まがりかどの先に

まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける日々の雑記です。

どっちが大人なんだか

2018年05月23日 | 日記
日大アメフト部のラフプレー問題で、加害側の選手が謝罪会見したニュースが流れている。
 
違反した事実をしっかり自分の責任だと認め、相手に謝罪し、自分は今後アメフトはできないと語っている姿は、してしまったことに対する責任の取り方の一つとして潔い。
 
まだ二十歳の、プレーヤーとしてもたいへん有望な青年だという。
 
一方で、加計・森友学園問題で登場しているりっぱな人生経験・見識を備えた国家公務員の姿は、大人として、国民に奉仕する公務員をして、まったく情けない。
どっちが大人なんだか。
 
嘘はつきましたが、自分のためではないです。組織を守ったんです。だから私は悪くない。退職金は五千万遠慮なく頂きます。ほとぼりが冷めたら、どこかへ天下りもしたい。そんな保身の声が聞こえてくるようだ。
 
最賃でくそ真面目に働く庶民感覚からは程遠く、少しの給料からやっとおさめた税金が彼らによって無駄使いされていると思うと腹立たしくもある。
 
日大アメフト部問題と安倍さんを取り巻く問題の根っこは同じではないだろう。
 
人事権などの絶対的な権力を背景にした一強体制で、反体制の批判的な力が働かない組織。
自分の出世のためにボスの顔を色を伺い、どこまでも諂い、正道を外れたことさえも見えなくなり、盲従してしまう。一部の強者によって社会が牛耳られ、彼らの思う方向へ進んでしまう。これは、行き過ぎればそうとう怖い社会だ。
 
それでも、日大の加害側の選手が、若者の純真さ・素直さから間違いを認め、正直に事実(自分の認識)を話し、真摯に謝罪している姿に少し救われる思いがした。
 
大学側は、今の政権同様、あやふやな責任回避。これでいいのか。
学校は、基本と正道を教えるところで、責任回避の手本をやって見せるところではないはずだ。
 
森友学園関連のないと言われていた関係資料が、今になって大量に出てきたというニュースもあった。
 
一年以上にわたり、議論をしつくした感がある今になって、古証文のように出してきて「申し訳ございません探したらありました。3000枚も」はないだろ、と私でも思う。
ズルい大人を絵にかいたような演出だ。
 
野党の幹事長も憤っていたが、残念ながら安倍一強に代わる勢力が自民党内にも野党にもないようにみえる。安倍内閣が倒れてもまた混乱が続くだけだろう。
 
他力に負うしかないのだけれど、こういう組織体制が固定化していくことは、きっと良くないのだろうと思う。
============
<今日は何の日>
1543(天文12)年の今日、コペルニクスが地動説を発表しました。
 
昨今はメディアが発達してニュース・報道なども充実しているので、社会を傍観している感がある。星空を眺めて、天が動いている感じだ。
でも、実際は、自分を含めた個々が動いた結果が社会のニュースになっている。
 
一定の成熟を見た社会では、コペルニクス展開で、今あるもの、昔からの序列を逆に組み替えてみることも必要なのかも、と思う。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« カミさんとの関係 | トップ | エコキュートまたしても故障 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事