いのち感謝 メイ今あるところ

夢 日々のちいさなありがとうを

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Oxford Camerata - Pie Jesu

2009-06-15 11:04:24 | 音楽と気づき
Oxford Camerata - Pie Jesu


レクイエム フォーレ
次のCDの中に入れる曲です。

レクイエムは安息という意味です。
安らかなる息

ひと息の中の安らぎに存在する愛

ひといきのなかに生き

ひと息のなかに安らかなる安息がおとずれる

ひといきの中にあなたはともにある

いつもある 永遠に 無限の時の中で・・・ともに

ありがとう 愛を

コメント

立山 黒部の春

2009-05-07 09:38:51 | Weblog












コメント

ポジティブシンキング

2009-03-10 10:21:14 | 宇宙と人 ・気づき
日差しが暖かく ぽかぽかしてきました。

安らぎのなかで気づいたことがあります。

とても静で 以前より冷めたような状態であるということです。

高揚した 浮き足立って落ち着かないようなこともなく。

わくわく~~~うきうき って妙に明るすぎることもなく。

ポジティブシンキングできます。

以前はポジティブを間違えていたかもしれません。

どんな苦境にも弱音を吐かず、いつも笑っている、こころはかなり右往左往していても表に出さず明るく振舞う。

違うんですね

ネガティブな状況もポジティブな状況も 冷静に観て 次どう動くかを思考出来る状態、中心に自分がいて、状況に飲み込まれない状態でいられる。

自分が真ん中にないと 状況をマインドや過去の経験による感情で判断して行き、また繰り返す。

すべてを味わいつくす そうするためにやってきた。
いいとかわるいとか 明るいとか暗いとか 賢いとか馬鹿だとか そういう判断でなく、あるがままを味わいつくす。

穏やかなこころ まあるいこころ あ~あったかい日
コメント

星の王子さま

2009-01-16 22:12:06 | Weblog
星の王子さま


コメント

いまは しずかに

2009-01-15 09:10:06 | Weblog
こどもころはひとりで空想するのが大好きだった。
だれにも邪魔されたくはなかった。
今いいところだったのに・・・・夢みているようだった。

みんなでいることは嫌いではなかったけれど、いっぱいひとりの時間があることが前提で、その合間に人と交わるのが好きだった。
だから学校は一番きらいだった。
その頃めずらしい登校拒否を2年くらいした。

友だちから「いれてやらない~」といわれようが、ぜんぜん平気だった。
行きたかったら着いていった。
やめたかったらやめた。

いつも星や石や土・砂・植物・虫・動物がわたしの一番のおともだちだった。
いつも語りかけた。お話し続けた。話してくれた。
本も大好きだった。違う自分になれた。

それがおとなになるとそうは行かなかった 自分としてあったつもりだったけど、合わせるという時が増えた。

ひとりでいる時間が減っていった。
そうなると、そうするのが一番いいことのように思えた。
私はきっと器用に処世術を学んだ。。。賢く生きるのが得だと信じた。
たしかに・・・そうでもあった。
あやまりたくない相手に頭を下げた、相手をどうこう思うより、そんな自分が大嫌いだった。
悲しくなっていた。

自分が嫌いだったころ、夢なんかほとんどみなかった。
あんなにこどもの頃は見ていたのに。
すべての自然が無言になった。
もう語りかけてはこなかった。
だから思考するしかなかった。

誰も愛さなかった 信じられなかった。
頑なになった 赦さなかった。
人の間違いばかりだった。わたしは正しいと正当化を心の中だけでやった。
対外的にはうまくやったつもり、それなのにぶつかることも多かった。
何かに追われていた、時間がないと思っていた。
はやく・・はやく・・・よりおおく。


でもちょっと前から・・・やっぱり 一人でいる時がいちばんすき
自然といられる人といるのがすき
無理はもうしない。
誰とだってうまく合わせることなんかできない。
一見するとわがままだけど、不思議とここちよい距離感でいられる人が残っていった。
そういう時の私がここちよく、すきだった。

今は誰といても どこにいても大丈夫。
わたしでいられる。
嫌だと思うことが少なくなった。

けれど嫌な時もある。
よく見ると・・・過去の私が現れているだけ・・・言葉に出さなくても、どこかにあった吐き出されない思い、とたんにわたしの前にそういう現象・人もあらわれる。
まだまだだな・・・自分。ふ~っと思いながら 自然とともに過ごす。
外のパワーを頂く。
また 出直せる。

二極的考え方をするから善悪が生まれる、こうあることがいい、ああするのがいい
修行僧のようにそうありたいと思う時もあった。
誰かにたよりたかった。師もほしかった時もある。

でももう聖人なんかをめざさないし なれない

わたしを愛する。わたしを愛する根源を信じる。おおいなるひかりがそこにある。

ある ある ある

たっぷりの時がある たのしい うれしい 
その頃から いっぱい夢をみるようになった。
またいろいろ語りだした。
忘れていたことを思い出させた。

わたしは私でいいと思えた。
こころのそこが笑う。ほほえむ。OKを出す。
いのちを感謝できる。生きている・・・生きさせてもらえた。

すべてが愛しい。

もうすでにつながっている。
だから安心していられる。
探さなくてもある・・・いる。

追記
時々書いていた独り言、内緒にして出さないでいたけど、ちょっと吐き出してみたくなった。
やっぱりどこかで吐き出さないと すっきりしなかった。
コメント

きれいなほし

2009-01-15 07:55:35 | Weblog
壁紙をだいすきな星のに変えました。

あ~しずかな空間は すき
いろいろ創造たのしくなる わくわくする

人がすき 自然が好き 動物も石も みんなすき

前は人がきらいだった。

もっと自分がきらいだった。

ここが大嫌いだった。なんで生まれちゃったのかと・・・いつも思っていた。

でも今は みんなすき。

この地球が大好き こんな空をここからは見えないけど

いつもわたしの頭の上には、こんな空が広がっているんだと知っているから

ここがすき。

みんなすき。。。

コメント

ありがとうございます

2008-12-17 16:27:58 | Weblog
その後もみなさまずっとはげまし 愛をありがとうございます。



メールをくださったあなたへ

あなたのこころありがとう うれしかった ちゃんと自分を見つめてくださった

きっとこれからですね

わたしもそうです

わたしはもうあたらしい再生へと歩み始めました。

永遠の時のなかで 途上 の道で お互いがそれぞれのところで

しっかり自分を見つめ歩んでいれば また道がちがっても 出会うこともあるでしょう。

わたしのためにしっかり歩むことが、みなさん そしてあなたから頂いたあたたかい愛を受け止めたことになると思っています。

メイはいなくなりましたが あたらしく生まれました。
ここはわたしのために閉じました。
だれのせいでもありません。

でも歩いています。

顔をあげて歩きましょう どこかで同じようにもがきながらも生きている

ただそれだけで うれしい

また会う日まで ありがとうございます。
生きているってすてきなことね。

夜明け前が一番暗くて寒いんですね。
コメント

みなさま ありがとうございました

2008-12-14 00:23:43 | Weblog
いろいろ考えましたが、あまりに多くの方がご覧いただけるようになり、個人の日記ですから・・・というスタンスで行けなくなりました。^^;

せっかくご覧いただいたのに申し訳ありません。
一旦ここは閉じることにしました。

今までコメントを下さった方がた ほんとうにありがとうございました。
頂いた愛をこれからも抱き 進ませていただく所存です。

ありがとうございました。

「言葉への依存過多」 と 「言葉の限界」

そして 「言葉の減少」 から 「言葉の超越」

ありがとうございます。
コメント

2008-12-13 16:02:25 | Weblog
今朝方夢を見た。
3本 詳しくは書きませんが、ひとつは過去生だと思います。
戦国時代の姫でした 泣いていました 小さな鏡台と文を愛する人が残して行きました、そして泣かないで生きようと思う夢でした。

そしてもうひとつは「クフルを観よ」と言われました。
もう一度観ようと見るとクとフルの間にマルにレが入ってました。

最後に犬の夢 「ハウス」で犬は振り返りながらも家に戻る夢。

内なる神の一部として生きる自分 夢でのメッセージありがとうございます。
多くの方にご心配をかけてしまいました。影に日向に愛を頂きありがとうございます。ありがとうございます。
きちんと立て直します。
コメント

2008-12-12 18:53:29 | Weblog
今はすこしおやすみします。

ゆれてます。

だから 正直に やすみます。

おやすみなさい。
コメント

いまあるところ

2008-12-12 09:34:30 | Weblog
いろいろなことがあります。
そしてそれぞれに選択があり 進む道は違うのかもしれません。
生まれ出ずるのも そしてこの肉体を離れるのも それぞれひとり。

同じことが起こっても、そのとらえかた 言葉 考え方はそれぞれです。
今その人が何をその瞬間に選び取るのかということでしょう。

今の瞬間にやってくるさまざまなことを 自分にとって好むと好まざるに関わらず受け取ります。
目をつぶって、しあわせな こころが暖かくなることばかりではないかもしれません。
けれど、それはすべて自分にとって必要なことであったと、いつも思えたからすべて受け取りました。そして自分の内を観ました。感じました。ゆるしました。自分を信頼し 愛せます。

しかし、すべの人が今そうではないかもしれません。
今 もうどうしようもない苦しい状況でいらいらしたり、普段なら穏やかにみられることがそう見えないこともあるでしょう。
ほんとうのその方の持つ、やさしさや思いやりが隠れてしまっていることも。
誤解されていることも。
でも・・・ほんとうの自己が消えるわけでも無くなるわけでもない。

だた・・・過程。

自分のこころがどう動いているのかを内省することなしに、外での他者や社会・世界に自分の枠をはめてはいないでしょうか?

もちろん私もそうです。

自分の今あるがままをつづるブログですので、間違いもありましょうし、正しいことを言っているなんてまったく思いません。
その上、これを信じてください・・とも思っていません。

今 あるところ です。

ご心配をおかけしていることには大変申し訳けないな・・と思っていますが、私はこれにより自分の今選び取るものを変更しないと思います。

わたしの本質の喜びは変ることはありません。

今 思うのは やっぱり それぞれがすばらしく 尊い存在であったということだけです。

周りへの配慮・気遣いがないかもしれません。
しかし、それぞれのほんとうのこころを感じると、人からは優柔不断に見えようが
私の今です。

その起こることすべてを乗り越え、ゆるし、とかし、進んできた積み重ねが今のわたしがわたしらしく生き 喜び 穏やかに過ごせるようになったということです

もちろん今でも揺れます。

制限はしたくありません、ここに来たために不快になるのなら、今の瞬間にここを見ない 閉じてしまう選択をしてください。
きっと今それが必要なことだと思います。

そして・・もし 私のブログが必要ならいつでもいらしてください。
ここで 今あるわたしがお待ちしております。

あなたもわたしもそれぞれに選んだものを違っていいと思います。
だから わたしが喜べる選択を間違っていても後悔しません。
ただ 今 しずかにある。

ともに笑い 喜び この世に今生きていることがうれしい。
つながる 支えあう 愛が うれしい。
いつも見守る おおきな存在の愛が なによりありがたく うれしい。

その過程がどうであれ(泣いても 苦しくても 痛くても)

わたしがうれしい。生きている だから感じられるこの感覚。
ありがとうございます。
わたしは 宇宙とともに 地球とともに 自然とともに 動物とともに 

あなたとともに 

いのちのつながりすべてに今日もありがとうございます 感謝します。

何も差し出せる贈り物はないけれど、わたしのこころからの愛と思いを今お送りします。
コメント

熊木杏里「こと」

2008-12-11 09:54:20 | Weblog
熊木杏里「こと」


昨日ある方のブログにご紹介のあった歌。
とてもすてきな歌でしたので、わたしのために今ここに残させていただきます。

コメント

わたし

2008-12-10 22:54:13 | Weblog
ほんとうにいつもご覧いただいてありがとうございます。
自分整理のためにはじめたブログですが 
ご覧いただく方が多くなりました 

きっと違うというお気持ち 訂正をお求めになるご意見もありがたく頂戴しました
ありがとうございます。

今あるところを書いております。

ご不快に思われる方には申し訳けないと思いますが、わたしとしての今を、 
ここを続ける限り書くつもりでいます。

それぞれに選択していく道があります。
わたし自身に今 必要なことであります。

ご批判や反論これからも拒否するつもりはありませんが、必要以上にご不快な場合
できましたら、若輩もののたわごとと素通りしていただけるとあり難いです。

わたしは信じます この地球の同じ人間として。

時を超えて いつかわかりあい 信じられることを・・・。

今あるところから 感謝と愛をこめて。 メイ

追記
コメントを頂戴しておりますが、この記事をお返事とさせてください。
私への反論・批判は掲載いたします。
コメント

Christmas List - 平原綾香

2008-12-10 18:26:05 | Weblog
Christmas List - 平原綾香


コメント

しずかにある

2008-12-10 11:44:54 | 宇宙と人 ・気づき
バランスを取る為に書きます。
よく反戦という言葉を耳にします。
平和を願うという意味であることに違いはありませんが、反となると相対する対極が必要となります。

マザーテレサが反戦運動には参加したくありませんが、平和を願う祈る集まりなら喜んで参加します。というものを以前目にしました。

さて。。。何が出来るのか。
ジョンやヨーコのメッセージにあるのは、反戦でなく 「戦わない」そして穏やかに周りのひとと喜び楽しんでくださいのように感じます。

尊敬するある方が以前に書かれた言葉を抜粋・引用します(以前にどこに掲載してもOKと承諾を得ています 今回は・・・





『あなたは自分自身を救ったのか。まず自分自身を救いなさい。そしてそのあとに世界がどうなっているか見てみなさい』(マハルシ)



自我の為ではなく、世界の平和を祈っていたとしても、世界中で、時を超え、世界平和のお祈りはされているのですが、平和が訪れていないのは何故かを理解する必要があります。

 ある段階からは自我を内なる神に明け渡し、自我に関する問題を一網打尽に解決していくしかないのです。ある時、内なる神=真我が我々が現実だと思っていたもの(幻想))を全て打ち砕いてくれるのですが、その時の衝撃に通常の脳は耐えることができません。そこで我々は真摯な霊性修行が必要になってくるのです。もし、アセンションに際して、西洋風に言うならば、ハイアーセルフが肉体に入ってくるのであるならば、その為の準備はしっかりとしておく必要があります。

 しかし今はとても良い時代です。地球の波動が底上げされていますから、以前ほど大変なことではありません。一つの方法としては、正しい呼吸法をしていると、気の流れが良くなり生命力がアップしてきます。また続けることで横隔膜が徐々に下がってきます。それに伴い、脳(松果体)の活性化とマインドの浄化が進み、真我のパワーに耐えうるものとなります。

 面白いもので、そうなった時に、我々の本質が豊かさそのものであることを知ります。豊かさを祈る必要は何もないのです。違う言い方をすれば、豊かさを求めて祈っていた神が自分自身だったと知るだけです。

 自分の行動は自我を満たそうとするものなのか、それとも自我を打ち砕こうとするものか、そのことにしっかりと気づいていられると良いですね。スピリチュアルな情報を必要以上に求めることも、そうです。神と一つとなるには、マインドを静め、全ての知識を投げ出す時がやってきます。我々は既に神ですので、神になる知識は必要ないのですね。人間になるにはどうしたら良いのですかと尋ね、一生懸命努力して人間になろうとする必要はないことと同じです。

 ですから、聖者の大切な教えは、『静かにしていなさい』です。

ひふみだよりより

★わたしはこれがしっくり行きますが、何事もそれぞれで選び取り、人の言うことを鵜呑みにしないで下さいね。
パラドクス(←ポッチッと)を健やかに超えること。
それぞれの出会いと今に感謝。

ありがとうございます。

コメント