わ! かった陶芸 (明窓窯)

 作陶や技術的方法、疑問、質問など陶芸全般 
 特に電動轆轤技法、各種装飾方法、釉薬などについてお話します。

手捻り(ひねり)13 細工物2

2018-10-30 20:46:29 | 手捻り陶芸
手捻り陶芸の中に、細工物と呼ばれる分野があります。

主に人形や動物等の造形物が多いのですが、銅像などを造る際に粘土で原型を作る彫塑

(ちょうそ)もあります。

前回の続きです。

6)細工物として著名な作品として、江戸時代の野々村仁清の国宝「色絵雉香炉」」(雄)と

  重要文化財の「色絵雉香炉」(雌)一対の香炉があります。その他「色絵宝船置物」や兎

  鴨、糸巻、小槌、琴型等の香合、人形型の水滴などがあります。

  更に明治から昭和にかけて活躍した、備前焼の人間国宝の金重陶陽の獅子や鶏、みみずく

  牛、寅などの動物の香炉などがあります。又、信楽焼きの型を使った狸の置物も有名です

7) 作りたい物によって作り方も変わります。又作る数も問題になってきます。

  即ち、一個作りか型を使って複数個作るかです。いずれにしても、最初の一個は手作りに

  なります。

  掌に載る程度の小物であれば、一握りの粘土で事足ります。十分柔らかい粘土であれば

  手指を使い捻り出して形造る事も容易です。

 ① 香合の歴史

  小さな作品で代表的な作品に香合があります。香合を「こう合わせ」と呼べばお香の優劣

  を競う遊びですが、ここではお香を入れる蓋つきの器、即ち合子(ごうす)を指します

  合子は中国の戦国時代の遺跡からも銀製の物が発掘されており、化粧道具である白粉や紅

  油等が入れられていました。古い時代から漆を塗った木製も発見されていますが、焼き物

  として登場するのは、中国の唐の頃からと言われています。この頃では薬(仙薬)が収め

  られている物が多く、蓋の裏側には薬名や量などが墨書されていた様です。唐の時代の

  合子は我が国でも出土しています。

  京都の仁和寺は、904年宇多天皇が建立されました。寺内の円堂の跡地から純金、銀

  白磁、青磁製の小さな合子が出土しました。これは地鎮具地鎮として基壇の地下に埋納さ

  れた物と思われ、中国から輸入されています。

  我が国でも平安、鎌倉時代になると経塚から数多くの国産の合子が見つかります。

  上面に草花や鳥、七宝文、小花文などが施されています。

  室町時代になると、座敷飾りとして香炉や香合、花瓶が用いられる様になります。

  この頃の香合は薬器として用いられていた様で、ほとんどが漆ぬりでした。

  更に、侘茶(わびちゃ)が隆盛を極めると、香を入れる為の陶磁器製の香合が作られる様
 
  になります。安土桃山時代以降、東南アジア産の小さな蓋つきの器も香合として使われる

  様になります。江戸時代になると数多くの香合が作られ、手の中に納まる世界の中に自由

  と創意を活かした作品が、各地の窯元でおびただしい程の数が作られます。

 ② 香合を造る。

  ⅰ) 中に入れる香料は貴重な物ですので、蓋がピッタリ納まる様に、丁寧に作ら無けれ

   ばなりません。勿論、轆轤で器と蓋を別々に作り合わせる方法もありますが、多くの場

   合、一体物として作り上下に二分し、内側をくり抜く方法をとる事が多いです。

   轆轤作りよりも手捻りの作品の方が、温もりと変化があり、香合として暖かみもで易

   いです。

  ⅱ) 全体の形を造る。

   香合の形に決まりはありませんが、予め作りたい形を決めて置く必要があります。

   更に平面上に安定して置きますので、底面は平である必要があります。

   縦、横高さとも8cm下が多い様です。一般的には4~5cm程度が多いです。

   作品によっては蓋を取り除く為の摘み部を設ける場合もあり、摘みの無い蓋は蓋の側面

   を持って開閉します。

  ⅲ) 土の塊から一部を捻り出し、好みの形にします。多くの場合土を足すよりも、不必

   要部分を削り取る事が多いです。動物を模しの香合では、それらしく見える様に作り

   ます。細かい作業が必要な時には、竹ひごや独自の工具を用意する場合もあります。

   表面を綺麗に仕上げます。

  ⅳ) 上下に二分します。

   切り糸で切断します。蓋受けは内部をくり抜いてから設ける方法と、蓋受けを先に

   作ってから作る方法があります。但し実際の高さは、蓋受けを設ける事で若干低くなり

   ます。不定形の作品では内部をくり抜くのに苦労するかもしれません。

  ⅴ) 型に取る場合は、石膏を使う事が多いです。

   上下割の簡単な型から、数個に分ける割型の場合もあります。割型の場合どの様に分け

   るかも考える必要があります。取り扱いが簡単な事が大切です。

以下次回続きます。
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 手捻(ひねり)12 細工物1 | トップ | 手捻り(ひねり)14 細工物3 »

コメントを投稿

手捻り陶芸」カテゴリの最新記事