美国日本の美しい税制

高所得層から低所得層へ所得移転政策に賛同して、みんな、90万円ゲットしよう!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

醜悪の極み

2007-06-19 20:21:34 | Weblog

 醜悪の極み

国家の非常事態とばかり、税金は湯水のように使われ、その行き先はまたしても、社会保険庁や、その周囲にくっついて公共事業を食い物にしている業者共である。

なにより、腹が立つのは、電話を受ける労苦を強いられるほとんどの人間が社保庁と関係のない人間であり、将来的にその問題の解決にも当の社保庁の連中はなんら貢献することはないということだ。
※社保庁解体論もあり、すでに他人事のようにタカをくくっている感もある。

---

下品なたとえで恐縮だが。
便器の外に糞を垂れ流しておいて、まったく意に介さずトイレを去るくらいの人間が、公務員を名乗って給料をもらっていたのだとすると、怒りを通り越して思考が停止しそうになる。

某TV番組で、瀬戸内寂聴さんが、
「こんな問題が公けになっても、日本人はぜんぜん怒らない。国が違えば、暴動になってもおかしくない」
という意味のことをおっしゃっていたが、まったく同感である。

確かにそのくらいのことが起きてもまったく不思議ではない。
戦後の国家に従順なロボットを作るかの如き、義務教育が功奏しているということであろうか。

年金>電話相談、1週間で174万件…応答わずか9.3% [ 06月18日 21時34分 ]


ここは与野党が互いに誹謗しあうのではなくて全政党が一丸となって社会保険庁解体・関係者処断をして欲しいものです。
各政党が身内の血を見るでしょう。関係なさそうなのは共産党だけでしょう。社民党とその隠れ蓑である民主党は失血死するかも知れない。
いいじゃないか、それでこの日本の官僚機構が粛清できるのであれば。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当に美しい日本か? | トップ | なぜ国家公務員は増員がキャ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
せっかくですが (ひとみ)
2007-06-20 01:31:31
いつもTBいただいていますが、見えるところにカードローンの宣伝などがありますので、公開はいたしません。ごめんなさいね。
Unknown (美国日本)
2007-06-20 15:07:16
変な人ですね。
どこにカードローンの宣伝が入っているのかな?

簡単相互リンクの中かな?
それは相手が入れて来るので自動的に受け付けているのだけれど。

このブログに込めた心を理解して頂けなかったと理解するしかないですね。非常に悲しい思いです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事