたしも阿呆でいようと、目をつぶってなにかにぶつかるまで、歩けなくなるまで、誰かに声をかけられるまで歩き続けようと思った。ら、開始早々ファーーーーっとものすごく大きな音で車にクラクション鳴らされてしまいました。こういうことで、ハッとする。はぁ死ななくてよかった。だって明日明後日、ライブだもん。明々後日、るんるんだもん。そのあとのことは、もうどうでもいいです。いまはね。でも本当だったら死ななくてよかったねって、わたしじゃなくて、あんたに思ってほしいよなぁ。ですね。わかります。わたしの誕生日は11月13日。自己否定を続けてきた女、自己否定をガソリンにやってきた人間、光と影を味方につけたわたし、23歳になる今年の11月13日(火)に誕生日イベントをやらせてもらいます。新松戸FIREBIRDでやります。だからそう、これからもよろしくお願いします。昨日、もしかしたらお会いしたことがあるのかもしれないけど、唄を聞いてもらっているのかもしれないけど、名前だけではどなたかわからないひとがライブ予約のメールをくれた。こういうときをずっと待っている。ね、待ってます。歌ってます。よろしくね
コメント

ロマンチックな日々に憧れて

2018-07-28 00:33:35 | 日記


ひとのことがわかる。そういうときがある。わたしの人生における語り部はわたしだけだということがよくわかる。ちょっとした閃きのようにひとのかなしみや苦労やしんどさみたいなものがこちらの心に伝わるときがある。そういうとき言葉を投げかける行動力がある自分だけは好きだと思える。そうやって日々をつないで、そうやって他者と自分とをつないできたということがよくわかる。お元気ですか。そうでなくても、なんとかやれていればいいな。生きていて。歌っていて。そしたらまた会える気がします。ロマンチックな日々に憧れて、わたしは100本の薔薇はいらないけれど、素直にまっすぐひねくれた自分を歌っているやってもーたろ!のももかちゃんの音楽をときどき思い出す。それから、あの子の唄も、あの人の唄も思い出す。心の此処の部分で鳴っている音楽が本物だよ。わたし、最近歌いたいときに歌えてないな。明日は歌いたいな。今日は心底よかったと思える話をきかせてもらった。元気もらった。心がキュンとなった。ふぅ。明日も仕事かいなぁ
コメント

なにもはじまってないのに

2018-07-26 13:53:42 | 日記


今朝は通勤中に思いがけず吐いて、わたしもしかしたらお酒飲まないほうがいいタイプの人間なのかなぁ、と思いました。お酒飲むと、よくないのかな。もしかしてそうなのかも。もしかしたらね。人生において、はじめてこっちから、何度か去っていきそうな相手を引き留めて、そんなふうにして、つなぎとめてた、けど、やっぱり逃げってったひとのおかげで、こんなわたしでも少しは強くなれたんだと思う。そう。あれは犬の唄なんかじゃなくてね。うん。うんうん。はいはいはいはい。眠れない夜との向き合い方。自分の音楽の殺し方。集客の仕方。わかんないことばっかりだよ。麻酔を太い神経に何発かぶち込んで、もうなにも感じたくない。痺れた脚をひきずって、醜態さらして、周りに迷惑をかけてまで、向かうべき場所があるんだろうか。そんなこと考えはじめてしまうと、高校生のときの自分が戻ってきたみたいな感覚になって、自殺してしまうひとの気持ちが痛いくらいにわかる。昨日ライブで一緒だった祐理さんは、17歳みたいな顔をして実はわたしと同じ1995年生まれの女でした。なんならわたしのほうが、何か月分か年下だった。おかしなことがあるもんだ。リハ終わったときに、めっちゃかっこいいです!と言ってくれて、ライブ終わったあとも、褒めてくれてうれしかったな。ともだちになりたいと言ってくれた。そうなってくると少し不安だ。まだなにも始まっていないのに、きらわれたら、かなしいなとか考える。ふぅ。もう失いたくないからこれからは、誰とも手を組みたくないよ。ふぅ。こんな唄も歌える。つかれた。8連勤からのライブからの、今日は実は働いています。祐理ちゃん。歌声がいまも耳に残っています。ここに今日いちばんの有益情報を流しますと、増子周作さんの鼻は、生まれつき下を向いていたわけではなく自分で下に向けたそうです。すごいよ。平成のボブディランに、彼が成るんだ。わたしは、いつまでもちっこい怪獣と呼ばれていたい。というか本格的に広めていこう。使ってこう。昨日は無心で歌えたな。お客さんに疲れたと言われたけど。ライブ情報をホームページで更新したら、毎ライブ予約が殺到すればいいのに。そうなれたら仕事辞めるんかなぁ。なぁ

セットリスト
い、あくむのあとずっとあくむ
ろ、河豚
は、犬を飼っていた
に、マージナルマン
ほ、漣
へ、世界の果て
と、あの女

だっけ。なに歌ったか忘れた。つかれる
コメント