ほわみ・わーるど

超短編小説会にて短編小説を2013年より書き始めました。
これからも続けていきたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プルプル地獄

2020-02-19 09:38:06 | 創作
俺はずいぶんと悪いことをしたもんだ。

ゲンゴウ爺さんちの畑の瓜ををおいしそうなとこみんな食べてしまったし、
うるせい子供を見つけると、ひねり石投げてやったし
庄屋の娘のお腹が大きいとき、ふざけて坂道で押しちまったら、
お腹の子が産まれちまって、そのまま死んじまって、庄屋の娘もおおあざ作った。

村の中の嫌われ者で、最後は冬の晩にゲンダイ酒屋の新しい酒盗んで酔いつぶれて、
夜の道に寝転んで、その後おっちんじゃったさ。

それからはご想像の通り、地獄行きだわね。

地獄っていうのはひどいところやな。
地獄の門のところには、おっそろしい顔の閻魔様がいるし、俺みたい奴は
根性が悪いからって、血の池地獄やら、釜茹で地獄、針地獄、肥溜め地獄とつぎつぎ押し込まれ、
最後にやってきたのがこのプルプル地獄だわね。

プルプル地獄ってとこはまわりがプルプルしたものに囲まれていて、
真っ暗で身動きが取れない。ひものようなモノでつながれていて、しゃべることもできない。
まわりがプルプルしていて、何も考えることができない。
だけど、じぶんはちっぽけで何もできない虫けらのような気がしてくる。
だけど、もしここから出ていくことができるなら、
今度はまっとうなものになって、まっとうな人生を・・・

      (2020年超短編小説会祭り投稿作品)
コメント

恋、それともストーカー

2020-02-19 09:31:16 | 創作
カフェの窓際のテーブルの上のスマホがプルプルなる。
もしかして、とルルは思う。
もしかしてトニーからの電話かもしれない。

いやきっとお父さんが私の帰りが遅いのを心配してかけてきているにちがいない。
父は20歳の娘がまだ小学生であるかのように心配なのだ。
元号だって令和に変わったというのに、昭和生まれの父の頭を新しいものに変えることはできない。

トニーが好きだ。
トニーに「また会いたいな」とこの間ラインしたら、
「いつでも、会えるよ。そのうち連絡するよ」
って返ってきた。
トニーはいつでもそうだ。誰に対しても優しく、そつのない男だ。
イケメンではないのに、女の子を引き付けてしまう。

勝ち目のない試合に臨むボクサーの様に、首を捻り、スマホを手に取った。
これからどうしよう。トニーの住む現代的なデザインのマンションの周りを歩いて、歩いて歩きまわろうか。
恋とストーカ―の区別がルルにはわからない。
   (2020年超短編小説会祭り投稿作品)
コメント

めぐり湯

2019-12-28 18:30:22 | 創作
「道子、めぐり湯に水を汲みに行こう」
老いたとはいえ達者な母が言う。
「隆文とおいで」と母はもう歩き出している。
めぐり湯は実家から川沿いに10分ほど歩いたところにあるらしい。
そこで湧き出た水は不老長寿の水だという。

兄を呼んで水を入れるタンクをもって、車で出る。
なぜか歩いて先に出た母には行き会えない。
めぐり湯でタンクに水を汲みこんで、母を待つ。
母は寄り道でもしているのであろうか。

めぐり湯の施設には芝生の生えた庭と、ウォータースライドがあり、
子どもたちがはしゃいでいたりする。

「お兄ちゃん、お母さんをもっと大事にしてよ」
とかなんとか母と同居する兄に言っている。
しばらく待っても母が来ないので、家に戻ると母はやっぱりいないのである。

母はもう死んでから七年になる。また夢を見ていた。
コメント

その後

2019-11-17 13:44:41 | 創作
 こんなはずではなかったと友美は思う。
友美は58歳にして、理想の男性誠一郎と出会った。
 その頃誠一郎は74歳ではあるが、まだ都内まで通う会社員であった。
誠一郎の声はバリトンで、知性があふれた大学教授のような風貌である。
誠一郎は数年前妻に先立たれ、独立した子どもとは離れ、ひとりで郊外の一軒家に暮らしていた。
 誠一郎にとって妻に先立たれた味気ない暮らしの中で、音楽愛好会で出会った友美という美しい女性に運命的なものを感じていた。
なぜなら誠一郎の弟は知己(ともみ)という名の弟がいてその弟も数年前この世を去っていたからである。弟の知己が自分のために送ってくれた配偶者なのに違いないと思われた。
 誠一郎は友美を音楽会などに誘い、一緒になってくれと懇願した。友美はうれしかった。
友美には同い年の圭太という夫と33歳の真奈美という娘がいた。夫の圭太は休みの日にはリビングでテレビを見てはゴロゴロしているような男だった。娘はショップ店員だった。もう自分がいなくても彼らはやっていけるのではないかと思われた。

 彼のプロポーズに応えることにした。誠一郎との暮らしは新鮮で楽しかった。土日には二人で音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、近隣のレストランに行って食事したりして過ごした。若い者どうしの恋愛ではないものの、二人の馬は合うように思えた。
六月に籍を入れ、6か月が過ぎた十二月に誠一郎は前妻の七回忌をしなければと言い出した。誠一郎としては自分だけが幸せになってしまったという思いがあり、前妻に申し訳ない気がしていたのだろう。
誠一郎は七回忌に集まった親戚を前にして、今度は十三回忌なのでそれまでは頑張ると宣言した。7年後は誠一郎は81歳、自分は65歳と友美は考えてしまった。
 この男は前の奥さんを送るために、自分を迎えたのではないか。自分はこの男の家政婦でしかないのかもしれない。いくら彼が死んだのち財産を残してくれると言ったとしても・・・
 その思いは三月に誠一郎が会社を退職して、四月から毎日自宅で過ごすようになったらなお強くなった。誠一郎は読書や書き物が好きで、テレビでお笑い番組を見ることなど皆無なのである。
気難しくて、自分にまで勉強しろと言ってくる。古い男で、まだ仕事を抱える友美ではあるのに家事一切しようとしない。
 友美には仕事に疲れて家に帰っても休める場所ではなくなった。家に帰るのが面倒になってきた。
結婚一年目のある日、娘の真奈美から電話が来る。「お母さん私具合が悪いの。帰ってきて!」
その電話を受けて友美は元の我が家へ帰ってみる。
 家は荒れていたが、そこで家事をこなしていくと、友美はほっとしている自分を感じた。
ここでの家事は義務ではなく、やるべきことなのだ。
そのまま友美は元の家にとどまり、40日後に誠一郎のもとに行き、離婚届けを書いてもらうことになる。友美は自分が間違っていたことを一年後に確信するのである。
 誠一郎と友美の結婚は1年と2か月で終わった。
誠一郎には何が何だかわからなかったのであるが。

(超短編小説2019.11同タイトル投稿作品)
コメント

うつな店員

2019-02-04 10:14:51 | 創作
バイトを見つけた。
コンビニのバイトだ。初心者なのでまず4時間でいいと店長に言われた。
客商売は自信がないけど、あれやこれや考えるのはもうやめた。

高校生が雑誌の前でたたずんで、ケラケラ笑っている。
何か嫌だな。俺のことを笑っているのか。

おばさんがさっきから売り場をうろうろ歩いている。
ありゃなんだ?万引きか?うろうろするなんてふつうではないぞ。
そんなこと考えてたら、おばさんこっちへ向かってきた。
クオカード3枚出してこれ使えるかと聞いてきた。
使えますよと言って、機械に読ませたら、なんだ全部使用済みの奴だ。
だからおばさんは嫌なんだよ。
何か加齢臭するしなー

やっと4時間過ぎて、次のシフトのご婦人がやってきた。
化粧があついなー殺人事件の被害者みたいだ。
オーデコロンきついぞ。
加齢臭隠しているのか―

俺もくさいのかなーさっきの客は不機嫌そうだったしな。
さあ帰ろう。帰り道バナナの皮でころばないようにしないとな。



(超短編小説会祭り参加作品)
コメント