見やすい、軽い、ピッタリフィット。【メガネサロン栄光】

3D計測によるオーダーメイド。メガネでお悩み解決。運転免許試験場と同じ深視力測定器あります。SSS級認定眼鏡士、廣瀬 薫

ネジを使わない

2008-04-27 17:12:14 | 子供のメガネ

Rimup 写真のメガネはデンマーク・LINDBERG社のエアーチタニウム・リムのアップの写真です。ネジやロー付けを使っていません。その構造は、高品質のチタニウムワイヤーの高い柔軟性と強度をよりいっそう生かしてくれます。

もちろん子供用にも同じ構造のメガネがあります。

子供のメガネ選びは、本当に難しいものですが、ネジやロー付けを使わない構造は、チタンの持つ柔軟性を生かして、軽くて掛け心地良く、型崩れの少ないメガネが作れます。

メガネサロン栄光 http://www.eikoh.ecnet.jp  廣瀬 薫

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

楽に本を読んでいますか?

2008-04-26 17:52:42 | メガネレンズ

Supple 本を読むときには自然に視線を下げますね。眼は少し内側に寄ります。その位置にちょうど良いレンズの位置が来るように設計されているのが東海光学(http://www.tokaiopt.co.jp)のベルーナサプリです。(左のイラスト)

黒板の文字を見ながらノートをとる方に、あるいはパソコン作業などオフィスでの仕事に追われている方に、眼のピント調節を優しくアシストします。
疲れ目対策にお勧めのレンズです。

もちろん日本国内で製作されますので、メガネ枠に合わせて特別にオーダーするとより快適なメガネが出来上がります。

京都府 長岡京市 メガネサロン栄光 http://www.eikoh.ecnet.jp  廣瀬 薫

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

眼精疲労を感じていませんか?

2008-04-25 15:01:41 | メガネレンズ

Biclear パソコンやら細かい資料やら、やたらと近くばかり見続けてはいませんか?

写真は『バイクリアー』と言うレンズの設計を簡単に図式したものです。
レンズの中央より下側は少しずつレンズの度数を弱くして、近くの細かい物を見やすいように、疲れにくいように設計されています。近くのものを見続ける仕事を楽に快適にこなせます。

このレンズは一枚一枚使う人の特性に合わせて、日本国内(株式会社アサヒオプティカルhttp://www.asahi.ono-group.co.jp)で丁寧に作られます。せっかくのレンズですから、それにあわせてフレームも細かい点に気をつけてお選びください。

勉強机に向かうとすぐに疲れて受験勉強がはかどらない方、まだ老眼とは認めたくないが、読み物やパソコンでの仕事に疲れを感じるようになった働き盛りの方にお勧めのレンズです。

京都府 長岡京市 メガネサロン栄光 http://www.eikoh.ecnet.jp  廣瀬 薫 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メガネの工程

2008-04-24 14:21:50 | メガネ

Onaga写真のメガネ(オナガメガネhttp://www.onaga.co.jp)は84工程にも及ぶ大変な手間と時間をかけ、高い技術力で完成した物です。日本には、まだまだすばらしい技術を持った職人さんたちが残っておられてホッといたします。

ぱっと見には、どのメガネも良く似ていますが、実際に手にとって見てみると、高い技術力はもちろん手間と時間をかけた物と、そうではない物との差は歴然です。

良い眼鏡は、しっとりと顔になじみ、落ち着きがあります。 せっかく顔の中央に掛けるメガネですから、自分自身を表現する大事な物としてメガネを選びたいものです。

京都府 長岡京市 メガネサロン栄光 http://www.eikoh.ecnet.jp  廣瀬 薫 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫外線とメガネ

2008-04-21 16:48:38 | メガネレンズ

Ccpoy 昨日のNHKスペシャル『病の起源・第2集』では紫外線との付き合い方が語られていましたが、目にとっても大きな問題なのです。 

写真の赤いレンズはカラーフィルターレンズと言って特殊なレンズで、写真下側の光の透過率曲線を見ていただいてもわかるように、紫外線はもちろん見える光の中で波長の短い光までカットします。(東海光学 フィルターレンズhttp://www.tokaiopt.co.jp

眼の疾患のある方の中には、このようなレンズが使いやすい方もおられるのです。(網膜色素変性症・白子症・先天無虹彩症・糖尿病網膜症・白内障・白内障手術後・緑内障 等・・・東海光学遮光眼鏡に関する冊子より)

京都府 長岡京市 メガネサロン栄光 http://www.eikoh.ecnet.jp  廣瀬 薫

コメント
この記事をはてなブックマークに追加