Welcome to M's World

作者が毎日感じたこと等を書き込んでます!
ぜひ見てください!!
東京⇒北九州⇒福岡⇒名古屋⇒稲沢市に引っ越しました。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(ややネタバレ注意)

2018年01月08日 | 映画
昨日時間があったので近所の「ユナイテッド・シネマ稲沢」に一人で映画を見に行った。

今回見たのは遅ればせながら『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』。



シリーズ前作の「スター・ウォーズ フォースの覚醒」から2年。

スピンオフ作品だった『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』からでも1年経っており、期待して見に行った。


『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』とは?(公式HPより引用)

『フォースの覚醒』のラストシーンで、万感の思いを込めてルークにライトセーバーを差し出すレイ。彼女をじっと見つめるルーク。そこに言葉はない。観る者の胸を感動で満たし、同時に様々な想像をかき立てずにはいられなかった、このラストシーン。――そして物語は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』へと受け継がれる。

伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーとめぐり逢ったレイが知ることになる驚くべき真実とは? なぜカイロ・レンはダース・ベイダーを受け継ごうとするのか? さらには、レジタンスを率いるカイロ・レンの母親レイアと、ポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちの新たなるミッションとは? そして、タイトルの“最後のジェダイ”が意味するものとは?
――知られざる秘密が明かされるとき、さらなる謎が生まれる。

だそう。



感想は・・・



なかなか面白かった!!



いい意味でも悪い意味でもコレまでのスター・ウォーズの概念を打ち破る映画だと感じた。

冒頭の戦闘シーンから大迫力!

戦争なのでいろんな人が犠牲になっていく・・・

レジスタンスもどんどん仲間が減っていきあわや全滅にまで追い込まれてしまう。



前回の「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で印象的だったラストシーン。

「万感の思いを込めてルークにライトセーバーを差し出すレイ」の続きは・・・

まさかの展開。


今回のスター・ウォーズはパロディーのようなコミカルなシーンも多く賛否両論あるらしい。

個人的には結構楽しめた。


ストーリーはたくさんの登場人物が複雑に絡むためちょっと理解しにくいかも。

しかもかなり強引。

これまた賛否両論あるらしい。


でもいわゆる勧善懲悪ではなく、何が正義で何が悪か良く分からないのは現実的。

理想のリーダー、指揮官とは?

理想の師匠とは?

いろんなタイプが出てきて考えさせられる。


ただ大どんでん返し的な展開が多く全く先が読めない。

果たして次回作でどのような展開になるのやら・・・


さらに今年の夏にハン・ソロを主人公のしたスピンオフ作品「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」が公開になるらしい。


なんだかんだ言いながらもスター・ウォーズを楽しみにしてしまうめぐなのでした。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 徳島製粉 「金ちゃん ねぎ... | トップ | 海転寿司 丸忠 アピタ稲沢... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほりえ)
2018-01-13 10:08:03
いつも拝見してます。
記事を読んで、ものの考え方などを参考させていただいております。
これからも更新楽しみにしています。
コメントありがとうございます! (めぐ)
2018-01-13 11:44:14
コメントありがとうございます。
これからもできる限り毎日更新していきますので引き続きよろしくお願いします。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事