明星大学体育会自転車競技部

明星大学自転車部の現役選手のページです。

第34回全日本学生選手権個人ロードレース大会

2018年06月16日 20時01分33秒 | 田崎康平

こんばんは

 

第34回全日本学生選手権個人ロードレース大会のレースレポートです。

 

距離 140㎞

結果 DNF

 

修善寺オープンで完走がやっとだったためあまり動かずに足をためて走ることと補給を忘れがちになるため補給をとることを意識してとるようにしました。

 

スタートは前方からスタートしそのまま前でレースを展開していきました。秀峰亭は足を使わないようにポジションを下げながら登り楽に走りました。

8周目にボトルをもらう予定だったため、それまでに一本飲み干しました。そのまま集団で走っていきました。雨が強くなり逃げ集団とのタイム差が4分差ほど開いたときに集団が一気にペースアップしました。かなり足を使いましたが何とかそれにはついていきました。しかしもう一度上がったときの秀峰亭で遅れてしまいました。そして残り7周で足きりになってしまいました。

 

修善寺の学生選手権は狙っていたレースだったのでとても残念な結果になってしまいました。次は全日本選手権なのでしっかり走れるようにしたいです。

 

雨のなかサポートありがとうございました

コメント

RCS第3戦 京都美山サイクルロードレース

2018年06月03日 13時42分40秒 | 田崎康平

こんにちは

2018RCS第3戦 京都美山サイクルロードレースのレースレポートです。

距離 10km × 7周回 70km
結果 クラス1ー2 17位


180人以上の参加でプロ選手や高校生、実業団の選手が参加する大きな大会でした。

コースは終盤に上りがありそれ以外はほぼ平坦で緩いアップダウンが少しある感じでした。

スタート位置はシードだったため前方からスタートすることが出来ました。
1周目の最後の登りでプロ選手を含めた有力選手達の逃げが出来ました。その逃げとはすぐに1分以上開きました。その逃げを捕まえようとメイン集団のローテーションに加わるもタイム差がなかなか埋まりませんでした。
残り2周の最後の登りでペースが上がりメインから数人が飛び出しました。私はその飛び出しについて行くことが出来ませんでした。そのまま残り1周に入り登りまで集団走りました。登りに入る少し手前でチームメイトの鈴木が飛び出しました。登りで追い付き集団の前で二人で下りました。そこからゴールに向けペースが上がり集団から少し遅れてゴールしました。

残り2周の登りで飛び出したグループにあと少しで乗れていたのでそこの力が足りないと感じました。そこを強化してしっかり乗れるようにしたいと思います。

応援サポートありがとうございました。

コメント

RCS第2戦 第20回修善寺オープンロード

2018年05月23日 21時21分08秒 | 田崎康平

こんばんは

RCS第2戦 第20回修善寺オープンロードのレースレポートです。

結果 クラス1+2 36位

距離 5km×20周回 100km

4月の初めにこのコースは東チャレンジで走っていてその時は集団から遅れてのゴールだったため今回少し不安がありました。

初めの3周はそこまできつくはなく4、5周目に少しペースが上がり足を使いました。そこで5人くらいの逃げができペースが落ち着きました。その逃げ集団とは逃げに乗せている大学が集団を抑えていたため1分差くらい開きました。1分以上開くと逃げを捕まえるために集団のペースが上がるときにきつくなるので1分以上開かないように先頭交代に加わり足を使いすぎないように前にいました。しかし逃げに乗せている大学が抑えるためうまくローテーションが回らい時がありました。そのまま集団ですすみ残り6周に入るところの秀峰亭で西尾と少し飛び出しました。そこで「行く?」と聞くと「行く」と言われ、あと30kmもあるのに早くないと思いもう一度聞くとやはり「行く」と言われたので覚悟を決めて飛びだすことにしました。長者ヶ原までペースを上げ集団は見えないくらいまで差を開くことができました。そのまま1号橋まで下りそこから登りに入ると西尾が足をつったから先に行けと言ってきたので先に行くわけにはいかなかったので一緒に登り下りで足を伸ばせと言いました。しかし下りで前に出てきてもう治ったのかと思いました。山中沢休憩所で後ろから数人の集団が迫ってくるのが見えここで合流すると秀峰亭を登るのがきついと思いましたが後ろの集団のペースが速くすぐ合流してしまいました。そこの登りがこの日で一番きつかったです。そこは何とかついていくことができましたが。かなり足を使いました。その集団で1周走りましたが次の秀峰亭までの登りで遅れてしまいました。その後は一番後ろの集団で走り36位でゴールしました。

レース中に補給食をとる余裕があまりなくボトルばかり取っていたので長いレースで後半にしっかり走るためにも補給食をとるように心がけたいと思います。

次のレースは京都美山のロードレースでレースが続くので調子を落とさないように普段から気を付けていきたいと思います。

応援サポートありがとうございました。

コメント

第20回全日本学生選手権クリテリウム大会

2018年05月02日 20時47分13秒 | 田崎康平

こんばんは

第20回全日本学生選手権クリテリウム大会のレースレポートです。

結果 予選1組目 33位 予選落ち

距離 20km

予選は毎周回ごとにスプリントポイントがありそのポイントにより順位を付け25位以内が決勝に上がれるものでした。

スタートは去年の結果が良かった選手が最初に並び次にクラス1の選手が並びクラス2の選手が並びました。自分はクラス1だったため2列目からスタートすることができました。去年はスタート直後に飛び出しポイントを取れずに集団から遅れてのゴールだったため今年は足をためつつ狙えるときにポイントを狙って走りました。しかしポイントをなかなかとることができずにレースは進みました。2,3人が集団から飛びだしているのが見えそれに乗ろうとしましたが、自分にとって速いペースからの飛び出しは厳しくすぐに集団に埋もれてしまいました。特に飛びだすこともなく集団内でもコーナーの立ち上がりで足をつかい最後のポイントも上がることができず33位で終わってしまいました。

最後の学生選手権のクリテリウムだったため悔しい結果に終わってしまいました。

応援サポートありがとうございました。

コメント

RCS第1戦 第11回菜の花飯山ラウンド

2018年04月25日 19時42分00秒 | 田崎康平

こんばんは

4/21,22のRCS第1戦 第11回菜の花飯山ラウンドのレースレポートです。

1日目はポイントレース方式で45分+5周で行われました。

結果 クラス1 12位

スタートして少し走ってから集団から2人で抜け出しましたがペースが速く数周して集団に戻りました。その後ポイント周回がきましたがポイントに絡むことができず集団で走っていきました。そのままポイントに絡むことができずにレースが進み終盤にチームメイトが逃げたので集団を抑えました。その後集団と逃げが25秒開き集団はスローペースになりレースが終わりました。

2日目はロードレース方式で60分+5周で行われました。

結果 クラス1 18位 

他大学の逃げをつぶすことを意識して2日目は走りました。2日目は1日目のようなポイント周回はありませんが周回賞がありました。その周回賞を狙った選手がスプリントするため集団が活性化されそこから逃げようとする選手が踏むためちぎれそうになるくらいきつい時がありました。終盤に2人の選手が少し飛び出したのでブリッチしました。逃げ切ることが目的ではないため先頭では踏まずに落ち着いたペースで2、3周くらい走り集団に戻りました。60分を過ぎてゴールまで少しになった時に一人選手が集団から飛びだしていました。集団のペースは落ちつていて追いつきそうになかったためホームで先頭に立ち引いて追いかけました。半周ほど引いてきつくなり交代しました。それでもまだ追いつかなかったため次の周もホームで上がり引きました。逃げとは数秒差のところまではきましたが追いつくことはできませんでした。そこで完全に足がなくなってしまったため集団から遅れてしまい遅れてゴールしました。

最後の逃げを追いかける力が少し足りないと感じました。そこの巡航できる速度と時間を強化していきたいと思います。

応援ありがとうございました。

コメント