る印競馬

やっぱり馬が好き(*^^*)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キングカメハメハ産駒データ

2008年08月21日 23時14分32秒 | 新種牡馬
えー、昨年シンボリクリスエス産駒でやろうとしてあまりの産駒の多さに途中で断念した企画を再び(*^^*)
今年注目のキングカメハメハ産駒を出来る限り追いかけて行きたいと思います。ええ、出来るだけ(^^;;;


・エフロレス(母父メドウレイク)
 函館ダ1000m3着
 函館ダ1000m7着

・エリモプリンセス(母父タイキシャトル)
 小倉芝1200m1着*新馬勝ち

・オッキオディガット(母父ストームキャット)
 新潟芝1200m6着
 新潟芝1200m2着

・キャッツテイル(母父アドラーズウェルズ)
 新潟芝1600m13着

・キングスレガリア(母父ジェイドロバリー)
 阪神芝1200m8着
 阪神芝1600m4着
 小倉芝1800m1着*未勝利勝ち

・コチャ(母父ダンジグ)
 福島芝1200m5着
 新潟ダ1200m7着
 新潟芝1400m7着

・ジャストルーラー(母父サンデーサイレンス)
 新潟芝1800m4着

・ショウナンサミット(母父インザウイングス)
 阪神芝1600m6着
 新潟芝1400m1着 *未勝利勝ち

・スガノメダリスト(母父ゴーンウエスト)
 福島芝1000m4着
 福島芝1200m1着*未勝利勝ち
 新潟芝1400m3着
 新潟芝1400m3着(マリーゴールド賞)

・セイコーティアラ(母父シーキングザゴールド)
 新潟芝1000m10着

・ババロア(母父シルヴァーホーク)
 札幌芝1500m7着

・ハワイアンシェーナ(母父セントヒラリオン)
 札幌芝1200m12着

・ヒカルプリンス(母父カルドゥーン)
 札幌芝1800m4着

・ファンドリプライド(母父シアトルスルー)
 小倉ダ1000m11着

・フィフスペトル(母父バーリ)
 函館芝1200m1着*新馬勝ち
 函館芝1200m1着*重賞勝ち(函館2歳S)

・ブラストエルサ(母父サンデーサイレンス)
 新潟芝1600m2着

・フランクキング(母父ノウンファクト)
 新潟芝1200m16着

・マーリンシチー(母父ノーザンテースト)
 新潟芝1800m14着
 小倉芝1200m10着

・マハロヌイロア(母父カーリアン)
 新潟芝1800m9着


・ラークフライト(母父シルヴァーデピュティ)
 新潟芝1800m6着

・レティセラ(母父サンデーサイレンス)
 札幌芝1500m10着

[地]マサノシャルナ(母父ダルシャーン)
 函館芝1200m6着


≪↓開催終了後まとめて更新します↓≫

◆コース実績(芝)
小倉(2000)
新潟(1115)
函館(1001)
福島(1002)
阪神(0003)

◆距離実績(芝)
1000m(0001)
1200m(3104)
1400m(1010)
1600m(0002)
1800m(1003)

◆ダート成績
(0011)

◆勝率(0.38.5%:13頭中5頭)
コメント

◆7/4(金)栗東坂路調教TOP10

2008年07月04日 23時06分29秒 | 新種牡馬
アステール     55.3 41.2 27.9 14.2
シゲルキリガミネ  57.7 43.4 29.7 15.1
アンジュアイル   58.2 42.9 28.7 14.2
シンゼンライク   62.3 45.4 30.3 15.1
シゲルカサギヤマ  62.6 47.4 33.2 17.2
スペールノーヴァ  63.3 47.5 32.7 16.9
ラルーチェ     64.5 47.4 31.9 16.6
シルクフォーチュン 64.9 49.1 33.5 16.3
ノッティングスカイ 65.0 48.7 32.6 16.4
マルシゲドトウ   65.1 48.8 32.6 15.8


なんだか見たことあるような名前がたくさんよ~(@@;冠名馬は似たり寄ったりになりがちなものだけど・・・。
今年はなーんか紛らわしいのが多いんですよね。イネオリオ(インオラリオ)とかスピネッタ(レジネッタ)とか、ポルトフィーノに似たのもあったゾ。
今回の最注目馬はマイラブ・シュペルノーヴァと発音違いみたいなスペールノーヴァ。この名前は忘れないぞ!
コメント (2)

新種牡馬成績:シンボリクリスエス編

2007年07月30日 15時21分26秒 | 新種牡馬
≪先週のシンボリクリスエス産駒成績≫

=7月28・29日=
■エターナルロマンス(シルクフェニックス/アジュディケーティング)
新馬戦新潟ダ1200M6着

先週のデビュー馬および出走馬はこの1頭のみ。
母方が短距離&ダート路線に活躍馬を多く輩出しているアジュディケーティングだったため「すわ、2着!?」と期待しましたが6着。480kg台の馬体ながらブックのコメントによると「非力な印象」とのこと。軽い芝で一変するかも知れません。調教でも6ハロンから追えていますし、スタートも良い。改めて期待します。
デビュー戦でダート1200Mを1分15秒台前半なら、いずれ未勝利は脱出出来るはずです。

≪登録145頭中14頭がデビューしました≫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

=7月21・22日=
■シンボリローレンス(シンシアナ/アフリート)
新馬戦新潟(芝)1800M10着
■トーホウベルサイユ(アイズオブユー/ブラッシングジョン)
新馬戦小倉(芝)1200M7着
■ハッピーマユ(レディソーサリス/サンデーサイレンス)
新馬戦小倉(芝)1200M14着
■ギンザフローラル(ストロングウィドウ/シーキングザゴールド)
新馬戦小倉(芝)1200M6着

先週は残念ながら1頭も掲示板内ナシ。特に小倉1200Mは阪神で新馬戦2着のシゲルザスカイが1番人気に支持されながら9着と壊滅的。軽いスピードが要求されるコースは苦手なのかも。一番成績の良かった馬が母父シーキングザゴールド(短距離&ダート路線)の7着。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ランチボックス(アローキャリー/ラストタイクーン)
新馬戦:阪神(芝)1400M)2着
  未勝利戦:阪神(芝)1600M2着
■シゲルザスカイ(アポロバラード/サンダーガルチ)
新馬戦阪神(芝)1200M2着
  未勝利戦小倉(芝)1200M9着
■ダノンマスターズ(マストビーラヴド/サンデーサイレンス)
新馬戦福島(芝)1800M7着
■トーセンノーブレス(ミヤビサクラコ/ノーザンテースト)
新馬戦福島(芝)1800M9着
■クリールトルネード(ミスクラブアップル/シアトルスルー)
新馬戦:函館(芝)1200M6着
  未勝利戦:函館(芝)1200M2着
■アマゾネスバイオ(プロスパーバイオ/ノーザンテースト)
新馬戦函館(芝)1800M2着
■ティーフォー(アイリッシュピース/サンデーサイレンス)
新馬戦函館(芝)1800M11着
■インダストリアル(タケハナホープ/ナグルスキー)
新馬戦新潟(芝)1600M5着
■ミッキーチアフル(チアフル/カーリアン)
新馬戦函館(芝)1200M2着

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うー、また2着!
おそるべき2着率の高さですね(^^;
ところで、クリスエス産駒は総じてコース追いで仕上げられている馬が多いんですね。坂路調教では名前を見ない気がするなぁ。
デビュー戦2着のお馬さんたちは、2戦目3戦目どうでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年おそらく1番の注目だったと思われるシンボリクリスエスですが、今のとこと2着までで、勝ち馬はまだ出ていません。2着に力走したのは母方がラストタイクーンのランチボックス(めちゃくちゃ食いのいい馬だとか♪)、母方にサンダーガルチのシゲルザスカイ。
この2頭の共通点は。。。素人目の印象ですが、ガッチリした体格でマイラー(2000Mまで)・ダートでの活躍が顕著というところでしょうか。
それからこちらも活躍の場は短距離だった母プロスパーバイオからLady AngelaとHyperionのクロスを引き継いだアマゾネスバイオも、調教では特別ピリっとしたところは見せませんでしたが実戦でしっかり好走。
最初の開催では、短距離&ダート指向の母から出た仔の活躍が目立ちました。
この仔たちが夏を越してどう成長を見せるのかも興味深いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私自身は今期POGに関しては「500kg以上の大型馬はなるべく避ける」という一文を課していたので、大型馬の多いクリスエス産駒からはDVDで柔らかい動きが印象に残ったニシノシャアとブラックパンサーだけをリストアップしていたのですが、ニシノシャアは母父ダンチヒ、ブラックパンサーは母父デインヒルなので、図式的には「(早くから)走る方」に入っていたんですね。。。まあまだ始まったばかりですしサンプル数も少ないですから何とも言えませんが、多くの産駒に「腰が甘い」「爪が弱い」などのコメントが聞かれるように、素質と可能性と仕上げにくさを併せ持っている様子。オーログランデも裂蹄だそうだし。。。(T_T)
そんな中で友人に大プッシュしたのが母父トニービンのスカーレットな訳なんですが、この馬はクリスエスの血が入っているかどうか分からないくらいにどう見ても母方が出ているので、普通に一族のイメージで見ていいと思います。。。実際同じ母父トニービンのエアグルーヴの05と並んでも体型なんかそっくりだし、蹄の綺麗なところも一緒。ポルトフィーノと同じくらい走って欲しいなあ(*^^*)
区別すると同じ芝の中・長距離タイプということになりますが、トニービンと上記の3頭との違いは「凱旋門賞を勝っている」ということでしょうか。
とりあえず、せっかく始めたことですから、これから一年、出来るだけ傾向が分かるように、メモを残していきたいと思います。。。
コメント (2)

新種牡馬成績:コロナドズクエスト編

2007年07月19日 23時08分22秒 | 新種牡馬
■エイシンパンサー(ナナコフレスコ/メジロライアン)
新馬戦阪神(芝)1200M1着

■ファンドリハンター(アラビックナイト/トニービン)
新馬戦阪神(芝)1200M5着
  未勝利阪神(芝)1200M4着

■ドリームクラウンロイヤルディナー/ブライアンズタイム
新馬戦阪神(芝)1200M6着
  未勝利小倉(ダ)1000M1着

■リワードアピオン(リワードアイゼン/カコイーシーズ)
新馬戦福島(ダ)1000M2着

■ナムラハーン(ビストロドゥパリ/フレンチグローリー)
新馬戦函館(芝)1200M6着

■カシノヨウスケ(カシノリファール/セプティエムシェル)
新馬戦小倉(芝)1200M15着

■コウユーココロコロ(アズワー/ダンジグ)
新馬戦小倉(芝)1000M1着


さて、今年デビューの新種牡馬で最も勢いを感じさせるのがコロナドズクエスト。
うっかりコロナズドクエストと間違えそうになる度に、「コロナドの冒険、だからコロナドズクエスト」だと自分に言い聞かせている。
ここまでですでに産駒95頭から7頭がデビューし、うち3頭が勝ち上がる、素晴らしい活躍。
産駒の頭数が最も近いのは98頭のファルブラヴで、こちらは現時点では3頭デビュー勝ち馬1頭。3分の1より7分の3の方が数字は大きい。
デビュー数が同じなのは産駒118頭のアグネスデジタル、こちらはコスモビットの未勝利勝ちのみで新馬を勝った馬はまだいない。
最多の10頭をデビューさせているシンボリクリスエスは2着の多さは特筆ものだが、残念ながらいまだ未勝利。9頭をデビューさせている産駒104頭のワイルドラッシュも現時点では2着が最高。

ああ。。。
こんなに活躍しているのに。
高齢になった人気種牡馬フォーティナイナーの後継として輸入されたコロナドズクエスト、昨年9月の種付けの最中に亡くなってしまい、2世代しか産駒を世に出すことが出来ていないのです。。。

個人的な注目馬だったコウユーココロコロは台風で日程の変わるアクシデントにも動じず圧倒的1番人気に応えて3馬身のチギリ勝ち。
そして、最初のデビュー馬でこれもまた素晴らしい瞬発力で2着に3馬身差をつけたエイシンパンサーが今週マリーゴールド賞に出ます。

インゼルくんの逆襲もひそかに期待しているレースなんですけど。。。
エイシンパンサーにも肩入れしちゃいそうだなぁ(^^;


コメント

新種牡馬成績:アグネスデジタル編

2007年07月10日 11時20分32秒 | 新種牡馬
■コスモビット(エルプラティーノ/ジョリーズヘイロー)
 Northern Dancer 6.25% 5 x 5
 母系はヘイロー×マルゼンスキー
新馬戦:福島芝1000M4着
 未勝利:福島芝1200M1着

■サマーファインデイ(メグミアリダー/カコイーシーズ)
 Raise a Native 12.50% 4 x 4
 Northern Dancer 6.25% 5 x 5
 母系にはリファール×サーゲイロードの名前も
新馬戦:阪神芝1600M3着
 未勝利:阪神芝1600M3着

■ミヤギフェアリー(ホクセイファースト/テュデナムキング)
 5代クロスなし
 母系はハイペリオン系×チャイナロック
新馬戦:福島芝1200M9着

■ラベルフィーユ(グランシェール/ビゼンニシキ)
 Northern Dancer 6.25% 5 x 5
 母系はダンディルート×グレイソブリン
新馬戦:福島芝1200M15着

■マイネルインゼル(マイネアイル/キャンディストライプス)
 Runaway Bride 12.50% 4 x 4
 Northern Dancer 6.25% 5 x 5
 母系はブラッシンググルーム×バックパサー
新馬戦:阪神芝1400M13着

■ドリームシグナル(ダイイチアピール/サンデーサイレンス)
 Hail to Reason 9.38% 4 x 5
 In Reality 9.38% 4 x 5
 Northern Dancer 6.25% 5 x 5
新馬戦:阪神芝1800M3着



さて、私が今年の新種牡馬で一番期待しているのがアグネスデジタル(とエイシンプレストン)。デジタルはミスプロ系で、サンデーサイレンスとの相性も良いだろうし配合には困らないだろうと。思っていたのですが、現時点でデビューしている上記数頭を見ても、すんばらしくバラエティに富んでますね。
未勝利で勝ち上がったコスモビットの母系が昨日「気になる牝馬」で挙げたステラダルクと似た配合。おおお、期待が高まるじゃありませんか(*^^*)

コメント