行雲流水の如くに

細田衆院議長のセクハラ疑惑報道ーーーひと言で言えば「みっともない」

細田衆院議長のセクハラ疑惑報道が炎上しつつある。

またも文春砲だ。

この手の話は、ワイドショウなどで盛り上がる話。

深夜に、「今から来ないか?」と女性記者に電話をかけたという。

その記者は、おそらく何かネタがもらえると思って議長自宅に伺ったのだろう。

議員宿舎かマンションか知らないが、国元から離れて一人暮らしの身。

酒でも飲みながら電話をしたのだろうが、心根が意地汚い。

当時は自民党第一派閥の長だから、そんな人から声がかかれば、仕事命の記者は飛んで来る。

地位も権力もないその辺にごろごろいるじいさんだったら誰も深夜にやってこない。

 

作家の岩井志麻子氏は「おっさん、じいさんって、サービスって勘違いしている人が多いんですよね。女性に”エロっぽくなったね。男できた?”とか、”色気づいた?”とか言うのが、人間関係円滑、サービス精神、場を和ませると思い込んでいるおっさん、じいさんって日本国にいっぱいいるんですよ」と主張した。

こんな見方はよく言われるが私は少し違う考えだ。

リップサービスや相手のお尻を触るぐらいで人間関係の円滑化が図れるなどと言う考えは少し甘い。

このタイプは概して仕事のやり方も甘い。だから「サービス精神旺盛」でなんとか人生を泳いでいるというのが実態。

 

細田衆院議長の報道が真実だとしたら、「恥を天下にさらした」ことになる。

潔く辞任するのが筋だ。

一方でマスメディアの方もよく考えるべきだ。

こんな取材方法で他社を出し抜いて記事にしているようでは大いに問題。

権力者とメディアは本来適度な緊張関係を維持することが大事。

公の場で堂々と質問、再質問をするべきだ。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

megii123
円と楕円さん、おはようございます。
「女性活躍社会」などと持ち上げられて、その実態は「女性の武器活用社会」に生き残った者が良い目を見る社会が作り上げられていないか、この問題は根が深そうです。
「おっさん、じいさん」のレベルで納得していてはダメなんでしょうね。

広告宣伝費で糧道を握られているマスコミに過大な期待は持ちませんが、ご指摘の「毅然たる態度」を少しは見せてほしいものです。
dsnchar1
「行雲流水の如くに」さん>全くそのとおりですね。昔から政権が政治部の記者を使って観測気球を上げるとか、逆に情報を得るとかはありましたが、今度のは女性記者の進出に伴いセクハラと結びついていることが顕在化したように思います。
徹底的に糾弾されなければなりませんし、取材側の毅然とした態度が求められますね。
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「政治」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事