めご の ひとりごと

ほぼ ひとりごと と おぼえがき

夢と希望のシンデレラ紀行

2016-03-31 | たからづか お~じ~
夢と希望の“シンデレラ”紀行
3月31日木曜 午後7時30分~ 午後8時43分

子供の頃、シンデレラストーリーにはあまり興味はなかったけれど、

1991年発行
『シンデレラ 9世紀の中国から現代のディズニーまで』
アラン・ダンダス編
紀伊国屋書店

を読んで、別の意味で興味を持っていたから、元となる物語が結構残酷だったりするのは知っていた。


シャルル・ぺローが役人をしていた時の上司・財務大臣だった ブルトゥイユ侯爵家のお城

シャルル・ぺロー『サンドリヨン』は、妻に先立たれ、残された4人の幼い子供たちのうち、特に娘のために、生きにくい時代に生きていくための心得として「優しさ」について教えるために書かれた。

遼河はるひ登場!

舞踏会会場モデルのベルサイユ宮殿

ルイ14世の肖像画の脚がバレエの4番→遼河はるひも

文化的に優れたものが政治的にも優位にたつ。
踊りは教養。

遼河はるひが踊ってる!








17世紀の典型的なもの

マント付き

お出かけ

カボチャの馬車

シャルル・ぺローは貴族を見て「気品」も大切であることを伝えたかった。

時代によってヒロイン像は変わる


ディズニー「シンデレラ」アニメ版
「夢と希望をいだき、それを堂々と口にする」ヒロインへ。
ウォルトの10代の娘たちに、信念があれば夢は叶うと伝えたかった。
映画の冒頭で、動物にむかいシンデレラが歌で伝えている。

♪ビビィデバビィデブー♪

シンデレラ映画の設計ノート


ウォルトは若い頃、シンデレラの短編映画を作成したが、会社が倒産。
「白雪姫」で成功して、「シンデレラ」を製作。
20世紀のシンデレラ。


現代のシンデレラ。
ディズニー「シンデレラ」実写版は、男性と対等に渡り合うヒロイン。
苦しみ悩む女性に勇気を与える。

オランダ国立オペラ・バレエシアターのミケーラ・デプリンス

シエラレオネ出身、内戦で両親を亡くす。
孤児院で見たバレエ雑誌のバレリーナが笑顔だったのが印象的で、養子になってバレエを習い始めた。
黒人は成長するとバレエにむかない体型になるからと言われたが、それが間違いだと証明したかった。
そして「くるみ割り人形」を踊るまでに・・・雑誌で見たバレリーナのような笑顔で。

ウィーンのデビュタント


★★★★★

NHKホームページより

女性たちの憧れ「シンデレラ」。その逆転物語はどのように誕生し、時代とともにどう進化してきたのか? ガラスの靴や舞踏会に秘められたメッセージとは? 女優の足立梨花さんと遼河はるひさんが、フランス、オーストリア、アメリカを旅して、ベルサイユ宮殿に仕えた作家シャルル・ペローや、シンデレラを映画化したウォルト・ディズニーの足跡をたどり、その謎を解明していく! 「シンデレラ」に込められた知られざる思いとは?

【出演】遼河はるひ,足立梨花
コメント

104期合格発表 3

2016-03-31 | たからづか
白雪さち花の妹!

★★★★★

北海道新聞

夢の宝塚40人合格 北海道内から石山さん、山田さん
03/30 12:15、03/31 10:43 更新



宝塚音楽学校に合格し、在校生に祝福される受験生
未来のタカラジェンヌを育てる兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で30日、合格発表があり、北海道の2人を含む40人が27倍の難関を突破した。
2人は石山弘華さんと山田絵莉香さんで、それぞれ苫小牧東高と札幌日大高を今月卒業した。道内から合格者が出るのは2年ぶり。山田さんは、宝塚歌劇団で活躍する白雪さち花(か)さんの妹で、姉妹でタカラヅカの舞台に立つことになる。
受験できるのは中学3年~高校3年に当たる年齢で、今年は1079人が挑戦。歌唱、舞踊など3次にわたる試験で選抜された。4月から2年間、バレエや演劇などを学び、卒業後、宝塚歌劇団に入る。



コメント

104期合格発表 2

2016-03-31 | たからづか
鷹悠貴(73期)のお嬢さんか・・・。
102期では76期生の娘さんもいたっけ・・・。

★★★★★
神戸新聞NEXT

宝塚音楽学校で合格発表 40人が難関突破
2016.3.30 11:34



未来のタカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で30日、第104期生の合格発表があった。兵庫県出身者7人を含む40人が難関を突破し、第一歩を踏み出した。
入学試験は1079人が受験し、倍率は過去7年で最高の27倍となった。
午前10時、校舎の壁に合格者の受験番号が張り出されると、番号を見つけた受験生は涙を流して喜んだ。宝塚北高校演劇科3年の北野真以華(まいか)さん(18)=西宮市=は「幼稚園からの憧れで、信じられない。力強い歌声で人々を魅了する男役になりたい」と夢を膨らませた。
入学式は4月16日。2年後のデビューを目指し、ダンスや歌唱など厳しいレッスンに励む。(土井秀人)

★★★★★
朝日新聞

憧れのタカラジェンヌへ 宝塚音楽学校に40人合格
2016年3月30日12時38分





兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で30日、104期生の合格発表があった。海外からを含め1079人が受験。競争率約27倍の難関を突破した40人が、憧れのタカラジェンヌを目指して声楽やダンスなどの稽古に2年間励む。
午前10時ごろ、校舎前に合格者番号が掲示されると、受験生や保護者らから歓声が上がった。同県西宮市の北野真以華(まいか)さん(18)は「幼稚園の時に初めて歌劇を見て、きらびやかな舞台に憧れてきた。力強い歌声でお客さんを魅了できる男役になりたい」と話した。奈良県生駒市の林真由(まゆ)さん(17)は「太陽のように輝き、みなを元気づけられる娘役をめざします」と涙を流し、喜んだ。
合格者の平均身長は165・2センチ。4月16日に入学式がある。(鈴木裕)

★★★★★
スポニチ

宝塚音楽学校で合格発表 天海祐希と同期、鷹悠貴さん娘も第一歩

タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校の第104期生合格発表が30日、兵庫県宝塚市内の同校で行われた。今年は40人の合格者に対し昨年から微増の1079人が応募。27・0倍の競争率を突破した金の卵が誕生した。
午前10時に合格者の受験番号が張り出されると、「キャー!」「あったー!」と悲鳴にも似た歓声が上がり合格者同士が抱き合って喜びを爆発させた。中には女優・天海祐希(48)と同期で同じ月組で活躍した元男役・鷹悠貴(たか・ゆうき)さんの娘・山口真由さんや、星組期待の娘役・綺咲愛里(きさき・あいり)の妹・三徳美沙子さんも合格。山口さんは男役志望で「受験しようと決めたのはここ1年ぐらい。舞台の端にいても印象に残るような男役になりたい」と夢を語った。
入学式は4月16日に行われ、2年後の初舞台に向け厳しいレッスンを積む。
[ 2016年3月30日 11:35 ]


コメント

104期合格発表 1

2016-03-31 | たからづか
スポーツ報知の
「岩手県を除く」
「綺咲愛里の妹」

並べると何か因縁を感じる・・・?

★★★★★
スポーツ報知

現役生徒の妹3人&母がOGの3人ら宝塚音楽学校合格
2016年3月30日11時40分  


合格発表の瞬間、受験者の間で歓喜の声と悲鳴が交錯した


宝塚音楽学校の合格者を祝福する本科生

未来のタカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)の104期生合格発表が30日、同校で行われ、約27倍の難関を突破した15~18歳の40人が合格した。
岩手県を除く46都道府県や海外から1079人が受験した。星組娘役で、新人公演ヒロインを3度経験し、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」でもヒロインを務めた綺咲愛里(きさき・あいり)の妹・三徳美沙子さんら現役生徒の姉を持つ3人、母がOGの3人らが“サクラサク”。憧れのタカラジェンヌへの扉を開いた。
OGの女優・天海祐希(48)の同期で、天海と同じ月組だった第73期生の芸名・鷹悠貴(たか・ゆうき)さんの娘、山口真由さんは一発合格組。母と同じく男役志望で「舞台の端にいても印象に残るような男役さんを目指したい」と目を輝かせ、母も「娘の夢がかなってよかった」と喜んだ。
奈良出身の林真由さんは3度目の受験で悲願達成。娘役志望で「(雪組トップ娘役の)咲妃みゆさんに憧れています」。東京出身の林真由さんも合格しており、珍しい同姓同名の同期誕生となった。
合格者40人は2年間にわたって歌、ダンス、日本舞踊などの厳しいレッスンを受け、2018年春の初舞台を目指す。

★★★★★
産経ニュース

スミレ咲く…宝塚音楽学校で合格発表、40人が27倍の難関突破
2016.3.30 11:23



タカラジェンヌを養成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で30日、104期生の合格発表があり、難関を突破した15~18歳の40人がスターへの第一歩を踏み出した。4月16日に入学式を迎える。学校では、声楽や日舞、ダンスなどを2年間学び、デビューを目指す。
昨年より16人多い1079人が受験し、競争率は約27倍。午前10時、校舎前に合格者の受験番号が掲示されると、受験生や保護者から大きな歓声が上がり、抱き合って喜ぶ姿が見られた。
2回目の受験で合格した県立宝塚北高3年の北野真以華(まいか)さん(18)=同県西宮市=は「信じられない。幼稚園の頃に母と観劇してきらびやかな世界に憧れていました。力強い歌声で魅了できる男役になりたい」と喜んだ。

★★★★★
デイリースポーツonline

宝塚音楽学校合格発表 難関突破し涙
2016.3.30(Wed)



タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校の104期生合格発表が30日、兵庫県宝塚市の同校で行われ、27・0倍の難関を突破した40人が夢への切符を手にした。
今年は海外からも含む1079人が受験。合格者の受験番号が張り出されると、「あった!」という歓声が上がり、合格者たちは涙を流していた。
 天海祐希と同期の鷹悠貴さんの娘・山口真由さんは「舞台の端にいても印象に残る男役になりたい」と涙をぬぐった。また星組娘役スターの綺咲愛里の妹で兵庫県出身の三徳美沙子さんも見事合格。タカラヅカOGの娘が3人、在団生徒の妹3人が合格した。
40人の中には東京都と奈良県出身の同姓同名の林真由さん2人も。奈良県出身の林さんは「3回目でやっと…。太陽のような娘役になりたいです。同姓同名の方がいると聞いて、ビックリしました」とうれし涙の中にも、驚きを隠せなかった。
入学式は4月16日。2年後の初舞台に向け、声楽やダンスなど厳しいレッスンに励む。

★★★★★
毎日新聞

「うれしさいっぱい」合格発表
2016年3月30日 11時00分(最終更新 3月30日 11時42分)



タカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で30日、第104期生40人の合格発表があった。前年より16人多い1079人が受験し、競争率は27.0倍。狭き門をくぐり抜けた合格者は2年間にわたって声楽やダンスなどを学び、憧れの宝塚歌劇団の一員として舞台に立つ。
午前10時に合格者の受験番号が掲示され、緊張した表情で待っていた受験生の間から「あった!」と歓声が上がった。合格者は抱き合ったり涙を流したりして喜びを表した。入学式は4月16日。
2回目の受験で合格した兵庫県立尼崎北高校2年、村上すず子さん(17)は「うれしさでいっぱい。みんなを喜ばせる娘役になりたい」と笑顔を見せた。【山本愛】

コメント

野々すみ花@あさが来た 第153回

2016-03-30 | あさがきた・てるてる・こしじ
野々すみ花ラスト出演かな?
今日の演技ツボ!

へぇさん「あぁ美和さん」
美和「もういいかげん 美和いうとくれやす」
へぇさん「へ?」
美和「それ とっとくれやす」

へぇさんをひざまづかせて床から物をとらせて・・・魔性の微笑み・・・ドS?


美和「もぅ へぇゆうのもやめとくれやす」
へぇさん「へぇ いや ほななんて呼んだらよろしいんですか?」

ぐいっと寄って


男の声色作って(男役みたい!)
美和「なんやお前 ゆわはったらよろしいねん」
へぇさん「・・・なんやお前」
美和「へぇ」

で、この笑顔


美和「ほな行きまひょ お前さま」

いや~魔性の女。
へぇさん一生尻にしかれること間違いなし(笑)。


あっ“あさ”が、美和が新次郎にちょくちょくお菓子を持ってきてくれるのは、まだ新次郎のこと好きで~と言った時、新次郎が“あさ”に鈍いな~(以下上記のシーン回想)と言っていたけど・・・。
美和が1番好きな新次郎をあきらめて、自分を想ってくれるへぇさんにしたこと・・・新次郎は知ってる(笑)。

★★★★★
NHK公式ホームページより

柔らかい心
【最終週】 3月28日(月)~4月2日(土)

あさ(波瑠)は、あることに気落ちしていた。新次郎(玉木宏)がその理由をはつ(宮﨑あおい)たちに話すと…。そしてある日、新次郎は、あさにある贈り物をする。新次郎が贈るものとは…。九州の炭坑で共に働いた宮部(梶原善)と治郎作(山崎銀之丞)が加野屋にやってくる。懐かしい話しであさや新次郎は、盛り上がる。あさは考えた末、ある大きな決断をする。その決断が気になる新次郎にあさは…。そんな時、あさを訪ねて平塚明(大島優子)がやってくる。平塚は、あさを地位と金の力をひけらかす押し付けがましい婦人、と批判する。その批判に対してあさは…。そして、加野屋に雁助(山内圭哉)がやってくる。新次郎や亀助(三宅弘城)と懐かしい話しで盛り上がっていると…。さらに加野屋に大隈綾子(松坂慶子)と成澤泉(瀬戸康史)がやってくる。女子大学校が軌道に乗った話を聞いたあさは…。そして、あさは、はつと今までふたりが歩んできた道のりを振り返り、語る。あさとはつの思いとは…。あさは、女子大学校の学生や宜(吉岡里帆)、千代(小芝風花)たちとピクニックに出かける。あさがこれまで自分が見て、感じたことを集まったみんなに語りかける。すると…。
コメント