染谷芽依の日々

アンハッピーグラウンド

新松戸唄酒場

2017-06-09 15:24:18 | 日記


こんにちは、みなさん。


昨夜眠すぎてライブ終わって終電に乗り込んで乗り換え済まして座ったら眠すぎて最寄駅乗り過ごしちゃった染谷がお送りします。

でも昨日はちゃんと家に帰って服脱いだ後速攻お風呂はいって身を清めてベッドで眠れたからも〜うすっかり元気!



元気で居られるって素晴らしいですねぇ本当に素敵なことですね。


そうそう昨日はお馴染みすぎて埼玉県民だけど千葉の人なのかなと思われてしまいそうなくらい出させてもらっている新松戸FIREBIRDでライブでした。弾き語りイベント、新松戸唄酒場。

セットリスト
1. ナイフ
2. 僕の全て
3. 自殺法考案
4. 河豚
5. 灰になるまで
6. あの夏

共演:太田圭二郎/宮田崇寿/いおかゆうみ/高橋諒/Haruka

でした。


個人的にちょっと久しぶりな共演だった太田さんと宮田さんと、一昨年の10/11、新松戸FIREBIRD出演2度目にして2マンライブをさせてもらって以来の共演だった高橋さんのライブを観れたことが嬉しかった。

特に、太田さんとはわりと多めに共演させてもらってるのだけど昨日は今まででいちばんたくさん話して笑いあった気がします。

というか太田さんが徐々に心開いてくれてる感じでしたね、回数を重ねるって素晴らしいですね。



いおかさんとHarukaさん、わたしのめちゃ好きな女性アーティスト。

ふたりともわたしからすればお姉さんって感じだけど、昨日ふたりが並んでいるのを見て、全然違うふたりよねぇとしみじみ感じた。

いつかいおかさんのワンマンライブを観たいと感じた昨日。いおかさんが持ち時間の中で唄を重ねていくに連れていおかさんの世界に引き込まれていく感覚が素晴らしすぎた。おなじ30分なのに、すごく濃いんだよなぁ。指で弦をはじく一回一回、言葉のひとつひとつ、丁寧に紡いでいるからこそこちらにそう感じさせるのだろう。いおかさんのステージは、わたしのひとつの目指すところであります。

お店の事務所に置いてあったご自由にどうぞのおやつコーナーの中に見つけたフエラムネを一緒にフーフーして遊んだ。スタッフのしょうへいさんも一緒に。いおかさんはしゃいでておもしろかった。それを見てわたしもはしゃいでたな。


Harukaさんは、ステージ降りてる時は気さくすぎてああいう素敵な唄を歌う人だと思ういうことを忘れてしまいそうになるくらい。わたしが歌い終わって、Harukaさんが歌い出して、一瞬で会場が満たされたような感じがした。とくに、明日もし君に会えたらという唄は共演するたびに聴かせてもらっているのだけど、何度聴いても、まったく新しい気持ちで感動させられます。


去年の10月に高円寺Reefで共演させてもらった時にあった出来事のお話をして、わたしの知らんとこでちょっとしたゴタゴタあったのだけどそれに関して味方してくれてたみたいですごく嬉しかったな。実際その日ステージに立って歌っていた時も、Harukaさんがかけてくれた言葉がすごく力になったことを思い出した。

やっぱり再会って嬉しいですね。



そんなふたりとはまた新松戸で共演の予定をもらっています。7/17(月)Harukaさんとわたしと、あともう2組の男性アーティストさんとで昼間に長尺4マンライブをします。いおかさんとは8/22(火)に共演予定。


聴きに来てくれた人たちともお話できてよかったです。昨日のように何処かうまくいかない時もあるのだけど、聴いてもらえてよかったです。いつまでも不甲斐ない演奏してて本当ごめんなさい。

ごめんなさいと思うから、もっと頑張ります。





音楽をやりたくてやっていて、音楽通して関わり合える人間同士なら、音楽で分かち合いたいし、音楽で認め合いたいし、音楽で勝負したい、と最近は強く思います。

わたしが大学生だとか2時間かけて大学通ってるだとかバイトしてるだとか就職活動中だとか女だとか21歳だとか、そういうの、ステージの上では関係ないじゃない。

わたしがわたしとしてステージに立つことは大事なことだなと思うのだけど、背負っている肩書きに縛られたくないから、というか、そういう肩書きを抜きにして相手と関わっていたいから音楽やってるし、音楽はそれを叶える力を持ってるからみんなやり続けてるんじゃないのかなと思うのだけど。


自分の境遇を言い訳にして不貞腐れるくらいならやめちゃえと思う。

仕事やりながら音楽してる人もたくさんいるし、音楽やるためにバイトをしてる人もたくさんいる。みんな自分の音楽を守るために選択した道で踏ん張っている中で、なにか出来ないことの言い訳してるのって格好悪いじゃないか。



ふん!

わたしはわたしで頑張ります。
というお話でした。





ふんふん。

ライブって最高やな。ちくしょう〜

もっと頑張ります。



ありがとうございました。


生き残ったミノムシ先輩。




お客さんが撮ってくれた写真。ねむそうですね


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 花男「暮らし」ツアー北越谷篇 | トップ | アー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿