命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

御霊鎮めを行いました。

2018年05月04日 16時12分15秒 | 神道

 昨日は、K様の大先祖である氏神様のお御霊鎮めをさせていただきました。

K様は長年当山で先祖供養を続けておられる信者様です。

 

K 様から以前に

「四家供養を続けさせているお陰で大きな災難や揉め事もなく毎日暮らしておりますが、

実家の長男が結婚しておらずこの先が心配です。」

と山主に漏らされました。

 

山主は「大先祖と呼ばれる氏神様をお迎えしお祀りされるのがよろしいですが、

まだ氏神様をお迎えするだけの力がご先祖様にありませんね。」と

返答され、現在されている四家供養に並行して霊界施餓鬼一粒満腹法要をお勧めしました。

 

昨日は、ようやく氏神様をお迎えする事ができましたので、山主が御魂鎮めを。

  

皆様、神社より紙のお札をいただき、そのままの状態で祀っておりますが、

当山では、神社のご祭神の分け御霊を本殿と同様に踏襲しております。

つまり、神社のミニ版の状態にしています。  

 

ここでご紹介している氏神様とは皆様がご存知の氏神様とは違います。

皆様が思われている氏神様は産土(うぶすな)様と申しましてその土地を鎮守されている神様なのです。

この詳しいお話は後日・・・ 

 

 南無大師遍照金剛

 

 

 

命光不動尊HPこちらから

 

コメント

立里荒神様の三体の御霊鎮めを

2017年09月18日 19時11分52秒 | 神道

本日は、信者様が立里荒神様に参拝後、

午後よりご来寺され

ご家族様 三家庭のお社に、御霊鎮めをいたしました。

   

新しいお札を御霊鎮め

 

毎年、ご家族で参拝されております。

古い信者様です。

子どもさんも母親の言うとおり各ご家庭で三宝荒神様をお祀りされております。

 

最近は、お商売をされている方でも神様をお祀りされていない方が多いですね。

 

以前、テレビで倒産するところの大多数が神様をお祀りされていなかったと

放送されておりました。

 

合掌

コメント

開眼修法の必要性

2015年03月05日 16時55分10秒 | 神道

    お供え物は、開眼修法を施して初めて神佛えのお供え物を成る。

 

二十年程前に奈良県御所市 役行者 「祈りの滝」に於いて

修行の砌り、神霊より「開眼修法を施して供物にせよ」とのご神示がありました。

それから以後は、お供え物には開眼修法をしております。

 

佛画や佛像も開眼修法をすることで、神佛の御魂が宿り霊画・霊像となり、

神霊界に通用する礼拝の対象と成ります。

 

当山では、先般和泉市の墨彩書画 夢づくり工房 一休庵 斉藤皋石先生の

七福神の作品を購入して楽しんで鑑賞しておりました。

 

ある日ふと、 開眼修法を思い立ちお性根入れをした。

すると数日後には法要依頼や加持祈祷の申し込みが

急に多く成り、今に続いて日々忙しく送っております。

 

2月24日 トラックの福の神様からも福禄を頂戴いたしました。

コメント (2)

神様の御魂鎮め

2015年02月26日 18時11分40秒 | 神道

本日は、堺の信者様が

宝塚の清荒神様のお札を頂いてきたので、

新しい御神札(おふだ)と入れ替えして欲しいと来られました。

 

当山では、清荒神様の神札は毎年交換するようにご指導しております。

 

お札の入れ替えと言う事は、

毎年新しい御神札と入れ替えることにより、神霊の魂の再生をしていることになります。

  

お社の昨年の御神札より、神霊を吾が身代にご招神させて頂き

 つまり私の身体に、御神霊を、お招きすること

 

昨年の御神札から今年の新しい御神札に御魂鎮めの修法をいたします。

注 私の身体にお招きしております御神霊を再び、お社の中の御神札に御魂入れすること

 

今年一年間のご守護をいただけることになりました。

めでたし めでたし

 

コメント