まがりかどの先に

まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける日々の雑記です。

ラジオドラマで房総の旅、心の旅?

2017年11月28日 | ラジオな日々
日曜の19時すぎに、NHKラジオR1でニュースをチェックした流れで何げなくきいていたら、新名作座 ふるさと銀河線 軌道春秋(全6回)というラジオドラマが放送されていた。
 
西田敏行さん、竹下景子さんという名優の語りに引き込まれてきいたいたら、自分の年代には身につまされる話だったのが、千葉から乗る外房線、内房線が舞台で、各駅の描写は、現地を知っているだけに、画像を見るよりイメージするものが大きかった。
 
上総一ノ宮、安房鴨川、館山、内房の保田など実際の車窓からの風景を見知っているだけに、物語もぐっときた。
 
写真、動画が主流の世の中だけれど、言葉で語りかけ、受ける側がイメージを膨らませるラジオドラマというものも悪くない。
とても良いほのぼのとした時間になった。
 
らじるらじるの聴き逃し番組で、今回の放送は12月4日(月)まできくことができるようだ。
 
http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0930_01
 
二十分ほどの番組で、何かをしながらでも楽しめると思う。
夜のひと時などに、ラジオでバーチャル房総の旅というのもいいんじゃないかな。
 
============
<今日は何の日>
1262(弘長2年)年の今日、浄土真宗の開祖、親鸞上人が没しました。
90歳だったとか。
 
このごろは、歎異抄や道元の正法眼蔵の解説本を広げることも多くなりました。現代語で解説してくれた本なので、言葉としては読めても、その本質は読めば読むほど解らない(笑)。

おれって、バカなのかぁ、って感じです。
 
ただ、自分がバカだってわかる、無力だって自覚できると、肩の力が抜けてきた感じがします。

あるがままに、その日その日をしっかり生きていけばいい。
これが今の気持ちです。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Windows Fall Creators Updat... | トップ | ムクドリ襲来 秋の終わり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラジオな日々」カテゴリの最新記事