見やすい、軽い、ピッタリフィット。【メガネサロン栄光】

3D計測によるオーダーメイド。メガネでお悩み解決。運転免許試験場と同じ深視力測定器あります。SSS級認定眼鏡士、廣瀬 薫

視力がよいのに深視力テストに合格できない理由。

2018-06-23 11:45:24 | 深視力

こんにちは!、本格的メガネのスペシャリスト SSS級認定眼鏡士の廣瀬 薫です。

大型自動車免許や二種免許の取得や更新時に、普通の視力検査以外に深視力検査があります。

 

この深視力検査は、三棹試験というもので、3本の棒のうち両端の2本は固定され、真ん中の1本だけが前後に移動し,3本並んだ時にボタンを押して止めます。そのズレが3回で60mm以内が合格です。

この試験の要領に慣れていないと難しいようです。

視力は良いのに深視力検査に合格できない理由は?

*.メガネの度数が少し曖昧なままで使っておられる。

*.右目と左目の度数の差が大きい。

*.両方の眼を寄せたりする運動のバランスが取れにくい。

*.滑らかに視線を移動させるのが苦手。

*.あがり症

*.どちらか片方の視力が悪い。

*.片方の眼だけを使うことがある。

*.立体感覚がつかみにくい。などなど。。。

受かりにくい原因はいろいろですが、運転免許試験場のあの大きな機械と同じ機械がありますので、お気軽に練習にお越しください。

メガネなしでも、今お使いのメガネでの練習もO.K.です。

30分500円

メガネサロン栄光

〒617-0833京都府長岡京市神足北川原13番地の7
 「運転免許試験場と同じ深視力検査機のあるメガネ屋です。」
Tel:075-951-3797

ホームページ:http://eikoh-ms.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« オークリー・FLAK2.0... | トップ | 東海光学の遮光メガネを度付... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

深視力」カテゴリの最新記事