マグリットの空と雲

旅,空,猫,馬,Champagne&美酒,美食,art,色,海&船…時にsurrealな、好きなもの写真雑記帳。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダ・ヴィンチ・コード考

2006-05-20 | Art/芸術・絵画
レオナルド・ダ・ヴィンチの【最後の晩餐】
中央のイエスの隣で反対向いている人が女性で、さらにそのポーズがM字だかV字になっていて、つまりマリア・マグダレネで、イエスの妻だって、・・という説。
百歩譲って、ルネサンスの万能人、ダ・ヴィンチのこと、どんなトンチでなんのイタズラを後世の我々に残していたとしたら、それはそれで面白いだろう。
しかし、さもそれが“新事実発見”であるかのような視点の番組づくりはどうかと思うのだ。
背景となる聖書記述には触れず、「12人の中にいるはずのない人が~」って、十二使徒の一人が違っていたら、「では、いないのは誰?」という疑問は無視してよいのか??
あくまで“仮説”【ダ・ヴィンチ・コード】の世界観なのだから。
というのはCXの特番の話なのだが。

<キライじゃないさ、小説のほうはね。ちょっと強引だけれど、フィクションだし。>

「どう見ても女性ですよね~!」……??
たしかに女性に見えるけれど、この万能人の作品は中性というか両性具有的なものばかりだし。
だいたい、十ニ使徒の中で一番若く、愛弟子といわれたヨハネは、他の画でもイエスの隣にいて少年のように描かれている。

それに「聖母マリアとは違う、もう一人のマリア…」などと言ってしまうし。
新約聖書を全巻読めとは言わない。
けれど、せめて四福音書を読んでみれば“マリア”という名前がとてもポピュラーだったことくらいは解るはず。
わたしが確認しただけで、6人は別のマリアが登場するのだから。
まぁ、いい。

今度は「娼婦という汚名を着せられて…」云々。
たしかに、絵画の世界ではそのように解説されているものも多いが、そもそも聖書には“マグダラのマリア”(マリア・マグダレネ)と呼ばれるその人が“娼婦”だという記述や、そう推測される描写は一切ないのだ。
聖書には、「七つの悪霊を追い出してもらった」とだけ書かれている。
マグダラというのは彼女の出身地で“彼女の罪は赦された”といっても、不実の罪だとは言及されていない。
むしろ、ゴルゴダの丘で嘆き悲しむ様子や、復活後のイエスに最初に会って使徒たち伝えに行ったことが記されて、聖書の描写は彼女の信仰の深さに重点を置いているのだ。そして、カトリックでもずっと昔から聖人として崇められているのだ。

また、イエスがシモンの家で食事をしていた時に入ってきて、イエスの足に“自分の髪で香油を塗った女性”と混同されているようだが、そちらの“罪深き女性”の名は記されていない。
今、通説になっているのは、後の教会が“そうに違いない”と伝承したにすぎない話だ。
それは、クリスマスがイエス・キリストの誕生日ではなく、ローマが国教をキリスト教にしていく過程でこじつけられたという事実を考えれば、想像に難くないだろう。

美術のお約束ごと《アトリビュート》というが、美術の世界でマグダラのマリアは、長く美しい髪とアラバスター(雪花石膏)、あるいは髑髏と悔い改めのポーズで“娼婦”として描かれることが多い。
ちなみに、キリストは赤の衣に青のマントがお約束。
聖母マリアも同様に赤と青の衣装で、白百合とともに描かれることが多いが、これらはみな形式なのだ。
考えてみれば、多彩で自由に描けるようになったのは、ごく近年で、高価な天然顔料しかなかったルネサンス時代に、くっきりはっきりした赤や青が重要人物から使われたのはごく当たり前のことだろう。

しかし、不自然な宗教画と、モナリザの謎といわれる秘められた作意を一緒くたにして、おまけに聖骸布だ、奇跡だ、聖杯だ!?とは、おいおい(++)
イエスの生きた一世紀のエルサレムから、まだローマ帝国領だったフランスに逃亡というのも、その証拠の真偽のほどは……??

キリスト教が根付いていない日本では、ビジュアルというか上っ面の話題だけ先行してしまうのか。
義経ジンギスカン伝説みたいなもので、荒唐無稽な話だと思わないか。

まぁ、それはどうでもよい。
わたしが聖書をちゃんと旧約・新約、全巻読んだのも高校生のころだし、美術は大好きだけど、クリスチャンではないのだし……。

映画のほうは、ルーブル全面協力っていうし映像は凝っているみたいだし・・並ばなくなったら観に行こうか、と思うこのごろなのだ。
---------------------------------------------------------------------
画像は2005.4.15仕様のGoogleロゴより【ダヴィンチ生誕日】
『コラム』 ジャンルのランキング
Comments (2)   Trackbacks (2)   この記事についてブログを書く
« 大漁旗というトラディショナ... | TOP | 今日のGoogle~シャーロック... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
M字開脚 (優之介)
2006-05-22 15:13:42
どうでもいいよねMになってようが、マリアだとか、無理やりなんだもの。

映画みたいけど、超混みらしいよね、私もしばらく経ったら行こうかな?頭悪い私でも分かる映画なのだろうか?

それより、カルティエ展に行きたい!

でも木場は遠い・・・・
たしかに~ (Meg)
2006-05-27 22:12:45
本も日本で1000万部売れたって!

そうそう、MOTって、アクセス悪いとこにあるのよね~

わたしも最近出不精で。。

Recent Entries | Art/芸術・絵画

Similar Entries

2 Trackbacks

「ダ・ヴィンチ・コード」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
話題の映画「ダ・ヴィンチ・コード」を封切り2日目に鑑賞。この映画、公開直後の週休3日間で2億2,400万ドル(約250億円)を稼ぎ出したという事で、昨年の「スター・ウォーズ エピソードⅢ/シスの復讐」の2億5,200万ドル(約280億円)に次ぐ ...
修道女が「ダ・ヴィンチ・コード」撮影に祈りで抗議 (叡智の禁書図書館)
修道女が「ダ・ヴィンチ・コード」撮影に祈りで抗議、朝日新聞の記事 【以下、転載】 [リンカン(イングランド) 18日 ロイター] 作家ダン・ブラウン氏のベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」を元にした映画の撮影が今週、イングランド東部リンカンにあるカト ...