終の棲家ストーリー

まさか!の還暦家つくり。しんどくならないように、ゆっくり書きとめながら・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちいさな床の間

2007-01-20 22:04:59 | 建築
全共闘世代ではないけれど、格式なんか、他人事だった。

権威とかに、縁もなかったし、

かたちよりも、自由、を大事に思っていたかも知れない。

たしかに、30年前に建った、団塊世代の小住宅の多くは、床の間を軽んじていた。

親たちの家には必ずあった、古い形式などにうんざりしていたのも事実で・・・。


60歳を過ぎて、なにか、非実用に憧れるようになったみたい。

階段下にこしらえてもらった、和室の小さなアルコーブ。

さしあたって、織部の茶香炉でも、置くつもりです。


この記事についてブログを書く
« 染め場の棚 | トップ | 階段の下は、高機能 »
最近の画像もっと見る

建築」カテゴリの最新記事