染谷芽依の日々

アンハッピーグラウンド

誰も知らない

2018-09-21 03:12:11 | 日記


真夜中染谷芽依のコーナーです。こわい夢で起きるダサい女、今日も疲れました。



当人にとっては絶望の打ち明け話かもしれなくても、打ち明けられる側からしてみれば、話してくれてありがとうって思うことはけっこうたくさんある。だから、話してくれてありがとう。

人間誰しも、なにかしらの発達障害を抱えているものだ。わたしは大学通うのに、大学の最寄りからのルートをなかなか覚えられなくて、1週間はナビを使って往復していた。キャンパスに立つ建物も、どれがどれだか覚えられなくて、一号館はこれ、二号館はこれ、三号館はこれと、ひとりで判断できるようになるのに、2年かかった。人混みの中でめまいが起き、思わず吐いたこともあった。死ぬことを怖いと思えない。大切なひとが死んでも泣けない。そのくせ自分のために、わけもわからず、めそめそ泣くことがある。馬鹿みたいだわ。

だけどこんな自分とも、生きているうちはちゃんと向き合っていないといけない。自分と向き合うことができているうちは、何があっても大丈夫な気がします。だってそれができていれば、周りのひととも、自分の置かれた環境に舞い込んでくる出来事とも、向き合うことができるはずだから。

どれだけ時間を共有しても心の底からわかり合うことは一生無理、みんなそうか、そんなもんか、3月3日のワンマンでお客さんがたのまえでそうつぶやいたわたしの頭を撫でてやってほしいね。わかり合うなんて無理だから、向き合っていたいよねって、だからこれからもよろしくねって思うよネ〜〜〜〜〜〜



わたしにはずっと居場所があって、そこに居るあいだはいろんなひとがそこを訪れては去っていく現象が、起きていたのだけど、そこを離れたらわたし、よりたくさんのものに会うことができた。愛とか夢とかも見つけた。だけど、孤独な自分が浮き彫りになって、かえってさみしさを煽るようなかたちで、もうこころも疲れてしまうから帰ろうって、最近また、帰ってきて、そしたらやっぱりいろんなひとが訪れてくる。きっともう少ししたらみんな去っていく。そういうひとたちを引き留めもしないし追いかけたりもしない。きっとできない。さみしいけどそういうもんだ。最終列車が行ったあとでも、わたしは此処で待ってるわって、いちばんあたらしい唄の中で歌ってます。なにを待ちたいのか、もはやわからないのだけれど、待つことは、履歴書にかきたいくらい得意です。わんわん


わしは此処に居るでよ〜〜



ありがとうございました。



かえるぴょんぐみ
コメント

たとえば

2018-09-18 23:53:41 | 日記


相手を知るために、わたしを知ってもらうために、本当の意味でつながるために、10分、直接向かい合って会話するのと、100通、画面越しの文面でやりとりするのと、

どちらが近道なんだろなぁ



染谷選手、誰かを信じて、誰かを必要としたら、あんた痛い目見るんじゃないの。そんなのもうごめんじゃないの。へえへえ、仕事して、ご飯食べて、音楽やれればそれでもう、いいんじゃないの〜〜〜って、なぁ

十分すぎるよアラレちゃん。



し‐あわせ〔‐あはせ〕
【幸せ/仕合(わ)せ/×倖せ】

1.運がよいこと。また、そのさま。幸福。幸運。

2.めぐり合わせ。運命。「―が悪い」

3.運がよくなること。うまい具合にいくこと。

4.物事のやり方。また、事の次第。





かえるぴょんかわいい





こちらぜひ来てほしいです。あと22席も残ってます


この顔面の右あるいは左半分が損壊してしまっても、なお与えられ続ける愛だけが本物だと思いました。それはつまり闇。本音を建前で濁して濁して濁して濁して濁しきった果てに、一体全体なにが残るというのかい。目と目で通じあうまえに、心で通じあわないといけません。あほくさ


今夜はうまく眠るのよ、世界でたったひとりのそめやちゃん。おやすみ
コメント

アラレちゃん、色気づいちゃってなぁ

2018-09-17 19:23:11 | 日記




なんだこいつ



こんはんは〜

全編染谷芽依のコーナーがやってまいりました。



最近ぜんぜんホームページ更新できていません。染谷芽依の日々というこちらのブログで10月のライブ予定まで公開してるのでみんな、どうぞよろしく見てやってください。ナ〜〜




とどのつまり食べたものを吐いてしまったり胃が痛くなってしまったり夜眠れなかったりという諸症状は、すべてこころの病であるとあの歴史に名高いルーズベルト大統領が言っていました。ヒトラーはあの悲劇の黒幕、悪の帝王、無慈悲な独裁者でしかないと思っているひともいるかもしれないけど、あのひときっとカリスマ性に満ちたひとだったんだ。真っ先に目に見えた、鼻についたわるい情報だけ鵜呑みにしてそのひとの人間性をきめつけるのは簡単なことですが、

ですが。まあいいや



健康診断の問診のときに担当してくれたやさしい女医さんに、いま抱えている体調不良のことを素直につたえたら心療内科をすすめられて、んなアホな〜と思いつつ自分の胸に手を当てて、それからというもの深呼吸を意識的に繰り返すようになった。つまりいま現在もっともきているマイブームは深呼吸です。こころ落ち着くしおすすめ。ハイハ〜イ

最近は、過去に体験した出来事の渦中にまた立たされている感覚に陥ることがよくある。それはこまったもので、きまって怖いと感じた出来事、胸がぎゅうっとしめつけられた出来事、時計の針が止まってしまうほどにつらい出来事、だからつまり総じていやなことで、あ〜やっぱり胸が痛いわ。それで、わっ!と思わず声を出してしまったり、泣いてしまったり、やはり、吐いてしまったりして、それでも時間は進んでいっているし、やらなくちゃいけないことはやらなくちゃいけないし。たいへんです。たいしたことなくても病気は病気だわ。本当は納棺師なんてやれる器じゃないんだ。だってわたしには誰のことも救えません。というか本当に本当の本当は、自分が救われたいだけだったや。くそったれ〜


明日になったら買ってもいない宝くじが2億当たって借金ぜんぶ返済できますように。そしたらみんなしあわせになれるように願う。そしてそれが叶ったなら、自殺者がゼロになるように祈ります。なむなむ



かえるちゃん


地味なブラをつける姪っ子



めがねをかけているわたしのことをアラレちゃんと呼ぶ業者さんに、コンタクトレンズをつけて顔を出したら「アラレちゃんがアラレちゃんじゃない!色気づいちゃって〜」とびっくりされてしまいました。でも、入社したてのころはずっとコンタクトレンズだったんだけどなぁ。そめを

アラレちゃん、今日は先輩に褒められてすこしうれしい気持ちだ。しょうもない人生やけど明日もがんばろう。ふぅ



お元気ですか。日々は重たくのしかかってやいませんか。わたしはぼちぼち。最近は、いくつかひとと会う約束をしてみました。いままで約束というものを、してはやぶるの繰り返しだったこともあったけれど、約束は、まもるものだと本当はよくわかっています。またこんどと保留にしているメールのことや、またいつかと手を振った朝焼けのこと、終電のホームのお別れのこと、忘れたくても、忘れられないくらいですから。


はぁ。

かわいい女になりて〜




真面目キャラやったのに、この写真が出回って本性ダダ漏れな最近です。アウト〜〜



ありがとうございました。

コメント

「きやすめおくすり」

2018-09-09 06:32:36 | 日記

ぼくのこころの病なんて
きっとたいしたことはない
息とまるまでこの首を絞めてと
すがったあの日は棺桶のなか

ああなんだかやりきれない
そんなことばかりで疲れるわ
心の底から誰かのことを
信じてみたいよなぁ

アイラブユーとかわけのわからない
記号をつらねてみましょうか
殴りつけた自分の顔が
ふくれてただれて色を変えてく

最後のプロポーズ宵闇の
とんだロマンチストだあきれるわ
ぼくのこころの病のこと
気づいて逃げるように離れてった

ああやっぱり耐えられない
金はいくらあっても足りないし
心の底から誰かのことを
想ってみたいよなぁ

最終列車が行ったあとでも
わたしは此処で待ってるわ
手のひらを朝日に透かしてみたら
流れる血がすでに汚ないや

アイラブユーとかわけのわからない
記号をつらねてみましょうよ
そうしていつか意味を理解したら
自分を殴るのはやめにしよう

ぼくのこころの病なんて
きっとたいしたことはない
息絶えるまで生き抜ける程度の
苦しみ大事に抱えたまんま
手に入れたしあわせを膨らまして
麻酔のようにぶち込むのさ
こころの中へとぶち込むのさ




今朝会ったかえるぴょん
コメント

「終点」

2018-09-08 21:47:12 | 日記


明日死ぬまえにあんたに逢いたいよ
だけどあの有名な感情線も
ついに廃線に追い込まれたって
だったらもうこの際もう
明日死ぬまで歩くわ
明日になっても知らないふりして
足が壊れるまで歩くわ

今日はほらいまのところ
ちゃんと生きてるし意識もあるから
なんかよくわからんけど
かなしくなるし涙もでるよ
あと24時間以内に
あんたのことを忘れないと
でないともう頭がもう
腐敗寸前の役立たずになる

あたりまえのように
仕事の制服に身を包む自分が
なんだかとてもちっぽけで
むなしくなるのはなぜかしら

くそったれ
こんなふうに涙をたどってできる跡が
いつの日かどうかどうか
僕の人生の道しるべになれ
負け犬の日々でも
吐き続ける毎日でも
一筋の確かな光を待ちわびている

これ以上なにも失わぬようにと
誰とも手を組めなくなってしまっても
ポケットの中でずっと転がし続けている
あんたのしあわせを願えるこころが
ぼくはうれしいのさ

なぁ
明日死ぬまえにあんたに逢いたいよ
だけどあの有名な感情線も
ついに廃線に追い込まれたって
だったらもうこの際もう
明日死ぬまで歩くわ
明日になっても次の明日が
迎えにくるまで歩くわ

このままひとりで歩くわ





お気に入りの場所、幡ヶ谷36°5のカウンター下
コメント