染谷芽依の日々

アンハッピーグラウンド

5ヶ月ぶりの飯能で

2017-07-22 22:50:57 | 日記



こんばんは、みなさん。

本日は埼玉の飯能East Courtにてライブでした。

2/17に横田惟一郎企画で歌わせてもらって以来でした、めちゃ楽しかったです。

ありがとうございました。


セットリスト
1. 自殺法考案
2. 河豚
3. 朝日
4. 灰になるまで
5. おじさん
6. 蝉が鳴いている

共演:松本裕/ジョージ北島/斉藤航/Daddy's Knack

でした。

わたしが住んでいるのは埼玉県春日部市。同じ埼玉県内なのに、飯能までは片道2時間かかる。終電も驚きの22:11。ゆっくりしたいけどそうもゆかず、そそくさと会場をあとにしました。



昼間のブログにも書いたのですが、会場に向かう途中、人身事故で東飯能駅の一つ前の駅で足止めをくらった。

振替輸送を行ってるバスに乗ろうと思って駅を出たが人が多くて乗れなかった。次にバスが来るのは一時間後だったから、電車が復旧するまで1時間以上待った。

オープンギリギリにお店についたが、オーナーのいくさんは快く迎え入れてくれて、リハをやらせてくれた。おかげでとっても気持ちよく歌えた。


開演前に散歩しようと思って、結構歩いて、お店に戻ろうと思ったんだけど、気がついたら東飯能駅ではなく飯能駅に向かっていて、時計を見たら18:23。開演は18:30だったから、やばい!と思ってダッシュでお店に戻った。ライブ前にヘトヘトになったけど、やっぱりイーストコートのお客さんはエネルギーがすごくって、そんな会場にいたらわたしもすぐに元気になった。

2月にイーストコートに初めて連れきてくれた横田さんも聴きに来てくれた。15日にも会ったのに、なんだか久しぶりな感じがした。


4枚(少ない)持って行ったCDが全部売れた。おかげさまで電車賃が浮きました、本当にありがとうございます。

今日も、ノリが良くて、聴くときはしっかり聴いてくれるお客さんが集まっていた。こういう現場が当たり前だと思っちゃいけないな、と改めて思います。「灰になるまで」を歌っているときに自然と手拍子が起こった。「おじさん」のウケが非常によくて、笑いが起こって、わたしまで笑ってしまって上手に歌えなかった。嬉しいひと時をありがとうございました。もっと頑張ろうって思います。

2月に歌ったときに聴いてくれて、CDを買ってくれた方がわたしの出番には間に合わなかったのだけれどライブを観にいらしていた。わたしは結構記憶力が良くていろいろなことを引くほど覚えていて、彼のことも覚えていたからまた会えたことが嬉しかった。




今日は何より共演の松本裕さんの唄を聴けたのが最高でした。今日のイベントの詳細をみて、裕さんの名前が入っているのを目にして思わず叫んだくらいには彼のステージに憧れている。

裕さんの演奏のおかげで、今日のイベントにしっかりとメリハリがついたように感じた。奥様にも去年の11月ぶりに会うことができて嬉しかった。

わたしも誰かと夫婦になるのなら、あんな夫婦になりたいな。いや、どんな夫婦か詳しいことは何も知らないのだけど。でもなんだか、ああこの人たちは一緒になるべくして出会ったんだな、と思わされる人たち。素敵なんだよなぁ。純粋に、羨ましいです。自分は結婚願望ないと思いきや、ちょっと結婚したくなりました。


また9/23にイーストコートで歌わせてもらいます。来週の7/28もお客として行っちゃいます。出演2回目にして、すごくすごく好きな場所になった。繋げてくれた横田さんに改めて感謝です。


イーストコートのいくさんありがとうございました。お聴きくださったみなさまどうもありがとうございました。


またお会いできますよう。


お疲れ様でした。

ありがとうございました。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 異文化理解 | トップ | 花の火と火の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿