明海大学大学院応用言語学研究科

Meikai Graduate School of Applied Linguistics

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第19回 応用言語学研究科だより 片桐史尚先生へのインタビュー

2014年11月26日 | 応用言語学研究科 インタビュー

 「応用言語学研究科だより」 第19回目は、片桐史尚先生にインタビューにお答えいただきました。

 

専門分野をお教えください。

 日本語教育学、言語社会学、異文化コミュニケーション

 

 

休日は何をなさっていますか。

 資料整理や演奏会通い。

 

 

お好きな食べ物は何ですか。

 瓜、海藻、レバー、芋の入っていないものならなんでも。

 

 

ご趣味やお好きなことは何でしょうか。

 自分の聴いた音楽の解説・評論を読むこと。東欧の歴史書を読むこと。

 

 

明海大学応用言語学研究科のよいところはどこでしょうか。

 異なる専門科目が、実はしっかり連動していること。

 

明海の院生の特徴は何でしょうか。

 何事にも関心を示し、ある程度の吸収力のあるところ。

 

今後、院生に期待なさることは何でしょうか。

 さまざまな知識を得た後に、テキストから離れ自分なりの意見を構築すること。

 

  片桐先生、お忙しい中、お答えいただきありがとうございました。

私も音楽が好きなのでぜひ、一度、音楽のお話をさせていただきたいと思います。

M1 庭山恵太

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 応用言語研究科だより (18回... | トップ | 第20回 応用言語学研究科だ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

応用言語学研究科 インタビュー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事